2016年06月10日

支配人の秘密のパン教室第2弾

持ち回りの食の勉強会の翌日(6月9日)、残ってタンボ・ロッジに宿泊した方たちと、「支配人の秘密のパン教室第2弾」をやりました。
パン教室にめちゃくちゃ消極的な支配人を参加者が事前に説得して、特別に開催することになったんですよ。
支配人を口説き落とすのはなかなか大変みたいです(笑)。
作ったパンは3種類、「こめっ粉40」を使った2種類のパンと、イタリアの古代小麦ファッロの粉を使ったカンパーニュです。

IMG_7529.JPG
少人数で始まった「支配人の秘密のパン教室第2弾」。
まずは計量から始まりました。
支配人は手捏ねではなく、機械を使います。
そしてアリサンのドライイーストを使います。
アリサンのは、植物性のものだけでイーストを培養していて、結構使い勝手も良く、タンボ・ロッジではこれを使っているんですよ。

IMG_7533.JPG
手捏ねではなくハイテク(笑)に、「パン捏ね機」を使います。
手捏ねは大変だからね、マッチョになっちゃうよぉ〜〜(支配人談)。

IMG_7537.JPG
イタリア産自然農法の古代小麦ファッロと、国産オーガニックナンブコムギのブレンドの「パン・ド・カンパーニュ」が焼き上がりました。
おいしそう!!。
そう、今回は焼きたてを食べられるので、うれしいです。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7538.JPG
「こめっ粉40」の米粉パンも焼き上がりました。
小麦フリーです。
2色になっているのは、オレンジ色の部分にオーガニックの「トマトパウダー」を入れてみたからです。

IMG_7547.JPG
もう一つの「こめっ粉40」のパン、「酒粕入りマフィン」も焼き上がりました。
ベーキングパウダー&卵&小麦は使っていません。
なんだかチーズのような味わいですよ。

IMG_7540.JPG
では、いただきま〜〜〜す。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_7542.JPG
今回も、カンパーニュにコーフーカツを挟んで、「カツサンド」にして食べました。
タンボ・ロッジ手作りの中農ソースをたっぷりツ塗っていただくと、もうめちゃうまですよ、焼き立てだしね。
posted by 料理長 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事