2016年06月15日

黄桃のシャルロット

昨日は久しぶりに「黄桃のシャルロット」を作りました。
この「シャルロット」と言うケーキは、周りにフィンガービスケットのようなスポンジ生地(ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール)を使うケーキです。
タンボ・ロッジではこの生地を、卵も小麦粉ももちろんベーキングパウダーをも使わずに作ります。
このケーキは、タンボ・ロッジのスイーツクラスの「超上級」でやる予定ですよ。

IMG_7569.JPG
生地を絞り出しているところです。
オーブンシートに線を書いて、同じ長さで絞れるようにしています。

IMG_7573.JPG
焼き上がりました。
そのまま食べちゃいたい!!(笑)。
濃い豆乳を泡立てて、「こめっ粉40」でスポンジを焼くという方法の応用で作ります。
外が少しカリッとしていて、中はスポンジというユニークな生地が出来上がりましたよ。
白い粉は、オーガニックのきび砂糖を乳鉢でパウダー状にした「粉砂糖」で、それをかけて焼いています。

IMG_7578.JPG
出来上がりました。
真中の赤いのは、タンボ・ロッジの庭に野生化している「ワイルドストロベリー」です。
そろそろ採れ始めたので、さっそく飾りに使いました。
ちょっと周りのビスキュイ・ア・ラ・キュイエール生地を長く焼いてしまったから、中の黄桃のババロアよりも周りが高くなってしまいました。
まあこれも愛嬌と言うことで・・・・(笑)。

IMG_7581.JPG
個別に切り分けました。
昨日は人数が少なかったために、小さいサイズで作りましたが、大きいサイズで作ると、とても豪華に見えるケーキになるんですよ。

IMG_7572.JPG
「黄桃」はこの缶詰を使いました。
オーガニックの黄桃缶詰、とてもありがたいです。
砂糖を溶かしたシロップ漬けではなく、オーガニック洋梨ジュースに漬けてあるので、甘さ控えめですが、とても美味しいです。
posted by 料理長 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン