2016年12月22日

リマで日本食

この記事は11月1日〜12月18日まで、私たちが南米のアンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月3日、ペルー到着の翌日です。
私たちの泊まっているところは、「ペンション カントゥータ」というところです。
ここは日本人が経営している宿兼民芸品店です。
此処の経営者の早内さんご夫妻とは、私たちが初めて南米のペルーに行った1983年以来の知り合いです。
もうかれこれ33年も経つんですね。
なので、安心して泊まれます。
そしてこの宿は1泊2食付きなんですが、食事はすべて日本食です。
長い旅行の最中に泊まったりすると、本当に感動モノなんですが、今回私たちは来たばっかり!!。
手作りの日本食を目の前にすると、いったい自分は本当にペルーに来たのだろうかと考えてしまいそうになってしまいます。
そして宿のオーナー夫妻の奥様のほうが、肉を食べられない方なので、私たちにはとても好都合です。

IMG_8653-1.jpg
初日の夕食は、鍋焼きうどんと天ぷら。
もう本当にまだ日本にいるんじゃないかという感覚になってしまいました。

IMG_8657-1.jpg
翌日の朝の朝食です。
サラダに目玉焼きに味噌汁にご飯に漬物に梅干しなど。
ここ、本当にペルーなんですか??。(笑)
しかし豪華な朝食ですね。
でもね、翌日からのアンデスの過酷な旅に備えて、たくさん食べちゃおっと!!。(笑)

IMG_8658-1.jpg
お昼くらいには、リマで一番高級なレストランやショップが並ぶ、「Mira flores」地区に出かけました。
さっそく高級アルパカ製品のお店で品定めをする支配人。
何しろ前回は8年前ですからね。
アルパカのセーターも8年も着ていると結構くたびれてきますから、まだお金があるうちに買っちゃわないとねぇ。・・・ということらしいです。(笑)

IMG_8659-1.jpg
なんと、日本では5万円以上もすると思われる、ベビーアルパカのセーターを買っちゃったもんね。
支配人の行動を冷めた目で見ていた私も買っちゃった!!。(笑)
旅の最後だと、きっとお金が底をついてしまうので、買えないでしょうから・・・(言い訳)

IMG_8661-1.jpg
Mira flores地区は海がすぐそばです。
しかもこんなに崖になっていて、海が真下に見えるんですよ。
今夏のペルー、海で泳ぎたい衝動に駆られてしまいます。

IMG_8664-1.jpg
高層ビルの間にパラグライダーも飛んでいます。
こんな風景を見ていると、治安を心配するような国に来ているとは思えませんよ〜〜。
なんかパラダイスの風景みたいです。
posted by 料理長 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

Limaのビーガン・レストラン「Sana vegan café」

この記事は11月1日〜12月18日まで、私たちが南米のアンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月3日(木)、前日の深夜にペルーの首都「Lima」に着いた私たちは、宿に着いて、長旅の疲れもあって、爆睡!!。
起きたのは午前9時でした。
これだけ爆睡すると、時差ボケはあまり感じませんよ。
しっかり7時間も寝ちゃったもんね。
この日はスペインのバルセロナに住んでいる私たちの旅仲間のYさんが合流しました。
Yさんは8年前の私たちのペルー&ボリビアの旅行でも一緒に旅をした仲間です。

さて、ランチは宿の近くにあるビーガン・レストランで食べることに。
旅行前にネットを使って、ベジ情報をかなり仕入れていた私。
だからね、大きい町では困らないんです。

IMG_8631-1.jpg
宿から歩いて5分もかからないところにそのビーガン・レストランはありました。
宿があるのは、リマでも比較的治安のよい「San Miguerl地区」です。
おっ、レストランに入ると、支配人が何かに目を奪われているではありませんか。
何だろう・・・?。

IMG_8630-1.jpg
支配人が釘付けになっていたのは、「ビーガン・スイーツ」のショーケース。
とてもおいしそう!!。
色々なケーキがありますよ。
全部食べてみたい!!。(笑)

IMG_8634-1.jpg
こんなのもあるよ〜〜。
日本ではあまり見かけない、健康ドリンクが何種類も置いてあります。

IMG_8636-1.jpg
こちらは世界中の植物の中で一番ビタミンCが多く含まれているという、アマゾン原産の木の実「カムカム」のミックスドリンク。
美容と健康に良いとされています。

IMG_8635-1.jpg
こちらは「砂糖ゼロ」の紫トウモロコシのジュース。
紫トウモロコシは、ポリフェノールが多いと言われる赤ワインより多く含まれているし、ジュースにすればアルコールが入っていないので、お酒に弱い人でもたくさん飲むことができるんです。
だからかどうかわかりませんが、ペルー人はよく紫トウモロコシのジュースが大好き。
でも普通はお砂糖たっぷりだから・・・・。

IMG_8637-1.jpg
100%ビーガンというこのお店の紹介が黒板に書いてありました。
レストランとスイーツ専門です。

IMG_8641-1.jpg
メニューはいろいろとありますが、今回は最もお手軽な「今日の定食」にしました。
内容は黒板に書いてありますよ。
前菜はサラダかスープを選べるので、両方頼んでみました。
だって3人もいるからね。

IMG_8642-1.jpg
まずはドリンクが付いてきます。
麦茶のようです。
ペルーの普通のレストランでは麦茶といえども、砂糖を入れて甘くしてしまいますが、ここは甘くなく、日本人にはとてもうれしい麦茶です。
こちらは南半球なので、今は夏ですからねぇ。

IMG_8643-1.jpg
「Sopa de sémola」、セモリナ粉を入れてとろみをつけたスープです。
なんだか細かい押し麦が入ったおかゆチックなスープで、とてもおいしいです。

IMG_8644-1.jpg
こちらはもう一つの前菜のサラダです。

IMG_8645-1.jpg
3人で今回の旅でのペルー初のランチを楽しみましょうね。

IMG_8646-1.jpg
こちらはメインディッシュの「Estofado de vegetales con arroz a la cúrcma」という長い名前の料理です。
要するに「野菜の煮込みとターメリックご飯」です。
とにかく野菜がおいしい!!。
フレッシュなソラマメが食べられる!!。うれしいです。

IMG_8649-1.jpg
あ〜〜、お腹いっぱい!!。
これで値段は10ソーレス(約¥320)。
ランチの定食はペルーはかなり安いので助かります。
しかし、2人とも手に何か持っていますね。
何かなぁ〜〜。
それはね、ショーケースに並んだケーキをテイクアウトしちゃったんですよ。
宿に帰ってお茶を飲みながら食べましょうね。
楽しみ〜〜〜メロディ(^^♪ ♪♬〜♫♬

IMG_8651-1.jpg
宿に帰ってさっそくビーガン・スイーツをいただきましょう。
こちらは「Budin de sémola」、セモリナ粉で固めたプディングです。
カラメルシロップがかかっていて、しっとり系のプディング、ココナッツのフレークが中とトッピングに使われています。
甘さ控えめでおいしいです。

IMG_8652-1.jpg
こちらは「イチゴ入りオレンジのケーキ」です。
上の豆腐のクリームもなかなかのお味ですよ。
posted by 料理長 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き