2017年01月09日

ペルー北部の海岸リゾート「Máncora」へ

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月14日(月)、この日は再び夜行の長距離バスでペルー北部の町「Piura」を目指します。
首都のリマからピウラまでは859qも離れていますが、山岳路線ではないために、バスでおよそ17時間くらいと、比較的早く着くことができるんですよ。距離的には東京から福岡くらいでしょうか?。
でも高速道路はないので、日本よりも時間がかかるのは致し方ありませんね。
では出発と行きましょう。

IMG_9590.JPG
今回はバスの出発の時間の関係で「Oltursa」という会社を選びました。
バスの車内で出る食事がベジ対応がないので、できればベジ対応のあるワラスに行くときに使った「Cruz del sur」にしたかったけれど、まあそこは致し方ないので我慢です。

IMG_9592.JPG
午後2時半ころに「Oltursa」のターミナルに到着しました。
バスは午後3時発です。
荷物を預けてチェックインしましょう。
2階建てのバスの下の席は、3列シートで160度シートが倒れます。
足置きも出てくるので、飛行機のビジネスクラス位の快適さ。
17時間も乗るからね、快適なバスを選んだんですよ。
そっくりかえって支配人も満足そう。余は満足じゃ・・・By支配人。(笑)

IMG_9595.JPG
長距離のこのバスでは結構よく眠れました。
まあワラスから夜行で戻って、その翌日にまた夜行ですからね。
眠れなかったら困りますよ〜〜。
朝には目的地の「ピウラ」のこの会社のターミナルに到着しました。
荷物を受け取り、まずは宿を確保しましょう。
時間はまだ朝の8時を少し回ったくらいです。

IMG_9596.JPG
宿を決め、荷物を預かってもらい、さらに180q北の海岸リゾート、「Máncora」まで日帰りで行こうという計画です。
なぜそんなところに行くかというと、超鄙びた温泉があるという噂を聞いていたからです。
今回の旅のテーマの一つに、温泉も入っているので頑張ります。
ピウラの町を歩き、観光インフォメーションで「Máncora」までの行き方を聞き、乗り合いタクシーの出る場所へと移動しました。

IMG_9598.JPG
「Máncora」へ行く乗り合いタクシー(コレクティーボ)の乗り場に到着です。
何しろ人数が集まらないと出発しないので、1時間くらいここで待たされてしまいましたよ〜〜。

IMG_9604.JPG
マンコラへの道は、広大な麦畑の中を行きます。
ヤシの木が茂る麦畑、初めて見たなぁ〜〜。

IMG_9607.JPG
しかし、ものの1時間もすると、こんなに乾燥した砂漠のような風景に変わってしまいました。
この辺りはもともと乾燥した気候ですが、実はアンデスの雪解け水が流れてくる川がある所では、灌漑をして、肥沃な農地になっています。その灌漑ができない、川から遠い場所はすべてこのような砂漠になっているんですね。
なんだか見ているだけで喉が渇きそう。(笑)

IMG_9608.JPG
12時を少し回るころ、目的の町「Máncora」へ到着です。
まずはランチを食べて、温泉を目指しましょう。
posted by 料理長 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

シーフードレストラン「Señor Limón」

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月14日(月)になりました。
この日はいよいよ北を目指します。
南半球だから、北ということは、暑くなるんですよ。
だから、暑いところに行く前に、たくさん食べて力を付けて出かけないとね。(笑)
ということで、バスの時間は午後3時発だから、あまり遠出ができないので、泊まっている宿の目の前にあるシーフードレストラン「Señor Limón」で食べていくことにしました。

IMG_9569.JPG
宿の目の前にあるセニョル・リモン。
いつも宿から出かけるときに目にするお店です。
でもここ、魚介類が豊富なリマの中でもかなりおいしいレストランなんですよ。
ではさっそくいただくことにしましょう。

IMG_9573.JPG
2008年に来た時に比べて、メニューがだいぶ様変わりしていました。
メニューリストもすごくきれい!!。
なんか巻き寿司みたいなものもある!!。
ペルー料理もここ数年、かなり進化を遂げている様子。
私たちはこの旅行の最後の方で食べ歩く、リマの高級レストランでそれを実感することになるんですね。
だから、このお店もかなり影響を受けているみたいです。
そのグレードアップした料理を頂きましょう。

IMG_9575.JPG
まずは最初におつまみが。
はじけないポップコーンの「マイス・カンチャ」です。

IMG_9576.JPG
そして薬味が2種類。
タルタルソースとピリ辛のオレンジ色のソースです。

IMG_9577.JPG
酒豪のYさんは標高も低くなったし、昼間からビールです。(笑)
お酒に弱い私たちは「炭酸ミネラルウォーター」を。

IMG_9583.JPG
ごちそうが運ばれてきたところで、ワラスの旅行からの帰還と、これからの北の旅を祝して乾杯です。

IMG_9578.JPG
これは「Causa rellena」(カウサ・レジェーナ)という、ペルー風の味付けをしたマッシュポテトでカニマヨを巻いたものです。
この料理はタンボ・ロッジでもベジ化して時々作っています。(形は違うけど)
とてもおいしいですよ。

IMG_9584.JPG
これはコロッケ・・・と思いきや、ペルー風のカルパッチョ「セビッチェ」をフュージョンさせたもの。
漬け込むソースをお皿の左側のグラスに入れて、それにコロッケをつけて食べるんです。
でもコロッケと言っても、刺身を使うこの料理らしく、刺身感が残るようにレモンで〆たコロッケの中身の魚を上手に揚げてあるんですよ。
いやぁ〜〜、色々と工夫していますね。

IMG_9587.JPG
コロッケの中身はこんな感じです。
レモンで〆てあるので、白身の魚が白っぽいです。

IMG_9585.JPG
そしてこれは私が大好きな「Tacu-tacu(タク−タク)というペルー料理です。
キドニービーンズをトマトで煮て、炊いておいたご飯を入れ、硬めのリゾットを作り、それを焼いたものに、シーフードのソースをかけたものです。
タンボ・ロッジではベジ化したものをやはり時々作っていますので、食べた方もいると思いますよ。
今回のソースは、エビの殻からとった出汁と「Aji panca」というペルー独特の唐辛子(あまり辛くない)を使ったソースにエビを煮込んであるものです。
posted by 料理長 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

病院のレストランはベジのビュッフェ

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月13日(日)、ワラスの過酷な高地の旅行から夜行バスで首都のリマまで帰ってきた私たち。
首都のリマは海岸に面しているので、標高低いです。だから、本当に空気が濃く感じられますよ。
なんだかねっとりとしているようにすら感じます。
この日はリマで一日ゆっくりとし、翌日再び夜行バスで北上し、隣の国「エクアドル」を目指します。
しかし、この日は日曜日。
色々とリマで食べ歩きしたいけれど、ほとんどの行きたいレストランはお休みです。
そこで私たちは、リマの新市街「Mira flores」にある、なんと!!、病院の最上階にあるベジ・ビュッフェの食堂に食べに行きました。
病院の食堂だけれども、外来者も自由に利用できるんですね。実はこの話、タンボ・ロッジに泊まりに来られたビーガンのペルーの方から聞いたんです。
こんな病院、日本でもあちこちにあるといいなぁ〜〜。
その病院は、「Good Hope」と言います。
食堂は土曜日がお休みで、日曜日はやっているんですよ。

IMG_9568-1.jpg
やって来ました「Good Hope病院」。
入口がちょっとわかりづらく、入院患者棟に行ってしまった私たち。(笑)
良く場所を病院の職員の人に聞いて、エレベーターで最上階へ行きました。

IMG_9559-1.jpg
やっと着いたビュッフェ形式のベジレストラン。
さて、何を食べようかな〜〜、と支配人。
どれを選んでも、ベジなので安心です。

IMG_9560-1.jpg
しかし、たくさん種類はあるものの、行った時間がランチタイムとしては遅めだったために、あまり残っていなかった!!。
がっくりする私たち。
それでもね、何とかかき集めなくっちゃ!!。

IMG_9561-1.jpg
なんか、みんな少なくって、残りかすみたいじゃない、これ。

IMG_9562-1.jpg
それでも気を取り直し、いろいろとかき集めましたよ、はい。
此処のシステムはユニークです。
お皿を計って、重量で料金が決まるんですね。
なんか軽いものを選んだ方が得みたいな気がしました。(笑)

IMG_9563-1.jpg
それでも結構な量になりましたよ。
おいしそうでしょ。

IMG_9564-1.jpg
こちらはサラダのお皿です。
豆腐がたっぷり入ったベジ・セビッチャ(ペルー風カルパッチョ)がとてもおいしかったです。

IMG_9565-1.jpg
パンにたっぷりかかっていたゴマを口に2粒も付けて何も知らずに一心に食べる支配人。(笑)
ちょっと遅めのランチだから、お腹すいたもんね。

IMG_9566-1.jpg
病院の最上階だから、眺めは抜群です。
太平洋を見ながらのランチは、病院にいるということを忘れさせますよ。
高層ビルの合間を、パラグライダーが飛んでいます。
よくビルに激突しないもんだと感心しきり!!。
posted by 料理長 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き