2017年02月14日

コロンビアの伝統菓子は激甘注意

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月2日(金)、記念すべきコロンビアの首都ボゴタの初日は、まずは歴史地区の中心地「ボリーバル広場」へ歩いていきました。
その道すがら、伝統料理を出すレストランが並んだ場所を通りましたが、そのレストランの入り口には、コロンビアの伝統菓子がずらりと並んでいました。
ついつい伝統菓子なんて言われると、味見してみたくなるものですね。
そこで、実は全種類一つずつ入ったセットを帰りに買ってしまったんですよ、私。
しかしそれを食べてみたら・・・・・
飛び上がるくらい甘い!!。
激甘!!
鼻血出そう!!(笑)
そんな伝統菓子を紹介しましょうね。

IMG_1039.JPG
ショーケースを覗き込む私がケースのガラスに反射して写ってしまっています。
なんだか甘いものを狙う子供みたい。(笑)
一番左のものは、「コーヒーとココナッツ」、その右は「パネラ」というコロンビアの伝統製法の黒砂糖を使ったお菓子、赤い丸いロールは、「グアバ」とキャラメルクリームのロール、その右は、イチジクのキャラメルクリーム。
この「Arequipe」と書いてあるのがキャラメルクリームで、コンデンスミルクをさらに煮詰めて濃くしたような、南米によくあるクリームですが、激甘で、鼻血でそうなシロモノです。(笑)

IMG_1041.JPG
まるでUFOのような2種類は、真ん中にキャラメルクリームがたっぷり入ったものを、砂糖で固めてあるお菓子です。
だから、めちゃくちゃ甘いです。
右にある茶色いものは、ココナッツと伝統製法の黒砂糖のお菓子。

IMG_1043.JPG
カカオが採れるから、もちろんチョコレート系もありますよ。

IMG_1044.JPG
一見お煎餅のようなお菓子。
左はパッションフルーツとココナッツを、右はピーナッツをそれぞれお砂糖で固めたもの。
勿論激甘ですよ~~。

IMG_1045.JPG
茶色いのはキャラメルで固めたココナッツ、白いのは白砂糖で固めたココナッツ。
すごい、砂糖地獄のようです。

IMG_1094.JPG
1個ずつだから、食べられるかもしれないと思い、全種類のセットを買ってしまった私。
支配人は冷たい表情で「私食べないもん」って言っていたけれど、無視してしまった私。
めちゃくちゃ失敗です。
支配人えらい!!。
だって伝統菓子だから、一度は味わっておきたいしねぇ~~。
しかし、だれも食べてくれないので、ちびっとだけ食べた私です。
鼻血出そう!!。(笑)
posted by 料理長 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

ボゴタの歴史地区

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月2日(金)になりました。
前の日に遥か彼方のエクアドルとの国境の町「イピアーレス」から夜行バスでコロンビアの首都のボゴタまでやってきた私たち。
宿でぐっすり寝てたのでだいぶ復活です。!!
この日は何しろ初めての国だし初めての場所なので、いろいろとリサーチ。
そして私たちはしばらく先に一度ペルーに戻るので、ペルーまでの飛行機のチケットを探したりと、いろいろと歩き回りました。
地理に慣れるために、まずは歴史地区の中心の「ボリーバル広場」も行ってみましょうね。

IMG_1018.JPG
宿を出て旧市街のコロニアル造りの街並みを歩きます。
昨日の夜食べたベジタリアン・レストラン「Nativo」の前を通りますよ〜〜。

IMG_1037.JPG
広場の手前には、伝統料理のお店が並んでいる一角がありました。
数軒同じような料理を出す店が並んでいるんですよ。
何しろ私たちにとって、コロンビアは初めてだし、伝統料理といっても、一応調べたけれど、味わったことがありません。
近いうちに食べなくっちゃね。

IMG_1028.JPG
ボリーバル広場に着きました。
さすがに観光客もちらほら。

IMG_1031.JPG
しかし、鳩がたくさん!!。

IMG_1035.JPG
広場の中心は当然カテドラルが。
南米の都市はほとんどこんな作りです。
posted by 料理長 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き