2017年03月01日

Medellínのブティックホテルで打ち上げのディナー

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、メデジンの高級ブティックホテルに泊まった私たち。
この日で3人の珍道中は終わります。
明日からは私たちは首都のボゴタへと戻り、そこからペルーへと飛行機で一気に移動します。
Yさんはコロンビアにもう少し滞在できるので、メデジンから飛行機でカリブ海の世界遺産の町「カルタヘナ」へと向かいます。
なんだかんだ言っても、長いようであっという間だったアンデス旅行。
私にとって、8年ぶり10回目のペルーと、23年ぶり3回目のエクアドル、そして初めてのコロンビアと、楽しい旅行をすることが出きました。
エクアドルで私の耳が中耳炎になったときに、かなりYさんに世話になったなぁ~~。
なんだかはるか昔のように感じてしまいます。

ところで、このホテルの近くにあるベジタリアン・レストラン、本来なら木曜日はやっているはずなのですが、祝日と重なっているので、電話してみました。
すると・・・誰も出ません!!
え〜〜、もしかして休み!!!。
ということで、せっかく高級ホテルに泊まったんだから、最上階にある展望レストランで打ち上げをすることにしました。

IMG_1901.JPG
夜空のきらめく星のごとく、メデジンの夜景を眺めながらのディナーです。
夜景を際立たせるために、照明は暗めに設定されています。
しかし本当に綺麗です。

IMG_1920.JPG
治安が良いエル・ポブラード地区は高層ビルが立ち並んでいます。
金星が輝き、美しさが一層際立ちます。

IMG_1909.JPG
さて、食事が運ばれてきました。
このレストラン、結構アジア系料理が多いです。
これはカニのワンタン。
カニカマが入っているんですよ、ちょっとびっくり。
付けダレも甘辛のタイ料理風。
懐かしくておいしい!!。

IMG_1917.JPG
そしてこちらはシーフードのレッドカレー。
ココナッツミルクをたっぷりと入れて、まさしくタイの味!!。
ここでこんなアジア系料理が食べられるとは思いませんでした。

IMG_1918.JPG
酒豪のYさんだけでなく、今日は私たちもビールを飲みましょうね。
Yさんみたいにおかわりはできないけどね。(笑)

IMG_1923.JPG
トイレの手洗いがすごく楽しい!!。
ついつい写真撮っちゃいました。

IMG_1907.JPG
それにしても美しいメデジンの夜景です。
これを楽しむことができて、とてもうれしいです。(^^♪メロディ♪♬~♫!
posted by 料理長 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

Medellínへ移動

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、絶壁の岩山を堪能し、グアタぺの町のベジタリアン・レストランでランチを食べた私たちは、バスに乗って、大都会のメデジンへと向かいます。
メデジンは行きに通過しただけだったので、この日はメデジンに泊まり、翌日に私たちは首都のボゴタを目指します。
もう少しコロンビア滞在ができるYさんは、メデジンからカリブ海の町「カルタヘナ」まで飛行機で行くそうです。
この日で3人の珍道中が終わります。(笑)

IMG_1888.JPG
メデジンに戻ってきました。
メデジンの北バスターミナルは、地下鉄直結なので、すぐに地下鉄に乗り、メデジンの中でも比較的治安が良いとされる「El poblado」に行き、宿を探します。
電車がやってきました。
メデジンの地下鉄は、スリが多いと聞いて緊張する支配人。
しかし「メトロ」という呼び名のくせに、地上を走るんですよ、この電車。(笑)

IMG_1890.JPG
さあ、乗り込みますよ。
荷物をしっかり手で抱えるように抑える緊張しきっている支配人です。

IMG_1891.JPG
「El poblado」の駅で下車します。
ここから宿を探すのですが、調べておいた宿は満室!!。
近くのホテルも満室が多い!!。
Yさんによると、この日はキリスト教の祝日に当たるそうですよ。
翌日は金曜日だし、3連休の人も多く、みんな都会に遊びに来ているのね。
なかなか宿が見つからず、苦労しましたが、高級そうなホテルが目に留まったので、とりあえず聞いてみることに。
すると空いている部屋があり、もう午後5時を過ぎたから、プロモーション価格で泊まれるとのこと。1泊ツインで日本円で¥7300くらいです。
今回の旅行の中で、一番の高級ホテルだけれど、ほかに探している気力のない私たちはそこに泊まることにしました。
わ〜〜い、高級ブティックホテルだぞ〜〜。!!
この日は3人の打ち上げなので、最高です。
posted by 料理長 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

Guatapéのべジ・レストラン「Namasté」

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、絶壁の岩山「ピエドラ・デル・ペニョール」から下りてきた私たち。
結構な運動量だったので、おなかすきました。
モトタクシーでグアタぺの町まで戻り、前日にチェックしておいたベジタリアン・レストラン「Namasté」へと向かいます。

IMG_1852.JPG
グアタぺの広場まで戻ってきました。
デコデコに飾り立てたモトタクシーが並んでいますよ。

IMG_1853.JPG
前からも写真撮っちゃおっと。
こういう乗り物、私大好きです。

IMG_1864.JPG
町の路地を歩き、ベジタリアン・レストランを目指します。

IMG_1866.JPG
湖が見える街の路地。

IMG_1870.JPG
やっとランチにありつけますよ。
まずはミックスジュースを頼んだら、こんな「青汁」みたいなジュースが出てきました。
これはセロリ、バナナ、パイナップルのジュースだそうです。
セロリが多い!!。
青汁みたいな味だけれど、フルーツの味もしっかりあり、結構見てくれよりもおいしいです。(笑)

IMG_1871.JPG
ビーガン・クレープ定食を頼んだので、まずはサラダが出てきました。
マンゴーにちょっとピリッと辛い食用ほうずき、トマトにキュウリ、人参にパプリカに玉ねぎなどが入っています。

IMG_1875.JPG
ビーガンクレープ本体です。
中身たっぷり!!。
ひよこ豆、かぼちゃ、ニンジンなどが入った全粒粉のクレープで、黄色い周りのソースはトウモロコシのソース、クレープの上には「ワカモーレ」がたっぷりと掛かっています。
とてもおいしかったです。
posted by 料理長 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

絶壁の岩山から下りてご褒美を

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、絶壁の岩山「Piedra del peñor」に登った私たち。
上の売店では色々なお土産や飲み物を売っていましたが、これ、階段を使って担ぎ上げたのだろうか、と思うくらいの品ぞろえでした。
そこで珍しい飲み物に遭遇!!。

IMG_1813.JPG
マンゴー入りビールだって。
思わず飲んでみたくなるけれど、お酒に弱い私。
そうだ!!、酒豪のYさんを誘ってみよっと!!。

IMG_1814.JPG
ということで、あっさりと商談成立です。(笑)
ビールを注ぐカップの周りに塩がまぶしてありますよ。
いったいどんな味なんだろうか??。

IMG_1816.JPG
はい、できましたよ、どうぞ。
お店の後ろの飲み物、どうやって運んだんだろうか?。
担ぎ上げるとしたら、相当大変ですからね。

IMG_1818.JPG
カップの周りの塩と、串刺しにされたマンゴーと、そしてビール。
でも意外においしいです。
あまりたくさん飲むと、酔っ払って階段から落ちるといけないので、控えめに飲まなくっちゃね。(笑)

IMG_1820.JPG
下りの階段は、登りの「怪談」のような怖さはありません。(笑)
一番初期のころに作られた、岩の割れ目の中の階段が下り専用だからです。
でなきゃ真下が見えて怖いよね、きっと。
今は観光客が増えて、一方通行にしないと大変な混雑になるらしいです。
人気のスポットなんですね。

IMG_1822.JPG
無事に下りてきました。
支配人の顔が明るい!!。(笑)
ご褒美は今回の旅で初めて食べるソフトクリーム。
ジャンク系のものはあまり食べないようにしていたけれど、ここらへんで羽目を外すのも悪くないでしょからね。

IMG_1825.JPG
岩山の登り口付近を走る、古典的な路線バス。
エクアドルに23年前に行ったときに、私たちはこんなバスに何回か乗ったのですが、今回の旅ではエクアドルではもう見かけませんでしたからね。
トラックを改造した、とても古い古典的なバス、コロンビアに残っていたのかと感動しました。
posted by 料理長 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

支配人、絶壁の岩山に登る

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、コロンビアで有名な絶壁の岩山「ピエドラ・デル・ペニョール」へやって来た私たち。
今回の旅の中で、高所恐怖症の支配人にとって、最も恐ろしい試練の時がやって来ました。
それは、この絶壁の岩山に登ること。
本当に大丈夫なのか、ちょっと心配ですが、頂上は何しろ「コロンビア一の絶景」と言われていますからね。
地上でお留守番は悲しいので、支配人、頑張りましたよ!!。えらい!!!

IMG_1764.JPG
さあ、あの絶壁の岩山「Piedra del peñor」へ登るぞ!!、えいえいお〜〜、と気勢を上げる支配人。
でもなんだか顔がいまいち元気ないですねぇ。(笑)

IMG_1767.JPG
登り始めのところから上を仰ぎ見るだけで、支配人は足ががくがく、心臓はドキドキ!!・・・だそうです。

IMG_1772.JPG
階段の途中から下を見ると!!。
私だって足がすくみそうですよ〜〜。
支配人に絶対見せてはいけないですね、これ。
見たら最後、この場から動けなくなる心配がありますから。

IMG_1775.JPG
マッ、マリア様助けて〜〜〜。
途中にある聖母マリア像のところで、支配人は目が泳いでいます。

IMG_1788.JPG
やった〜〜、頂上だ!!。
私たちと一緒のペースで登ってきたコロンビア人の家族、その中のお母さんはどうやら支配人以上に高所恐怖症の様ですよ。
何しろ娘さんに手を引かれながら、壁を這うように登っていましたからね。
しかし、支配人と同じ高所恐怖症の仲間ということで、なんだか親しくなってしまいましたよ。
だけどね、支配人はもう怖いのすっかり忘れて笑顔ですけど、お母さんはまだ顔が強張っています。
支配人って、かなりラテンの性格だというのが解りました。(笑)

IMG_1789.JPG
そんなコロンビア人の家族と記念写真を撮りました。
お母さん、まだ顔が強張っていますよ〜〜。(笑)

IMG_1786.JPG
絶景かな絶景かな!!。
頂上からの眺めは最高です。

IMG_1787.JPG
湖のせり出した半島もとてもよく見えましたよ。
朝の雨で空気も綺麗でしたからね。

IMG_1799.JPG
コロンビア一の絶景に納得です。

IMG_1808.JPG
下から数えて740段が一番高いところです。
その一番高いところでガッツポーズの支配人。
よく頑張りましたねぇ〜〜。えらい!!

IMG_1810.JPG
わっ、こわい!!・・・なんちゃって。
これは演技です。(笑)

IMG_1812.JPG
立派な柵があるから安心ですよ〜〜。
posted by 料理長 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

岩山の展望台「Piedra del peñor」

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、グアタぺの広場で朝食を食べた私たちは、岩山の展望台として名高い「Piedra del peñor(ピエドラ・デル・ペニョール)」へ行ってみることにしました。
この岩山は、コロンビア一の絶景がみられる展望台として有名です。
どんな岩山が待っているのか、本当に楽しみです。
そして「高所恐怖症」の支配人の行動がどうなるか、それも楽しみだなぁ〜〜(笑)。

IMG_1747.JPG
町の広場から、三輪の「モトタクシー」に乗り、「Piedra del peñor」へ出発です。
この岩山までは、グアタぺの町から約6q、モトタクシーで10分くらいで気軽に行けるんですよ。

IMG_1752.JPG
モトタクシーは行く。
まもなく岩山が見えてくる頃です。

IMG_1749.JPG
なんだ、あれ!!。
すごいぞすごい!!。
支配人が絶叫しそう。(笑)
しかし驚きの岩山です。
頂上に展望台の建物らしきものが見えています。

IMG_1753.JPG
岩山の真下に到着です。
支配人の顔がこわばっています。(笑)

IMG_1756.JPG
岩山のピエドラ・デル・ペニョールを下から眺めると、ほとんどつるつるの一枚岩!!。
すごい光景です。
これを登るんですよ。

IMG_1761.JPG
「ピエドラ・デル・ペニョール」の全景です。
岩の割れ目に作られた、ジグザグの階段。
それを登るんですね。
支配人にとっては、この階段は下手な「怪談」よりも怖い!!なんちゃって。(笑)
さあ、頑張って登りましょうね。
posted by 料理長 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

Guatapéの広場のカフェで朝食を

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)、朝のグアタぺの町を散策しながら、町の中心の広場までやってきた私たち。
そろそろ朝食を食べたくなってきたので、広場にあるカフェに入ることにしました。

IMG_1858.JPG
広場のカフェは賑わっていました。

IMG_1743.JPG
何やら「ドーナッツ」みたいなものを買っている人がいます。
しかも、次々に売れている!!。
おいしそう!!。
ということで、このお店に吸い込まれるように入る私たち。(笑)

IMG_1741.JPG
ケースの中には大量のドーナッツが。
実はこれ、ドーナッツではありません。
聞いてみると、「Pan de queso」(チーズパン)だといいます。
ではさっそくこれを食べようかな。

IMG_1740.JPG
なんだかおいしそう!。
食べてみると、モチモチしたチーズパンです。
これ、日本で一時流行ったブラジルのチーズパン「ポン・デ・ケージョ」と同じです。
そういえばポルトガル語でパン=ポン、チーズ=ケージョだから、それをスペイン語にすると「パン・デ・ケソ」になるんですね。
キャッサバ芋の澱粉を使うので、モチモチなんですよ、これ。
それにしてもおいしいなぁ。
おかわりしちゃおっと。(笑)

IMG_1744.JPG
さらに、ミルク入りマンゴージュースも飲みました。
まったりしていて甘くてコクがあっておいしいです。

IMG_1745.JPG
支配人はこんなのまで頼んじゃいましたよ。
野菜オムレツ、パン付きです。
結構なボリューム!!。
posted by 料理長 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

Guatapéの朝

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月8日(木)になりました。
前日の夜到着したグアタぺの町。
町の目の前の湖も、全体が見渡せないから、何がどうなのか良くわからなかったので、朝食ついでに散策してみました。

IMG_1718.JPG
グアタぺの町は湖の畔にありますが、この湖が美しい!!。
湖の岸辺と遊覧船の発着場です。

IMG_1720.JPG
早朝はまるで夕立のような雨が降っていて、散歩なんて出来るとは思えませんでしたが、朝日が昇ると快晴に。

IMG_1726.JPG
各家の壁には立体的なレリーフの絵が必ず描かれています。
それぞれ個性がありますよ。

IMG_1728.JPG
アンデスの山の風景のレリーフ。

IMG_1730.JPG
早朝の雨に濡れた石畳が続く路地とレリーフが続く家並み。

IMG_1732.JPG
色々な絵柄のレリーフとドアの装飾が綺麗な家。

IMG_1733.JPG
フルーツや野菜を売るお店では、レリーフもフルーツと野菜です。(笑)

IMG_1736.JPG
朝日に照らされる路地の風景。

IMG_1737.JPG
結構派手な家が多いです。
やはりコロンビアは「ラテン」。
posted by 料理長 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き