2017年03月04日

ペルーの首都「リマ」へと向かいます

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月11日(日)、ペルーの首都「リマ」へ向かう時がやって来ました。
私たちのコロンビア旅行は約2週間、なんだか長いようなあっという間だったような、複雑な感覚です。
それにしても初めての割にはいろいろと行くことができて、うれしいです。
なにしろ一つ南の国、エクアドルから全部陸路で動いたんだもんね。
よく頑張りました。
ではコロンビアの首都、ボゴタの国際空港へと向かいましょう。
もちろんトランスミレニオという新交通システムの連結バスで向かいます。

IMG_2055.JPG
宿のすぐそばの広場。
宿を出るとまずこの広場を通りますからね、何回通ったことでしょうか。

IMG_2054.JPG
宿を出て、トランスミレニオの駅を目指します。
朝日がまぶしい晴天に恵まれました。

IMG_2058.JPG
国際空港に着き、チェックインをして荷物を預けて、搭乗口へと進みます。
少しだけコロンビアのお金が余ったから、なんか使わなくっちゃね。
コーヒーの国コロンビアの最後に、おいしいかどうかわからないけれど、コーヒーを飲むことにしましょう。
ちょうどコーヒー2杯分でお金が残っています。これでコロンビアペソ、使いきりですよ。(笑)

IMG_2059.JPG
うん、意外とおいしいコーヒー。
結局大雑把な淹れ方で入れるんだったら、コーヒーマシンで入れたほうがおいしいということなんでしょうかね。(笑)

IMG_2063.JPG
私たちの乗る飛行機がやって来ました。
コロンビアの国営航空、アビアンカを今回は使います。

IMG_2066.JPG
飛行機は定刻に首都のボゴタ空港を飛び立ちました。
さようなら、コロンビア。
楽しい旅ができたことに感謝です。
初めて食べるのコロンビア料理もおいしかった!!。
そして緑豊かなアンデス山脈に癒されました。

IMG_2075.JPG
かなり気流が良くないところを通ったため、飛行機はめちゃくちゃ揺れましたよ。
楽しみにしていた、ビーガンの機内食。
しかし機長の判断で、サービスは全面的になし・・・ということになってしまいました。
がっかりする私。
でもめちゃ揺れだから、ドリンクなんて絶対飲めないですよ、きっと全部こぼしてしまいます・・・という揺れでしたからね。

赤茶けたペルーの首都のリマが見えてきました。
コロンビアのアンデスとは対照的だなぁ。
ペルー滞在はあとわずか四日しかありません。
色々と食べ歩くぞ〜〜、えいえいお〜〜。(笑)
posted by 料理長 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

コロンビアの伝統的な朝食を

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月11日(日)、いよいよこの日はコロンビアに別れを告げ、今回の旅の出発地、ペルーの首都のリマへと飛行機で向かいます。
私たちの滞在している宿は、簡単な朝食が付いているのですが、この日はどうしても食べておきたい朝食があったので、宿の朝食をとらずに朝のボゴタの町へと出かけました。
それは「コロンビアの伝統的な朝食」です。
旧市街の中心部、「ボリーバル広場」に近いところに伝統食を出すレストランが並んでいて、ボゴタに来た当初にランチをいただいたんですが、その時に朝食もある・・・ということを発見し、必ず行こうと狙っていたんです。
最後の最後にその思いが叶ってすごくうれしいです。

IMG_2036.JPG
私たちが国際空港に行くために宿を出なければいけない時間は午前8時半。
それまでに朝食を食べて、宿まで戻り、チェックアウトをしなければいけません。
朝食のお店に前日に確認したところ、午前7時くらいからやっているとのこと。
なので、午前7時少し回った頃に宿を出て、歩いていきました。
宿からお店まで、歩いて約10分くらいです。
写真は朝のボゴタの旧市街の街角。
雨季のこの時期にしては珍しく快晴。
うれしいです。

IMG_2037.JPG
旧市街の路地を少し下ると、もう間もなくボリーバル広場手前の伝統食のレストランが並ぶ一角に辿り着きます。

IMG_2039.JPG
コロンビアの伝統的朝食メニューが壁に貼ってありました。
この中から2つを選びましょうね。
本当は知っているもの以外、全部試してみたいんだけどねぇ。(笑)

IMG_2040.JPG
どれにしようかな〜〜、と壁のメニューを見る支配人。

IMG_2041.JPG
開いたばかりのお店は、まだまだ静かです。
アボカドがしこたま積んでありますね。

IMG_2042.JPG
こちらは「Mazamorra dulce」というお粥。
Mazamorraはお粥、Dulceは甘いということなので、甘いお粥ということになりますね。
トウモロコシを使ったお粥で、そのトウモロコシの味と、コロンビアの伝統的製法の黒砂糖「パネラ」の甘さと、フルーツの酸味があるお粥です。
トウモロコシのお汁粉みたい。
それにチーズとパンがセットです。
チーズがでかい!!。(笑)

IMG_2047.JPG
こちらは「Peto」というメニュー。
ホワイトジャイアントコーンのミルク煮、そしてパンとチーズのセット。
小皿の黒いものがコロンビアの伝統製法の黒砂糖「パネラ」です。
この「ぺト」は甘くありません。
自分で好きなように甘くして食べろ、ということみたいですね。

IMG_2049.JPG
結構たっぷりとトウモロコシが入っています。
私は端っこ少しだけ甘くして味見をしてみました。
しかしこれ、甘くしないで、塩味にして食べてもおいしそう。
なので、持参の塩をかけて食べましたよ。
おいしくいただくことができました。

IMG_2051.JPG
お店を出て、記念写真を撮っていると、隣のお店の呼び込みのお兄ちゃんが呼んでいます。
なんだろうと聞いてみると、写真を一緒に撮ってくれというではありませんか。
商売敵の隣の店のお客なのに、良いですかねぇ。(笑)

IMG_2053.JPG
お兄さん、耳の飾りが自慢のようです。
耳に大きい穴をあけて飾りをはめ込んでいるそうですよ。
それにしてもおおらかなコロンビア、とても好きになりそうです。
posted by 料理長 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

コロンビア最後の夕食

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月10日(土)、私たちはコロンビア最後の夕食を食べました。
翌日はペルーの首都のリマまで、飛行機で移動します。
なんと!!直行バスもあるのですが、三日くらいかかるらしい( ゚Д゚)。
だってコロンビアの中は例の渋滞と山岳路線ノロノロ運転ですからね。
飛行機はなんといっても渋滞ないし。(笑)

ということで、ランチがコース料理でたくさん食べたので、夕食はボゴタ滞在中に何回も行ったベジタリアン・レストラン「Nativo」へと足が向く私たち。
何しろ宿から歩いて2分の近さですからね。

IMG_2027.JPG
まずはサラダから。
「Ensalasa zion」というのを選びました。
上にちりばめてあるのはヒマワリの種かと思いましたが、実は違っていて、なんと!!「煎り大豆」。
粒が小さめの大豆なので、シリアルのような感じですね。
でもなんだか懐かしい味でしたよ。
そしてドレッシングが「パッションフルーツ」。
酸味と香りがとても爽やかです。

IMG_2028.JPG
そしてコロンビア滞在中、いやというほど食べたバナナを使った「パタコン」。
これは「オガオ」というトマトソースを乗せた「Patacones con Hogao」。
このお店のパタコンは、かりっと揚がっていて、とてもおいしいです。
バナナはもう飽きたけれど、このお店のパタコンは歓迎ですから。(笑)

IMG_2029.JPG
なんだかうれしそうな支配人。
治安が悪く、初めてで慣れないコロンビアは明日の朝までですからね。
慣れ親しんだペルーが待っています。

IMG_2031.JPG
飲み物はもちろん「テ・アロマティカ」。
これは私たちがコロンビアではまってしまったお茶です。

IMG_2034.JPG
クッキングしているお店のおばちゃん。
もう5回目だから、すっかり私たちは顔見知りです。
「明日の朝コロンビアを出国するよ」という私たち。
それは寂しいね・・・とおばちゃん。

IMG_2033.JPG
またおいで・・・とおばちゃんが言いました。
はい、また来ますよ・・・と支配人。
なんだか名残惜しいコロンビア滞在です。
posted by 料理長 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き

大道芸

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月10日(土)、ランチをコロンビア一のレストラン「Leo Cocina Y Cava」で食べた私たち。
とても満足な料理でした。
しかしお腹いっぱい!!。
私たちの滞在している宿まで、歩いて帰ると30分ちょっとかかりますが、治安は悪くない場所を通るので、腹ごなしに歩いて帰ることにしました。
帰り道は土曜日ということもあり、歩行者天国になっていて、たくさんの人通りで賑わいを見せていました。
大道芸をやる人がたくさんいて、本当に楽しいです。
立ち止まって眺めてしまう私たち。

IMG_2002.JPG
カラオケに合わせて黒人のおじさんがコロンビアの歌を歌っていました。
かなり上手!!。
そこで手持ちのコインを椅子の上の缶に入れると・・・

IMG_2004.JPG
写真撮れって!!。
本当に気さくなおじさん、歌いながらポーズです。

IMG_2005.JPG
支配人が終わると、私にも来いって!!。

IMG_2007.JPG
いやいや、オヤジと仲良く写真なんて撮りたくないよ〜〜。(笑)
と言いつつも、なんだか楽しい!!。(^^♪メロディ♪♬~♫!

IMG_2019.JPG
青年の足元に並んでいるモフモフは、「クイ」と呼ばれるアンデスのモルモット。
普通は食料にするために飼われているのですが、なにやらここでは賭け事が行われていました。

IMG_2010.JPG
うひゃ〜〜、かわいい!!。
こんなかわいいモフモフを食べちゃうのね、普通は。

IMG_2016.JPG
結構臆病な性格のモフモフたち。
肩を寄せ合っています。
つぶらな瞳がかわいい!!。
で、これからどうなるの??。

IMG_2021.JPG
モフモフのクイちゃん、入り口の穴をあけた洗面器にまっしぐら。
実はこれ、モフモフがどの洗面器に入るか賭けるんです。
洗面器の上にコインを置くと、もしそこにモフモフが入ると、ほかのところにコインを置いた人の分をもらえます。
私は左から3番目の緑の14番のところにコインを置きました。
お〜〜い、クイちゃん、14番だぞ〜〜。

IMG_2022.JPG
おおっ、!!!14番に入れ!!!。
モフモフのクイちゃん、もう一息!!。

IMG_2023.JPG
え〜〜、何で6番に入るのぉ〜〜?
後ろに犬がいて、怖くないのかい!!。
・・・ということで、残念無念。
ギャンブルにはめっぽう弱い私ですからね。(笑)
posted by 料理長 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き