2017年05月21日

「こめっ粉40」スイーツクラス中級編(土日組)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツクラスの土日組の中級クラスの日でした。
初級と同じメンバーが三々五々、タンボ・ロッジに集まり、午後3時半少し前から教室が始まりました。
初日のテーマは小麦の話と「こめっ粉40」で作るスイーツの「サバラン」です。
2日目は「こめっ粉40」で作る「チョコレートブラウニー」と、急遽最近開発した「カスタードプリン」を盛り込むという豪華な組み合わせです。

IMG_3328.JPG
さて、初日が始まりました。
どうもロールケーキの生地がうまくいかないという方がおられたので、私は何も言わずにやっていただきました。
そうしたらね、うまくいくんですよ。(笑)
原因は何かというと、豆乳を泡立てる「カプチーノクリーマー」という機会が古くて、ガタが来ていたんです。
パワーが全然ないしね。
そこで同じ型のものでガタが来ていないものを使い(タンボ・ロッジで初期のころに使っていたものです)、やっていただいたところ、見事にうまくできました。
皆様、機械は新しくてパワーがあるものを使いましょうね。(笑)

IMG_3331.JPG
そして本題のサバランです。
「こめっ粉40」生地の場合、必ず真ん中がへこんでしまうので、同じサイズの輪の型の底をくり抜いてかさ上げします。
入れる所が狭いから、生地を流し込むのが難しいです。
それでも上手にできましたよ。

IMG_3333.JPG
生地とクリームが出来上がったところで夕食です。
今回は、タンボ・ロッジの庭で採れた「行者にんにく」を使った、米粉麺の「ジェノベーゼ」、白チューニョとペルーの海苔を使った「セビッチェ」が前菜です。
行者にんにく、今だけですからね。
ほかにスープとメインディッシュが勿論付きますよ。

IMG_3339.JPG
食事が終わり、サバランの仕上げをみんなでやりました。
リンゴジュースで「リンゴ葛湯」を作り、本来のサバランで使う「あんずのジュレ」の替わりにシロップを浸み込ませたサバランの生地に塗って光沢を出します。

IMG_3341.JPG
出来ましたよ、「こめっ粉40」のサバラン。

これから後は、また例によって夜更かしです。(笑)
泊まりの教室の醍醐味ですね。

IMG_3344.JPG
さて翌日、タンボ・ロッジのいつもの朝食の後、まずはカスタードプリンを作りました。
冷やさないと固まらないのでプリンが優先です。(笑)
そのあと、チョコレートブラウニーを焼きました。
最近タンボ・ロッジに導入した、スリムな細長い型を使用!!。
なんだかかわいいブラウニーの出来上がりです。

IMG_3346.JPG
賄のランチは、国産小麦から作った「コーフーカツ」に自家製ソースをかけていただきました。

IMG_3347.JPG
なんと贅沢にも、カスタードプリンとチョコレートブラウニーの2種類のスイーツです。
しかもプリンの下には、昨日補習で焼いたロールケーキの生地をくり抜いて敷きましたよ。
でもね、2種類だと多すぎるので、これは今週に誕生日の方がいて、その方だけの盛り付けです。
一般の方は、プリンは半分です。(笑)

IMG_3352.JPG
こちらは一般の方の(笑)プリン半分とチョコレートブラウニーです。
今回も楽しく教室ができました。
参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。
そして今度は7月の上級編でお会いしましょうね。
posted by 料理長 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事