2017年05月25日

vegebon(ベジぼん)

5月22日(月)〜23日(火)にかけては、私たちは久しぶりに東京方面に出かけていました。
22日の朝早くタンボ・ロッジを出発し、まずは世田谷区の駒沢大学駅近くにある、べジのレストラン(カフェ)「vegebon(ベジぼん)」を目指しました。
駒沢大学駅から歩くこと約10分、静かな住宅が立ち並ぶ一角にひっそりとたたずむお店。
実はこのお店を時々手伝っている方が5月の連休にタンボ・ロッジに来られて存在を知りました。
営業日は金、土、日、月の週4日だけだそうです。
土日はまず外に出られない私たち。(タンボ・ロッジは宿なので)
ということは、金曜日か月曜日しか行けないじゃん!!。(笑)
ということで、ちょうど月曜日に出かけたので、狙いを定めて行ってきました。

IMG_3353.JPG
入口は派手ではなく、住宅街にひっそりとたたずむという表現がぴったりのお店です。
ベジ系のお店ってこういう感じが多いですね。(笑)

IMG_3356.JPG
私たちはお昼のランチをお願いしました。
まず最初は「人参のポタージュスープ」。
熱々でおいしいです。

IMG_3357.JPG
そしてランチのプレートです。
手前の春巻きは、お稲荷さんのように、薄揚げに中身を入れ、それを春巻きの皮に包んで揚げています。
優しい味付けでおいしかったですよ。
ご飯は酵素玄米ご飯ですが、写真は大盛です。(笑)
だって朝早かったからね。☚言い訳です

IMG_3360.JPG
ひよこ豆のペーストをほんのり甘くして、春巻きの皮で揚げたもの、そしてごま豆腐のようなもののミニが出されました。

IMG_3362.JPG
お店入り口のsy−ケースの上には、クッキーやスイーツが並んでいます。
おいしそうなので、これも食べちゃおっと(笑)。

IMG_3366.JPG
こちらは手前がひよこ豆とパッションフルーツのパイ。
甘さ控えめですが、ボリューム感があり、満足できるスイーツです。
奥のプリンは、実はお店を手伝っている方がタンボ・ロッジに来られた時に、簡単にレシピを伝えたのですが、そのレシピをもとに試作したものを出してくれたものなんですよ。
でもね、ちょっと聞き間違えがあり、めちゃくちゃ濃厚なクリーム状態のプリンが出来上がったそうです。
見た目にも濃厚そう!!。
でもこの失敗から、豆腐を使わないでクリームを作るヒントになってしまいました。(笑)
失敗は成功の基と言いますが、「私の替わりに失敗してくれてありがとう」とお礼が言いたいです。
タンボ・ロッジに帰ったら、実験してみなくっちゃ。(笑)

IMG_3367.JPG
こちらは「米粉のココナッツケーキ」。
新作のこのケーキ、小麦粉は使っていないそうです。

IMG_3369.JPG
こちらのお店は素材にこだわり、安全なものを選んでいるので、安心して食べられます。
お店の高いところにある黒板にも、材料の出所が書いていありました。
これはとても良いことですね。
単にべジやビーガンと言っても、素材がオーガニックや自然栽培ではないお店もありますからね。

IMG_3370.JPG
食後はソイラテを頼みました。
ソイラテ、結構大盛りですよ〜〜。(笑)

IMG_3371.JPG
お店のオーナーと、タンボ・ロッジに来られたスタッフの方と記念写真を撮りました。
このお店、開業から間もなく3年が経つそうです。
石の上にも3年とことわざで言いますが、3年たてばまだこの先長く続けることができると言いますから、こういうお店は長く続いて欲しいといつも思っている私です。