2017年09月07日

カラフルなアンデス・ビーガン料理

本来は結構地味な料理だけれど、ちょっと色を変えることにより、カラフルに変身したアンデス・ビーガン料理。
最近タンボ・ロッジのディナーに登場したものを紹介します。

IMG_4289.JPG
最初はジャガイモ料理。
ペルーでは黄色いジャガイモを茹でて滑らかにマッシュ(裏ごし)し、マヨネーズで和えたなにがしかを挟む料理です。
上のピンクは、ビーツパウダーで色を付けてみました。
タンボ・ロッジではよく作るジャガイモ料理です。

IMG_4384.JPG
こちらはトウモロコシの蒸し物料理です。
黄色いトウモロコシに、ペルーで買ってきたオーガニックの紫トウモロコシパウダーを入れて、2色にしてみました。
色目が替わるととてもおいしそう!!。
posted by 料理長 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2017年09月05日

「こめっ粉40」スイーツクラス師範編(平日組)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツクラス師範編(平日組)の日でした。
今年の4月からスタートしたこの教室も、今日で平日組が卒業します。
全4回、初級から回を重ねるごとにマニアック化していき、最上級の師範クラスはもうかなりのマニアックなレベルです。
しかしここまでマスターすれば、工夫と応用で、小麦粉やベーキングパウダーを使わないスポンジ系ビーガン・スイーツが相当作れるようになるはずです。

今回は、豆乳を濃くして作る「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」という生地を作り、「黄桃のシャルロット」を初日に、翌日の午前中には米粉のシュー生地を作り、チョココーティングして「エクレア」に挑戦します。
どれもマニアックな、そして手品のような作り方の、だけれど卵や乳製品使用のそれと同等かそれ以上な仕上がりになるという、ユニークな米粉スイーツです。
ご参加の皆様、さあ、最後の教室を楽しみましょうね。(^^♬♪♬~♫!

IMG_4511.JPG
色々とお話の後、実技がスタートしました。
豆乳を濃くし、新たな配合でフィンガービスケットを連ねたような「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」生地を作ります。
写真は焼き上がったその生地の姿です。
これから組み立てに入りますよ~~。

IMG_4512.JPG
組み立て終了し、冷蔵庫で中身のババロア部分を固めている間に、タンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食です。
これは前菜のキヌアのケークサーレと、クリーム系のスープです。
メインディッシュは魚もどきのペルー風ソースかけでしたが、写真撮り忘れました。(笑)

IMG_4514.JPG
食事が終わって一息ついたころ、「黄桃のシャルロット」を仕上げます。
見事に完成しました。
これを切り分けてみんなでいただきます。

IMG_4518.JPG
自分の分の撮影タイム。(笑)

IMG_4520.JPG
切り分けた断面です。
中のババロア部分にもオーガニックの「黄桃」が入り、断面が美しく見えました。
そしてこの後は、例によって夜更かしです。(笑)
時間の制限がないのが、お泊り教室の最大の魅力ですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_4521.JPG
さて翌日、タンボ・ロッジの通常の朝食の後、シュー皮の製作に入ります。
細長く絞り出し、焼き上がったエクレアの生地。
やや生地が緩く、平べったくなってしまったのはご愛嬌と思っていただけると嬉しいです。ポリポリ!!。

IMG_4524.JPG
そして少し材料を変え、別バージョンの「米粉のプチシュー」も焼いてみました。
材料の違いを食べ比べていただきたいからです。

IMG_4525.JPG
さて、お昼の賄ランチは、支配人の作った「金時豆入りカレー」。
とても香ばしくておいしくできましたよ〜〜。
辛さの苦手の方のために、優しい辛さで作ったので、辛いの好きな人のために、タンボ・ロッジの手作り「コチュジャン」もつけてみました。

IMG_4528.JPG
ではエクレアとプチシューのクリームを挟みます。
クリームは2種類、米粉のカスタードクリームと、豆腐ベースのバニラクリームです。
2種類入れると、違うクリームの味を楽しめるので、シューやエクレアがとてもおいしくなるんです。

IMG_4537.JPG
皆様組み立て中。

IMG_4535.JPG
すごい、たっぷりとクリームを詰め込んで、蓋が閉まらないエクレアとプチシュー。(笑)

IMG_4539.JPG
支配人のはクリーム大盛です。(笑)

IMG_4543.JPG
さて、これですべての講座が終了しました。
わたしから「修了証書」をお渡ししました。
4回もタンボ・ロッジのマニアック講座に通ってくださって、本当にありがとうございます。
って、私がカメラ目線なのは白々しいですね。(笑)

IMG_4545.JPG
では一番遠くの関西から4回通ってくださったNさんに証書をお渡しします。
なんだかうれしくてわたくし、感無量です。

IMG_4547.JPG
軽井沢でこの春ベジのお店を開店させたHさんもお店の立ち上げできっとそれどころではないはずだけど、4回通ってくださいました。
本当にありがとうございます。

IMG_4550.JPG
最後の締めに、支配人の挨拶です。

あ〜〜全員での記念写真撮るのを忘れました。しまった~~~。!!
でもね、実はもう一度、続編があるんです。
それはね、来月の終わりに、同じメンバーで自家製粉の米粉を使う、「タミパンで焼く米粉パン&ミニパウンド型で焼く米粉パン」の講座を皆様の希望でやることになったんです。
もう一度同じメンバーで集まることができるんですね。
なんだか4回も、寝泊まりを共にした講座ですから、クラスメートの様に仲良くなって、楽しそうでしたからね。
こんなに喜んでもらえて、本当にうれしいです。
参加された皆様、本当にありがとうございます。
また来月にお会いしましょうね~~。(^^♬♪♬~♫!
posted by 料理長 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事

2017年09月03日

初秋の尾瀬を歩く

今日は久しぶりのお天気の日。
こんな日は散歩をしたくなります。
散歩にしてはかなりハードですが、今日はタンボ・ロッジからそれほど遠くない国立公園の尾瀬を歩きに出かけました。
もうかなり肌寒い気候でしたが、秋の始まりを感じさせる風景に癒されました。
今回は前回の7月後半に行ったような強行軍ではなく、沼山峠から歩き始め、尾瀬沼を1周して帰る、全行程約12qの道を選びました。
だって前回は20qも歩いて、ヘロヘロに疲れちゃいましたからね。(笑)

IMG_4487.JPG
沼山峠から尾瀬沼の「大江湿原」に下りてきました。
前回とは花の種類も全然違う、初秋の花を楽しむことができました。

IMG_4489.JPG
アザミの群落が迎えてくれました。
前回もアザミは咲いていましたが、これはそれとは違う種類のものです。

IMG_4496.JPG
綺麗な紫色の花は・・・「トリカブト」です。
間違って食べちゃったら死んでしまうほどの毒を持つ花ですよ!!。

IMG_4498.JPG
尾瀬沼から見た東北最高峰の「燧ケ岳」。

IMG_4501.JPG
尾瀬沼の南岸から見た「燧ケ岳」。
一周したからこそみられる風景です。

IMG_4507.JPG
小沼湿原から見た燧ケ岳。
そして尾瀬沼をぐるっと回り、元来た道をたどり、沼山峠へと帰ります。

IMG_4509.JPG
下山後の楽しみはもちろん温泉。温泉
今日は久しぶりに「木賊温泉広瀬の湯」に入りました。
なんと日曜日にもかかわらず、温泉は貸し切りです。
ヤッホ〜〜!!。
でもね、自制した割には今ちょっと足が筋肉痛です。(笑)
posted by 料理長 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩

2017年09月02日

玄米と野菜のお店「松おか」

今日は久しぶりにオフの日。ということで、最近めきめき腕を上げてきた那須町にある「玄米と野菜のお店 松おか」さんにランチを食べに行きました。
自宅を改造した小さなお店で、松岡さんがたった一人で切り盛りしています。
イベントなどの出店もたくさんしているので、お店の営業はわずか週4日だけ。
それもイベント出店にぶつかると、お店はお休みになってしまいます。
だからね、ゲリラ的に狙っていかないといけません。(笑)
しかし、久しぶりに食べて、おいしかったなぁ〜〜。

IMG_4473.JPG
今日のランチメニューです。

IMG_4475.JPG
出てきました、ランチプレート。
とてもおいしそう!!。
どれから食べようかな〜〜。
メニューは全てベジ(ビーガン)で、動物性のものは一切使わず、しかも素材にこだわり、自然農法やオーガニックのものを厳選しています。

IMG_4482.JPG
プレートに乗りきらなかった一品です。
これはおからこんにゃくのエビチリ風。
辛みは自家製のこだわりコチュジャンです。
このコチュジャン、今年の春にタンボ・ロッジで私たちと一緒に作った本格的手作りの材料厳選のコチュジャンです。
とてもおいしい!!。

IMG_4477.JPG
そして、今日の特別メニューはこれ。「チタケうどん」。
うどんと言っても、麺は玄米からできています。
自然農法の玄米と副原料の片栗粉を製麺所に送って、個人的に依頼した麺だそうです。
素晴らしい!!。
とてもコシがあっておいしい麺ですよ。
そしてチタケ(茸)の出汁が素晴らしい!!。

IMG_4486.JPG
デザートに、ベジあんまんと豆乳チャイをいただきました。
このあんまんも皮から手作りです。
中の小豆餡の小豆も自然農法のものを、甘さもオーガニックのデーツを使っています。
最高ですね。
いやぁ〜〜、今日は大変満足いたしました。
松岡さん、ごちそうさまでした。

2017年09月01日

再びペルー風ドーナッツ

つい数日前にまたまた4泊したお客様がいたので、ペルー風カボチャのドーナッツの「Picarones」(ピカローネス)を作りました。
今回はチョコアイスも付けちゃいました。(笑)
なんだか4泊すると、4泊目にはこのドーナッツ・・・という方程式のようになってしまいましたね。
でもカボチャの季節にしかこれはできないから、春から初夏にかけてはどうしたら良いかなぁ〜〜。(笑)

IMG_4443.JPG
posted by 料理長 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロなスイーツ