2017年09月13日

流石山へ登る

今日は久しぶりのお天気がよさそうな一日。
そしてオフの私たち。
そこで、タンボ・ロッジから車で1時間と少し行ったところに登山口のある展望の山、裏那須連山の「流石山」に登ってきました。
流石山と書いて、さすが山・・・と呼ばずに、そのまま「ながれいし山」と呼びます。
この山は、もう本当に展望が良いので大好きです。
北関東の栃木北部と那須の連山、反対を見れば会津の素晴らしい山々が目の前にそびえて見えるんですから。
ただし、かなり登りが急登です。
だからね、私はいつも筋肉痛になっちゃうんですよ、ここへ登ると。(笑)
今日はそれを覚悟で登ってきました。
そして目的のもう一つは、山頂で「べジ・ラーメン」を食べること。
インスタントですけどね。(笑)
今日は両方の目的を果たせて大満足です。
しかし、今まさに筋肉痛です。( ;∀;)

IMG_4665.JPG
昔の会津と関東を結ぶ「松川街道」の大峠を目指して登り始めます。
大峠までは樹林帯歩きです。

IMG_4666.JPG
あっさりと大峠に着きました。
ここは江戸時代の街道筋。
きっと黄門様も通ったに違いない、助さんも格さんも・・・なんちゃって(笑)。
でもこの大峠に着いた瞬間から、大展望が待っているんですよ。

IMG_4670.JPG
さて、大峠から流石山へと登り始めます。
めちゃくちゃきつい急登です。
登り一辺倒!!。

IMG_4682.JPG
だいぶ登ってきました。
傾斜が緩くなり、穏やかな尾根歩きへと変わります。
ここからがご褒美の山歩きですからね。

IMG_4687.JPG
噴煙を上げる那須の茶臼岳と、三斗小屋温泉の屋根が見えています。

IMG_4688.JPG
会津方面を見ると、水田や集落が点々と見えました。
私たちがタンボ・ロッジから会津若松に行く時にいつも通る国道も良く見えましたよ。

IMG_4699.JPG
流石山の山頂に到着した支配人。
後ろには茶臼岳から派生した山が聳えています。

IMG_4694.JPG
さて、カロリーをかなり消費した後のランチは、例によってインスタントではあるけれど、べジ・ラーメンです。
おいしそうにほおばる支配人。
お腹めちゃへりましたからね。

IMG_4702.JPG
食後は、つい先日届いた「お菓子工房 ハルディン」さんの米粉の猪クッキーをほおばります。
山で食べるといつもよりさらにおいしい!!。
もちろん何時もおいしいんですけどね。(笑)
posted by 料理長 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

持ち回りの食の勉強会11回目は「HAPPY TABLE 」

昨日は、栃木県北部と福島県南部のマクロビオティック系やベジ系、ビーガン系のプロフェッショナルによる勉強会の日でした。 「勉強会」なんて呼んでいるけれど、実はね、豪華なディナーを楽しむ会でもあるんです(笑)。 地域限定で、同業者が集まり、持ち回りでおいしい料理を披露する、勉強会と情報交換を兼ねた、懇親会みたいなものですが、それぞれ作る側もかなりの頑張りで作るので、レベルアップにつながり、とても楽しい会なんです。 この日も夜遅くまで、とても盛り上がり、楽しかったです。そして美味しかったです。

この日の担当は、宇都宮でマクロビオティックの教室をされている「HAPPY TABLE 」さんです。
レストランではないので、こうしてコース料理でこちらの料理を楽しめるのは、めったにない機会です。
わたしも心待ちにしていました。
さて、どんな料理が食べられたのか、ご紹介しましょうね。

IMG_4634.JPG
こちらはお品書きです。
さすがにマクロビオティックの教室をされているだけあって、マクロビオティックの理論に基づいた料理の数々。
とてもワクワクしますね。

IMG_4632.JPG
前菜の「キヌアとビーツのサラダ、バジルソース添え」と、後ろに写っているのはウェルカムドリンクの「自家製甘酒」です。
とても美しく器に盛られていて、感激!!!。
甘酒はなんだかヨーグルトの様に醗酵していてさっぱりとしておいしいです。
サラダもとても良い味付けです。

IMG_4635.JPG
前菜盛り合わせです。
「スパニッシュ風オムレツ」はなんだかテリーヌを思わせる気品のある仕上がり。
「キャロットラペサラダ」はややパンチのきいた酸味がとてもおいしくい感じられました。
「ひじき蓮根のサラダ」は、マクロビオティックでは定番的なメニューですが、上の赤い玉ねぎのピクルスが味を引き締めています。
「切り干し大根のサラダパスタ」も、下に古代小麦の低温乾燥パスタが入り、味の深みが出ていておいしいです。

IMG_4641.JPG
「秋野菜のポタージュスープ」は、かぼちゃと大根がメインのような味わい。
とても優しい軽い味付けです。
野菜を重ね煮にして、ノンオイルで作ったヘルシーメニュだそうです。
もう一杯お替りしたい!!。(笑)

IMG_4645.JPG
器も可愛い「里芋とねぎときのこのグラタン」は、匙で下を探ってみると、赤いトマトソースが・・・。
混ぜて食べると綺麗で楽しいです。
酒粕から作ったパルメザンチーズもどきを使っているそうで、味をしっかりと楽しめました。

IMG_4649.JPG
「お口直しのソルベ」は、梅ジュースのシャーベット。
この一口がうれしいです。

IMG_4650.JPG
メインディッシュは「大豆ミートの赤ワイン煮&サフラン玄米、ジャガイモのピューレとビーツのピクルス添え」。
私はご飯大盛です。(笑)
黙って食べたらきっと肉と思ってしまうくらい完成度高いです。
ジャガイモのピューレは、ステーキに添えられている「サワークリーム」の役目を果たしているそうです。
なかなかやりますねぇ。

IMG_4653.JPG
さてさて、ここでお楽しみのデザートの部。
レアチーズケーキ風が登場です。
オーガニックの黄桃がまるで花弁のように広がっていますね。
とても綺麗です。

IMG_4656.JPG
デザート盛り合わせ。
レアチーズケーキ風は、豆腐ではなく、豆乳にレモン果汁を入れて分離させて作った「ビーガン・カッテージチーズ」から作られていて、とてもなめらかです。
米粉のドーナッツ型のクッキーもサクサクでおいしい!!。
さらに「ドライフルーツとナッツのトリュフ」まで付いていて、テンション上がります。

IMG_4662.JPG
めちゃくちゃ手間と時間をかけて作られた、とてもおいしいディナーが終わりました。
皆で記念写真撮りましょうね〜〜。
毎回同じメンバーだけれど、これって楽しいです。
この後も色々と話は尽きません。
何しろ同業者ですからね。(笑)

IMG_4664.JPG
「HAPPY TABLE 」の美樹先生、終わった解放感で思わず万歳\(^o^)/。
この解放感、とても爽やかなはずです。
なにしろ同業者ですからね、プレッシャーは半端じゃないと思いますよ。

美樹先生、今回はとてもおいしい料理をありがとうございます。
そして同席した仲間たち、ありがとうございます。
本当に楽しいディナーでした。(^^♬♪♬~♫!
これじゃ自分の番が回ってきたときは、ドキドキだなぁ〜〜(笑)。
自分の時は頑張らなくっちゃ!!。
posted by 料理長 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳