2017年12月08日

ソウルで2番目においしいお店

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月29日(水)、朝は市場で「麻薬キムパッ」をおいしくいただき、道具街をうろついた私たち。
夜は精進料理のレストランを予約してあるので、ランチは軽めにしたいところです。
そこで、栗と小豆が大好きな松岡さんが絶対に喜ぶお店を見つけていた私。
そこで韓国式お汁粉をいただくことにしました。
そのお店の名前はなんともユニークで、「ソウルで2番目においしいお店」ですって。
一番おいしいところはどこなの?。と思いますよね。
どうやらそれは、「お母さんの味」・・・だそうですよ。
ではみんなでお汁粉を食べに行きましょう。

IMG_5551.JPG
お店は地下鉄の「京福宮(キョンボックン)」駅から歩いて15〜20分くらいの「北村(ブッチョン)」と呼ばれる地区にありました。
平屋建てのお店だし、店の名前が長いので見つけ易いです。

IMG_5552.JPG
メニューが写真入りでありました。
これならわかりやすいですね。

IMG_5554.JPG
私以外は全員お汁粉を頼みましたが、私は逆らって、「韓方茶」を頼みましたよ。
鹿の角のゼリー入り韓方茶。
元気が出るんだそうです。
でもね、その鹿の角のゼリーを写真撮る前にお茶にお店の人が入れてしまい、写真には撮れませんでした。
しかし、如何にも効きそうな韓方茶。
苦くてホロ甘いです。
苦みが強いので、生姜の砂糖漬けを少しずつ食べながら飲むそうです。
生姜を食べるから、体中に薬効がいきわたる感覚がしました。

IMG_5560.JPG
こちらは栗がたっぷりのお汁粉。
甘さ控えめで、シナモンが振られていてとても香り高くておいしいです。
シナモンと栗って、よく合うんですね。
新たな発見です。

IMG_5557.JPG
あまりのおいしさに、皆で二人分のお替りをしてしまいました。
私もお汁粉を食べられて、うれしいです。
だって「韓方茶」、苦かったんだもん!!。(笑)

ところで韓国では、器を持ち上げて食べることはとても下品な行為とみなされます。(お茶やコーヒーなどを除く)
でもみんな持ち上げちゃってるんだもの。
旅行の前にそういう話をしたはずなのに!!。
恥ずかしいなぁ〜〜、支配人までも同じだもんね。
皆様私の話を聞いていなかったようです。
なので、下品な日本人団体になってま〜〜す。

IMG_5561.JPG
あ〜〜、食った食った、嬉しそうに店を出る支配人です。(笑)

IMG_5562.JPG
お店を出て、仁寺洞を歩きました。
栗大好きな松岡さん、焼き栗の屋台を見つけてさっそく買い食い!!。
少し分けていただきましたが、結構なおいしさです。
しかし、栗のたっぷり入ったお汁粉を食べた後にもまた栗を買うなんて、よほどの栗好きですねぇ、松岡さんは。(笑)

IMG_5565.JPG
小豆の蒸し菓子がお店にの前に並んでいました。
こちらにも興味津々の松岡さん。(笑)
posted by 料理長 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

麻薬キムパッ(モニョキムパッ)

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月29日(水)、ソウル滞在3日目です。
私たちタンボ・ロッジの二人を除いたメンバーは翌日帰国します。
あっという間のソウル滞在は、丸一日使えるのはこの日までです。
しかし「食い倒れ」は続きます。(笑)

この日は朝食に、屋台料理に挑戦です。
私たちの泊まっているところからほんのすぐ近くに、「広蔵市場(クァンジャンシジャン)」という市場があります。
その市場は屋台街があることでで有名です。
その中でも、朝早くからやっている、人気の「キムパッ」のお店があります。
「モニョキムパッ」と呼ばれているお店、日本語にすると「麻薬キムパッ」。
なんで麻薬かというと、一度食べると癖になるほどおいしいからだそうです。
そんなキムパッならば食べなくっちゃね。
と言う訳で、宿からすぐ近くの市場にお出かけしました。

IMG_5533.JPG
麻薬キムパッ1号店は朝から市場で営業していました。
ちょっとわかりにくく、一度通り過ぎてしまいましたが、無事に発見!!。
2号店も同じ市場の中にあるらしいです。
只今キムパッ製作中。

IMG_5535.JPG
細巻きのキムパッは、これで二人分。
値段は一人分2500ウォン(約260円)だから、超安いです。
でも結構な量がありますね。
後ろのタレが決めて、マスタードが効いていて、甘過ぎずにとてもおいしい付けダレです。

IMG_5537.JPG
韓国式おでんも頼んでみました。
一串500ウォン、たった55円です。
こんな寒い日には温かいお伝のスープがおいしいです。
スープのお替りをもらいました。

IMG_5540.JPG
いただきま〜〜す。
うれしそうなメンバーの図。(笑)

IMG_5541.JPG
おでんを食べに走る支配人。

IMG_5543.JPG
何も考えずに食べまくる支配人とは対照的に、じっくりと味わい、自分のお店で再現できないか検証中の松岡さん。
しっかり研修していますね。
これ、松岡さんのお店で食べたい!!。
頑張って味を覚えてね〜〜。

IMG_5546.JPG
細巻きのキムパッは楊枝に刺してタレをつけて食べるんです。
中身は野菜のナムルです。
とってもおいしくて手軽な麻薬キムパッ、本当に癖になりそうです。

IMG_5548.JPG
やはりね、市場ですから、歩くと色々と気になるものがたくさん!!!
酒豪のルーさんは韓国風のかわいいエプロンお買い上げです。(笑)

IMG_5549.JPG
さて、「広蔵市場(クァンジャンシジャン)」から出て、そこよりも川を隔てた南には「芳山市場(パンジャンシジャン)」という市場があります。
ここは東京の下町にある「合羽橋商店街」のように、道具専門の市場です。
なんだかいろいろと買いたくなっちゃいますね、困りました。(笑)

IMG_5550.JPG
そんな中でもさすがに松岡さん、お目当てのものをGET!!。
素晴らしい!!。
楽しい道具街散策が続きます。
posted by 料理長 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2017年12月06日

ジョンシック(ジョン食堂)

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月28日(火)、お昼は遠足で韓国式蕎麦を食べに春川(チュンチョン)まで出かけた私たち。
帰りに爆買いをして、一旦荷物をホテルに置きに行こうとしたら、夕食の予約をしているレストランの予約時間に間に合わないことが判明!!。
爆買いの大荷物を持って、そのレストランへ行くことになってしまいました。(笑)
予約してあるレストランは、ミシュランガイドソウル版で一つ星を獲得し、アジアのベストレストラン50のランキングでも今年の25位という、今回の旅の中で一番の高級店です。
なんだか笑えるでしょ、そんなお店に爆買いの大荷物を持っていくんだもの。
レストランのスタッフも、荷物の多さに驚いていましたよ。(*'▽')

レストランの名前は「ジョンシッタン」(ジョン食堂)と言います。
このレストランは、「分子料理」という手法を取り入れたユニークなレストラン。
アメリカのニューヨークにも支店があるそうです。
さて、どんなモダンな韓国料理を楽しめるか、本当に楽しみです。
今回は「肉」を除いたもので・・・というリクエストをしてみました。

IMG_5499.JPG
前菜が出そろったところで、皆で乾杯です。
高級店なので、松岡さんが緊張気味ですよ。(笑)
酒豪のルーさんは生き生きしていますね。(大笑い)

IMG_5483.JPG
美しく盛り付けられたいくつもの前菜。
とても綺麗です。
どれから手を付けようか迷ってしまいます。

IMG_5485.JPG
ではまず一番真ん中の大きいものから行ってみましょう。
これは荏胡麻の葉の上に乗せられた「鯛」のお刺身。
梅の甘いソースに浸されています。

IMG_5490.JPG
小さい手巻き寿司のようなもの、これは本当に一口サイズです。

IMG_5502.JPG
大きさがわかるでしょ。
海苔は揚げてあります。
カリカリしていておいしい!!。

IMG_5491.JPG
まるで牡蠣のような食べ物、周りが海苔で牡蠣のように見せてあります。
味も牡蠣でした。(笑)
牡蠣とオイスターソース、下に敷いてある白いのはマヨネーズです。
牡蠣と言っても、ひと手間かけて加工してあり、とってもクリーミーです。

IMG_5493.JPG
青海苔に巻かれたライスボール。
これも一口サイズですが、とてもおいしい!!。

IMG_5501.JPG
ライスボールの上には、味付けされた小さなエビが・・・。

IMG_5495.JPG
海老です。
ポンせんを砕いたものが入っています。
前菜全部の味付けが、いかにも韓国的な味付けで、流石韓国フュージョン料理のお店という印象です。

IMG_5496.JPG
この突っ立った揚げ物は、牛蒡を細く切って巻き付けて揚げてあるもので、少し甘めの韓国的な味付けです。
面白い見た目で目立ちますね。

IMG_5503.JPG
前菜が終了して、おかず系のものが出てきました。
これはホタテです。
アスパラのソース。少しマヨネーズっぽい味がします。
下の葉は、お昼に食べた小松菜風のキムチに似た味です。
やや甘めの味付けでした。

IMG_5505.JPG
メインディッシュは「ウニのビビンバ」。
これ、すごくおいしい!!。
お米と粟の組み合わせです。
粟はポップしてあるかのようにカリカリ。海苔とゴマ油のソースがかかっています。

IMG_5508.JPG
そしてお魚のメインです。
鯛にキムチソースをかけていただきます。

IMG_5511.JPG
仕上がりはこんな感じ。
キムチソースと言っても、そんなには辛くありません。少しだけピリ辛!!。
パクチーの味がしました。

IMG_5509.JPG
私はもう一つの選択肢の「スズキ」を選んでみました。
こちらは青海苔が散らしてあり、程よい焼き加減、少し鯛と似たキムチ的なソースはほんの少しだけ下に敷いてあります。

IMG_5514.JPG
そしてスズキには、この小さな瓶に入ったごま油をお好みでかけていただきます。

IMG_5524.JPG
ここでデザート前のお口直しが出てきました。
スタッフが何やら液体をスポイトでかけていきます。

IMG_5518.JPG
カリカリの乾燥きゅうりの下にシャーベット、レモンの氷、ジンのシロップです。
シャーベットの下にもキュウリが入っていて、このキュウリの味はなぜか漬物風の味です。
でもこんな甘いシャーベットもとてもユニークですね。
料理とデザートの橋渡しにぴったりです。

IMG_5525.JPG
最後のデザートです。
栗のクリームの上にバニラアイス。
周りの茶色いひらひらは、カリカリという食感のコーヒーの味。
いったい何からできているか想像すらできません。
栗にうるさい松岡さんは、この栗のクリームが絶品だったそうです。
素晴らしい!!。

IMG_5527.JPG
何やら試験管のようなものが・・・・。
食後のお茶はこの中から選ぶそうです。
コーヒーや蕎麦茶や紅茶など・・・
面白い演出でびっくり。

IMG_5528.JPG
私はそば茶にしました。

IMG_5530.JPG
最後のお茶うけがまた韓国らしいお菓子。
でも伝統菓子ではありませんよ。
一番上の花が付いたお菓子は、実は小さいシュークリーム、花はホワイトチョコレートです。
真ん中の韓国伝統模様のお菓子は、ピーナッツが入ったクッキー。
形の印象と味のギャップが面白いです。
一番下はオーソドックスに生チョコでした。

あ〜〜、食った食った!!。(笑)
今回の旅で一番の高級レストランでの食事、さすがに満足度高かったです。
posted by 料理長 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2017年12月05日

いつものように韓国食材の爆買い(笑)

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月28日(火)、春川でおいしい韓国式蕎麦のマッククスを堪能した私たち。
そして再び特急電車の「ITX青春号」に乗り、ソウルへ戻ってきました。
そして向かったのが、ソウルの河南エリアにある、ホールフードのお店「オルガ」。
オルガは色々なところにお店を出していますが、この河南のお店が一番大きいです。
色々と韓国食材を手に入れたいメンバーたち。
オーガニックのものを中心に、「爆買い」です。(笑)

IMG_5472.JPG
地下鉄を降りていそいそとオルガのお店に吸い込まれるメンバーたち。(笑)
爆買いスタートの銅鑼が鳴り響く!!。(笑)

IMG_5473.JPG
おおっ、熊田さん、韓国海苔をたくさん買っていますね。

IMG_5477.JPG
その上を行くのが松岡さん。
カートまで持ってきちゃいましたよ。
海苔だらけ!!。

IMG_5475.JPG
爆買いのあまり、お店のマネージャーさんに優しくされる松岡さん。(笑)
こんなにたくさん買ってくれるんだからねぇ。

IMG_5476.JPG
海苔の棚は空っぽです。(笑)

IMG_5478.JPG
イェイ〜〜爆買いしたぜ!!。(笑)

IMG_5784.JPG
無酸素処理の上質な韓国海苔もありましたよ。
posted by 料理長 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

とってもおいしい韓国式蕎麦のマッククス

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

韓国式のお蕎麦の「マッククス」だけを食べに、電車に乗り、バスを乗り継いでソウルから約2時間かけてやってきた私たち。
目指すお店は韓国人のブロガーの間で有名なお蕎麦の名店です。
この田舎にありながら、有名だなんて、ちょっと惹かれるものがありますね。
さっそくそのお蕎麦を味わいましょう。

IMG_5446.JPG
お店の雰囲気は、本当に韓国の田舎食堂ですよ。
そしてお店のメニューはとてもシンプル。
しかしハングル文字はお手上げ、全く解読できません。(笑)
でもね、事前の情報で、マッククスの他にジャガイモを使ったシンプルな「カムジャジョン」がおいしいと聞いていたので、それも食べてみることに。

IMG_5451.JPG
カムジャジョンが出てきました。
シンプルだけどおいしそう!!。
付けダレと、野沢菜のような植物のキムチが出てきました。
漬物、発酵した味がしておいしいです。
もちろんカムジャジョンも絶品!!。

IMG_5453.JPG
もうすでにノートまで用意して、研修モードの松岡さん。(笑)
玄米と野菜のお店「松おか」でこれが食べられる日は来るでしょうか??。(#^.^#)

IMG_5457.JPG
でました「マッククス」。
これを食べたくてここまで来たんだもんね。
なんだかとてもおいしそう!!
コチュジャンとお蕎麦、おつゆは自分であとからかける方式です。

IMG_5455.JPG
やかんに入ったおつゆをかけます。
自分の好みでかけるのですが、このお店のは、牛骨出汁のようでした。
だからね、ちょっぴりにしておこう!!。(笑)
大根の水キムチ「トンチミ」のおつゆを掛けたりもするそうですよ。

IMG_5458.JPG
ゴマ油とマスタードの特性薬味もかけていただきます。
ゴマ油が入るととても香りがよくなり、おいしいです。

IMG_5459.JPG
そしてすべてを良く混ぜていただきます。
蕎麦粉100%にも関わらず、とてもコシがあって、繊細な細麺でおいしいです。
おかわりしたいくらい!!。
全てがおいしい!!。
コチュジャンも効いているしね。

IMG_5460.JPG
最後に温かい蕎麦茶(メミル茶)をいただきます。
蕎麦は冷麺だけれど、床がオンドルで温かい!!。
その温かさの上に座っていると、じんわりと下半身が温まります。
そこへ冷たい麺を体の上から流し込む・・・・。
この感覚、とても斬新に思えました。
冷たい麺が次第に体の下へと伝わっていく感じがとても気持ちが良かったです。
床暖房のオンドルに冷麺、韓国らしい食文化の一端を感じることができてうれしいです。

IMG_5461.JPG
まだまだ研修モードの松岡さん。
松岡でこれが食べられたらなぁ〜〜。
蕎麦を押し出す機械を買わないとね。
担いで帰れないかも…。(笑)

IMG_5463.JPG
やはり繁盛店だけあって、蕎麦を押し出す機械が大型です。
上から押し出して、下の湯がぐらぐらと沸いた大鍋に直接蕎麦が落ちていくんですね。
蕎麦が落ちていく瞬間の写真を撮れなかったのが悔しいです。

IMG_5464.JPG
あ〜〜、食った食った!!。
満足の顔をしたメンバーです。(笑)

IMG_5466.JPG
帰りは一直線にソウルへと向かいます。
冬のソナタのロケ地には行きませんでした。
だって食べ歩きオンリーのメンバーだしね。(笑)
特急列車の発車時間まで、少しあるので、駅前のカフェでコーヒータイムです。
posted by 料理長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

韓国式蕎麦を食べに田舎へ移動

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月28日(火)、朝繁華街の明洞でお粥を食べた私たちが向かったのは、韓流ドラマ「冬のソナタ」のロケ地で有名になった「春川」(チュンチョン)です。
ソウルから特急電車で約1時間15分位で気軽に行けるので、たまには足を延ばして田舎に行くのも良いですからねぇ。
この春川の町は、「タッカルビ」と「マッククス」が有名です。
タッカルビは肉こてこての料理なので食べないことにして、韓国式蕎麦の「マッククス」を食べるためだけに私たちは電車に乗って遥々やって来たと言う訳です。
韓国式の蕎麦のマッククスは、日本式みたいに包丁で麺を切りません。
練った生地を「ところてん」のように押し出して麺に仕立てます。
打ち粉を使わずに、押し出してそのまま直に鍋で茹でてしまうんですよ。
そんな蕎麦を食べに、さっそく出かけましょう。

IMG_5441.JPG
特急電車の始発駅は、ソウル駅の南の「龍山駅」です。
駅まで行き、指定席のチケットをGET!!.
10時発の特急「ITX青春号」に乗りました。
席はぐるりと回すことができます。
のんびりと車窓を楽しみながらの短い旅です。

IMG_5468.JPG
だんだん田舎の風景になってきました。
稲刈りのすっかり終わった田んぼが広がります。

IMG_5471.JPG
なんだかこんな風景の韓国も素敵だなぁ〜〜。

IMG_5442.JPG
終点の春川駅を降り、路線バスに乗ってお目当てのお蕎麦屋さんを目指します。
目指すお蕎麦屋さんは、「명가 막국수」(名家マッククス、ミョンガ・マッククスと読みます)の称号が与えられた、韓国人の間でブログによく登場する、おいしいと有名なお蕎麦屋さんです。
さて、何しろ初めての場所だけに、一発勝負で行けるかどうか!!。
バスの「次は〜〜」という停留所のアナウンスによく耳を傾けていないと、聞き逃したら下りそびれてしまいますからね。

IMG_5443.JPG
お〜〜、車内アナウンスが聞き取れました。
丁度良い場所で降りることに成功!!。
でもまるでみんなは「おのぼりさん」状態で、周りをきょろきょろ見ていますよ。(笑)
なんか私がガイドになったみたいです。

IMG_5444.JPG
ありましたありました、目指すお店の「名家マッククス」。
やりましたね〜〜。
posted by 料理長 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

朝粥を食べに行く

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月28日(火)になりました。
前日日本から移動してきた私たち。やや遅めの夕食に精進料理を食べ、ぐっすりと眠りました。
時差がないから体はとても楽です。
そして朝起きて、まず朝お粥を食べようということになり、お粥屋さんが集中しているスポットの「明洞」まで歩いて行きました。
明洞は両替のレートも良いので、必要な現金も両替しました。
さて、お店が開いたばかりのお粥屋さんに入りましょうね。

IMG_5424.JPG
明洞まで歩くことおよそ20分、お腹すかすためにはね、散歩も大事です。(笑)

IMG_5425.JPG
両替を終え、お粥屋さんに入りましょう。
メニューが日本語で書いてあるので楽ちんです。
私は黒ゴマのお粥が食べたいなぁ〜〜。

IMG_5428.JPG
お粥3種類、ジャガイモ餅2個をみんなでシェアして食べました。
お目当ての黒ゴマ粥は品切れだって!!。
チッ!!、残念。
でもね、此処のお店の店員さんがもう本当に感じが悪いです。
店員さんのおすすめ以外のばかり頼んだから、怒っている感じが手に取るようにわかります。
運ばれてきたキムチの入れ物を、ドズンと机に投げつけるように置いていきます。
まあ入ってしまったからしょうがないけれど、もうこういうお店には二度と行きたくありません。
オーナーもお店に居たけれど、知らん顔してますからね。

IMG_5426.JPG
気を取り直してお粥を食べましょう。
山芋のお粥と野菜のお粥です。

IMG_5430.JPG
こちらはアワビのお粥。

IMG_5432.JPG
ジャガイモもちが出てきました。
透明感のある、片栗粉を使ったお餅です。

IMG_5438.JPG
中には白いんげん豆の餡が入っいていました。
これ、一口サイズておいしいから、作ってみたいです。

IMG_5433.JPG
うれしそうに食べるメンバーたち。
目的は食べ歩きだもんね。

IMG_5440.JPG
店の入り口に面白い看板が・・・・
「生息子きのこ」ってなぁに??。(大笑い)
posted by 料理長 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2017年12月03日

テンプルフード・レストラン「マジ」

この記事は私達が2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ出かけた時のことを、後から書いたものです。

11月27日(月)に成田を出発し、私たちは韓国のソウルへ定刻に到着しました。
そして入国手続きを経て、空港鉄道に乗りソウル駅へ。
そこから荷物を持ったまま、予約してあるテンプルフード・レストラン「マジ」(精進料理)へとタクシーで向かいました。
タクシーの運転手さんが場所を知らずに、韓国語ができない私は説明するのがとても大変。
業を煮やした運転手さん、携帯電話を取り出して、直接電話するから番号を教えろ・・・だって。
でもその方が早いもんね。
ということで、無事に、というか、予約してある時間に遅れること約20分で到着しました。

この韓国版精進料理のレストランは私は3回目です。
でも今回は前回の時と違って、場所が移転していました。
移転して、韓国の伝統的スタイルの建物「韓屋」になり、とても良い雰囲気になっていましたよ。
さて、食べ歩きの第一歩が始まります。

IMG_5423.JPG
到着しました。
なんだかとても落ち着いた店構えです。
夜の明かりに照らされて美しい!!。

IMG_5412.JPG
店内も「韓屋」スタイル。
素晴らしいです。

IMG_5375.JPG
まずは皆で乾杯!!。
このレストランの社長さんはとても若い美人さんです。
今日は私たちにサービスでシャンパンを出してくれました。
社長自ら飲むので、自分も乾杯の仲間入りだそうです。(笑)
でも歓迎されているようで、うれしいです。

IMG_5376.JPG
最初はサラダから。
ドレッシングがおいしい!!。
リンゴとナシを摩り下ろしたものだそうです。
韓国の伝統料理って、甘みによく梨の下したものを使いますからね。
とてもおいしいです。

IMG_5377.JPG
こちらは塩味が付いていない「かぼちゃ粥」。

IMG_5379.JPG
最初の豪華な料理はこちら、「九節板(クジョルパン)」です。
クジョルパンは、韓国の伝統的な宮廷料理で、お祝いなどの特別な時に食べる高級料理なんです。
本来は錦糸卵や海鮮、ナムルなど8種類のものと、真中にそれを包んで食べる、薄く焼いた丸いクレープのようなチヂミ(ミルチョンビョン)とを合わせて9種類、というものなんですが、今回はもちろん全部ベジ。しかもテンプルフードだから「五葷(ごくん)」抜きです。
真ん中のクレープは米粉で出来ています。
付けダレに漬けて食べると、とてももっちりしていておいしい!!。
タレは、ゴマ油と梨おろしと少しの唐辛子で出来ています。
ナムルがとても綺麗に切られていますね。これは全部手で切っているんですよ。
すごい手間暇をかけていますね。
手前の真ん中から時計回りに「人参」「ピーマン」「ビーツ」「大豆たんぱく」「若いカボチャ」「大根」「赤いパプリカ」「黄色いパプリカ」です。
色を大切にする韓国料理、本当に綺麗です。

IMG_5381.JPG
ではみんなで写真を撮りましょうね。
食べ歩きの第一歩ですから。(笑)

IMG_5384.JPG
次は牛蒡の細切りが入ったチャプチェです。
これは「春雨」を炒めた韓国料理です。
これもおいしいなぁ〜〜。

IMG_5391.JPG
超豪華な韓国式鍋「神仙炉(シンソンロ)」。
真ん中が煙突になっていて、そこから火が出ていますね。
韓国で大切にしている「五色」をきれいに並べたおいしそうな鍋です。
鍋の水分がなくなってきたら、シイタケと昆布で取った出汁を加えます。
時間が経つともう濃厚出汁でとてもおいしい!!。
ルーさんが驚いて見ています。

IMG_5389.JPG
超豪華な韓国式鍋「神仙炉(シンソンロ)」。
これも宮中料理が発祥のいわば「韓国式寄せ鍋」で、様々な食べ物を一つの鍋て食べることから、団結を固めるための食べ物だそうです。
そして、韓国料理は、5色の色合いを大切にするということで、いかにベジタリアン料理であっても、その色合いを大切にして、本当に見た目の美しい料理になっていますね。
煙突から出てくる青い焔が印象的です。

IMG_5396.JPG
鍋の中身を取り分けていただきます。
猫舌の私にはかなりきついっす。(笑)
鍋の真ん中の白い丸いのは白玉団子です。

IMG_5395.JPG
お酒のみのルーさん、マッコリを独り占め!!。(笑)

IMG_5397.JPG
精進キムチです。
テンプルフードだから「五葷(ごくん)」抜き!!。
にんにくなくてもおいしいですよ。

IMG_5402.JPG
一人一人にこのおかずが出てきます。
すごい豪華!!。
真中が「シイタケの酢豚風」。右斜め上のアルミホイルに入っているのが「ピーナッツ、レーズンなどの金山時味噌和え」。
そこから時計周りに「がんもどきのすりおろし梨のせ」。
次は「マー」と呼ぶ「長芋」。一口かじってしまいましたが・・・(笑)。
一番下は激からの唐辛子のテンジャン和え。食べると口が「神仙炉」になってしまいます。はひ〜〜涙ぽろり(笑)
次は「ナツメの詰め物」。中は豆腐を加工し、挽肉のようにしたものが入っています。シイタケのみじん切りも。
その上は「ツルニンジンのコチジャン和え」。これ、私の大好物です。
その上は「エリンギのソテー」。
真上が、「エゴマの葉の醤油漬け」。
実はこの説明、私が食べた感覚で書いているので、もしかしたら違うかもしれませんが、こんな印象のおかずでした。(笑)

IMG_5403.JPG
お〜〜、ノートに書きこむ松岡さん。
そうですよ、今回は「研修旅行」ですからね、研修!!。
研修万歳!!。(笑)

IMG_5407.JPG
次は「冷麺」です。
葛が入った冷麺で、とてもコシがあります。
これにも梨をおろしたタレがかかっています。
唐辛子が入り、ピリッと辛く、甘いおいしいたれが最高です。

IMG_5405.JPG
最後のデザートです。
左から「干し柿の胡桃包み」「みかん」「蓮根チップス」です。

IMG_5409.JPG
最後のお茶は、なんと!!「松ぼっくりのお茶」ですって!!。
松ぼっくりなんて、タンボ・ロッジの庭にごろごろ落ちているぞ!!。
もしかしてこうして使えるかも!!。
研究しなくっちゃね。

IMG_5416.JPG
お店の中庭に、味噌や醤油、コチュジャンなどを仕込んだ壺が置かれています。
梅のシロップ漬けもあり、すごいです。
ちょっと味見させていただいちゃいました。
さすがに醗酵文化の国ですね。

IMG_5418.JPG
皆で写真を撮りましょう。
一番左の方は、社長さんのお母さん。
このお母さんの包丁さばきがすごいんです。
クジュルパンの野菜、本当に見事でしたからね。

IMG_5420.JPG
あっ、私も写らなくっちゃ!!。
ルーさんに撮ってもらいました。
とても満腹!!。
さて、これから荷物を持って、ホテルにチェックインです。
こうしてソウル初日の夜は更けていきました。
posted by 料理長 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

2017年12月02日

松おか弁当食べて元気に出国

私たちタンボ・ロッジの料理長と支配人は、2017年11月27日から12月1日まで、韓国へ食べ歩きに行ってきました。
僅か4泊5日だけれど、内容濃い旅ができましたよ。
今回は、那須町で玄米と野菜のお店「松おか」をやっている松岡さんと、友人の熊田さん、ルーさんと5人組で出かけました。
そして私たちタンボ・ロッジ組は1泊居残りして、さらに食べ歩いてきました。
さて、どんな道中だったでしょうか。
少しずつ事後にアップしていこうと思います。

11月27日(月)、成田空港で全員集合です。
航空会社は大韓航空を使いました。
だから機内食が出るんですね。
でもなんだかお腹すいたけれど、食べ歩く前だから我慢しようと思っていた矢先、なんと、松岡さんがお弁当を人数分運んできてくれました。
自分のお店のベジ弁当ですよ!!。
とてもおいしそう!!

IMG_5370.JPG
わ〜〜、これはすごい!!。
なんと栗ご飯!!。
栗大好きな松岡さんらしいです。
うれしいなぁ〜〜。
でもこれ、中には持ち込めないですよね、手に持つオーバーになっちゃうし。
そこで空港のチェックインカウンターの傍で食べることに‥‥。

IMG_5372.JPG
こんなところで弁当広げて食べている人って、見たことないです。(笑)
なんとも言えない長閑なピクニックから旅は始まりました。

IMG_5374.JPG
行きの大韓航空の機内食です。
もちろんビーガンリクエストをしておきました。
カボチャのペーストと、トウモロコシと雑穀のピューレ、野菜のソテーがメインディッシュ、茄子とトマトのそーてーのサラダとスイカとオレンジとパンがついています。
なんとも言えないシンプルさ。
まあ機内食ですからね、期待は全然していませんでしたから。(笑)
posted by 料理長 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食べ歩き

休暇から帰りました

11月27日(月)からの韓国食べ歩きから、今日帰ってきました。
タンボ・ロッジは通常営業に戻ります。
ありがとうございます。
posted by 料理長 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳