2017年12月22日

冬至に小豆を

今日は「冬至」。
一年で一番昼が短い日です。
冬至には小豆を食べると良いそうなので、今日はそれを実行しました。
でもね、日本人は「小豆」イコール「甘い」という方程式にがんじがらめになっている人がほとんどです。
しかし、お隣の国「韓国」では、小豆は二刀流!!。
甘くもするし、塩味にもします。
その塩味の小豆は日本人には受け入れられない人がほとんどだけれど、でもね、騙されたと思って食べてみてください、とてもおいしいですからね。
と言う訳で、今日は冬至に小豆を食べるということが日本以上に当たり前の国、韓国の食べ方で食べてみました。
そう、「小豆麺」です。
先週手作りした「キムチ」を上に乗せて食べると、もう本当においしいです。!!
これ、絶品!!。
韓国の小豆麺については、こちらの記事を見てね

IMG_5921.JPG
小豆は「漉し餡」タイプを使います。
麺の量に比べると、ちょっと小豆が少ないように見えますが、濃厚に作りすぎました。(笑)
そして手作りのビーガン・キムチを乗せていただきます。

IMG_5922.JPG
うどんも自然農法の古代小麦から作ったこだわりのうどんです。
もうこの組み合わせがめちゃウマ!!。
冬至の日だけでなく、冬に時々やろうと思います。
賄ですけどね。
posted by 料理長 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

チューニョ作り開始!!

北海道の自然農法農家の秋場さんから「自然農法のジャガイモ」が届きました。
30sもあります。
でもね、これを一気に全部食べようと言う訳ではありませんよ〜〜。(笑)
30sの中から小さいジャガイモを選び出し、アンデスの加工品「チューニョ」を作ろうという魂胆です。
最近天気が良く、晴れているけれど放射冷却で早朝はマイナス10℃にもなるので、この冷え込みを利用しようと言う訳です。
さっそく選別し、手作りのチューニョ作り専用の網に並べて凍結させることにしました。

IMG_5917.JPG
10sひと箱が3箱です。
選別開始!!。

IMG_5919.JPG
タンボ・ロッジの薪小屋の前に並べました。
今日は天気も快晴、放射冷却で冷え込んで欲しいです。
寒いのやだけどね。(笑)

こと葉で夕食

昨日は宇都宮近郊の本山に登ってきました。
そしてその帰り、温泉で登山の汗を流し、向かった先は黒磯にある穀物菜食のレストラン「こと葉」です。
こと葉は夕方の6時まで営業ですので、5時くらいに入ると早めの夕食が食べられるんです。
遅い時間に行って粘る嫌なお客になり、(笑)早めの夕食をいただいちゃいました。
とってもおいしかったです。

IMG_5913.JPG
この日のこと葉のプレート。
豪華で華やかでおいしいです。

IMG_5915.JPG
大根のソテーで挟まれた、レンズ豆の煮もの。
これ、とてもかわいいしおいしかったです。

本山(もとやま)に登る

昨日(12月21日)は空気は冷たい日でしたが、天気がとても良い予報です。
そこで、雪のない宇都宮近郊の手軽に登れる山「本山(もとやま)」に登ってきました。
私たちにとって、今年最後の登山です。

IMG_5882.JPG
子供の森公園から登り始めます。
公園だけあって、とてもよく整備されていました。

IMG_5887.JPG
急な山道を登り、展望台を過ぎると、木漏れ日の中の散策の様な山道になりました。
とても気持ち良いです。

IMG_5889.JPG
登ることおよそ1時間、まず最初の山「榛名山」(標高524m)に到着です。

IMG_5890.JPG
榛名山からの展望は抜群です。
雪を被った日光連山の男体山、女鋒山、大真名子山などが手に取るように眺められました。
タンボ・ロッジはあの山の向こう側にあるんですよ。

IMG_5891.JPG
榛名山で一休みした後、次の山「男山」に到着です。
ここでも一休み。

IMG_5900.JPG
そして今回の最高峰の「本山」(標高562m)に到着です。
360度見渡せる、ものすごい展望の良い山です。

IMG_5906.JPG
2つ見える山頂が今歩いてきたコースです。
手前がさっき登った「男山」、その向こうが最初に到達した「榛名山」です。

IMG_5905.JPG
抜群の展望の場所で、ランチタイムです。
例によって「ベジラーメン」を作ります。(笑)

IMG_5911.JPG
山頂でベジラーメンを堪能した後は、下山しました。
杉の植林の中を歩くけれど、木漏れ日がとても気持ち良かったです。
posted by 料理長 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山&温泉&散歩