2018年03月07日

持ち回りの食の勉強会12回目は朝倉さんのイタリアコース料理

昨日は、栃木県北部と福島県南部のベジ&自然食系のプロフェッショナルによる勉強会の日でした。
「勉強会」なんて呼んでいるけれど、食べさせていただく側は最高に楽しい!!(笑)。
この勉強会は、地域限定で同業者が集まり、持ち回りでおいしい料理を披露する、勉強会と情報交換を兼ねた、懇親会みたいなものです。
食べる側は楽しいけど、作る側はかなりの緊張感と頑張りが必要ですからね。
しかしそれがレベルアップにつながり、とても楽しい会なんです。
この日も夜遅くまで、とても盛り上がり、楽しかったです。そして美味しかったです。
私はかねてから、イタリア料理に精通している朝倉さんのコース料理が食べてみたかったんです。
だからね、前回のタンボ・ロッジの番の時にお呼びして、ご馳走を食べていただき、「次回はお願い」と根回しをしました。(つまり「餌」を撒いておいたんです。(笑))
快くOKしていただいたので、今回は本当に楽しみです。

IMG_6626.JPG
三々五々、メンバーたちが集まりました。
最後の仕上げに忙しい朝倉さん。
この段階で、結構大変だったらしく、「へんなもの請けちゃったな〜〜」と漏らして大笑いです。

IMG_6627.JPG
さて、朝倉さんのイタリアンのコース料理が始まります。
まずは用意されたパンたち。
実は左側の食パンは、このお日の朝私が焼いてきた「自家製粉米粉100%の1.5斤の食パン」です。
あまりに良くできたので、皆様に食べていただきたくて持ってきました。

IMG_6631.JPG
朝倉さんの用意したパンと、私が持ってきた米粉のパン。
こんなにオリーブオイルを塗って、ちょっとガーリックの香りをつけると、もう本当に最高!!。
自画自賛ですけど(笑)。

IMG_6633.JPG
最初はサラダから。
セロリと人参のサラダ。
魚醤が隠し味で入っています。
ちょっぴりベジではないけど、たまに食べると旨味がわかります。

IMG_6635.JPG
菊芋のバルサミコソテー。
こんな味の菊芋を初めて食べました。感動の味!!。
これのレシピを聞くの忘れました。
ぜひ自分でも作ってみたいです。

IMG_6639.JPG
オリーブオイルたっぷりの椎茸のマリネとオリーブの塩水付漬け。
これもおいしい!!。

IMG_6640.JPG
ブルスケッタ。
トマトはもちろん朝倉アイテムのイタリアの自然農法のトマトピューレです。
ピューレ、味が濃厚でとても使い勝手が良いので、タンボ・ロッジでも重宝しています。
ありがたやありがたや〜〜。

IMG_6644.JPG
春菊のスープ。
昆布出汁などを使わないイタリア料理では、ベジでやるには素材の旨味を有効に使わないといけません。
このスープは、レンズ豆を煮た時の煮汁と野菜と塩とオリーブオイルだけで出来ています。
シンプルだけど、おいしいねぇ〜。
煮汁も有効に使うなんて、憎いなぁ〜〜。(笑)

IMG_6647.JPG
レンズ豆とひよこ豆のサラダ。レモンの酸味とセロリの香が味を引き締めます。
この豆のゆで汁は先程のスープに使っています。
この粒が小さくて厚みがある、イタリアの自然農法の伝統種のレンズ豆、とても味が濃厚で味わい深いです。
タンボ・ロッジでも時々使っています。
こういう良いものを輸入してくれている朝倉さんに感謝です。

IMG_6649.JPG
じゃが芋のグラタンです。
3層になっています。
真ん中の層が玉ねぎの旨味が出るような方法でソテーしたものが入っています。
朝倉マジックの素晴らしい料理!!。

IMG_6652.JPG
メインディッシュはパスタ2種類です。
最初は菜の花のパスタ。
菜の花たっぷり、オリーブオイルたっぷりです。

IMG_6658.JPG
トマトのパスタ。
塩漬けケッパーと、オリーブの実が入ります。
パスタはもちろん朝倉さんが輸入している古代小麦のパスタです。

IMG_6662.JPG
最後のデザートがこれ。
フルーツのマチェドニア、豆乳アイス入り。
「マチェドニア」と言うのは、イタリアで「マケドニア」を呼ぶ言葉。
マケドニアはバルカン半島の中央部にある地域で、現在は3つの国にまたがっているけれど、色々な民族が隣り合わせで暮らしている地域です。
ですから、このような色々なフルーツが入ったカクテルは、多民族の意味で、「マケドニア」と呼ばれています。
これもいろいろなフルーツが入っていますね。
バニラの香りがアクセントのデザートです。

IMG_6663.JPG
デザートを前に、全員の集合写真です。
私は撮る人だから、写っていませんが・・・。
もうお腹いっぱい!!。
そして朝倉さんのコース料理なんて、めったに食べられないものを今回無理無理にお願いしちゃったけれど、実現できて、とてもうれしいです。
それを同業者の仲間たちと共有出来てとてもうれしいです。
朝倉さん、お疲れさまでした。そしてご馳走様でした。
ご参加してくださったメンバーの皆様も、ありがとうございます。
posted by 料理長 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳