2018年05月16日

「パン焼き器」で焼く自家製粉の米粉パン教室

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジのイベント、「パン焼き器」で焼く自家製粉の米粉パン教室の日でした。
平日にもかかわらず、遠くからたくさんの方に集まっていただき、とてもうれしいです。
御参加された皆様、ありがとうございます。

さて、いつもの様に教室は午後3時半から始まりました。
今回は時間の関係から、タミパンなどの「パン焼き機」で焼く米粉パン、無水鍋で焼く米粉のフォカッチャ、1.5斤の食パン の中から参加された皆様の意見を伺って2つにしようと決めていました。
その他に、支配人が焼く1次発酵だけの米粉パンも入るので、午後3時半から夕食までの間に、そんなにたくさんできないと思っていたからです。
ところが3つを提案すると、全員が全てやってほしい‥‥!!!と。
強い要望に押されて苦しむわたくし!!(笑)
で、結局3つ全てをやることに‥‥。
支配人のパンも合わせると、合計で4つの作る、めちゃくちゃ忙しい、内容詰込み教室になってしまいました。
でもね、なんとかなっちゃいましたよ〜〜・・・かなり疲れてしまいましたが。(笑)

IMG_7512.JPG
夕食が少し遅れても皆様我慢するという条件で、3タイプの自家製風の米粉を使った米粉パン教室がスタートです。
パンって発酵時間がありますよね。
わたくし担当の3つのタイプは、1次発酵して、それからパンチングをし、焼き型に入れて2次発酵させるタイプです。
ですから、発酵時間を利用して、同時進行形で3タイプを進めていきました。
なんだかどれがどれだかわからなくなりそう!!。
でも間違えることなくできました。
ホッと一息。

IMG_7517.JPG
私の忙しい3つ同時進行のパン焼きが焼きに入ったあたりで、支配人にバトンタッチです。
支配人が焼くのは、ひよこ豆粉を入れた、1次発酵だけの簡単パン。
こちらはさっきと打って変わってのんびりムードでした。(笑)

IMG_7521.JPG
やっほ〜〜、まず最初に焼き上がったのは、「無水鍋で焼く米粉100%のフォカッチャ」です。
トッピングの黒オリーブの輪切りが密度高し!!。
ふわふわに焼き上がりました。

IMG_7523.JPG
続いて「タミパン」で焼いたパンと、一番手間のかかる1.5斤パンも焼き上がりました。

IMG_7525.JPG
そして楽しいアンデス・マクロビオティックの夕食です。
これは前菜のプレート。
ピンク色のが「ペルーのロシア風サラダ」、手前のは「黒豆テンペのペルー風南蛮漬け」です。
メインディッシュとスープの写真は撮り忘れました。(笑)
途中で支配人のパンも焼け、4つともそろって焼き上がりです。

IMG_7531.JPG
今回のマクロ・スイーツは豪華に3つも!!。
一番手前はご存知のカスタードプリンですが、もちろん卵は使いません。
でも味と食感はそっくりですよ。
そして右の3色ケーキは、韓国の「ぺクソルギ」という伝統的な米粉スイーツを現代的にアレンジしたものです。
そして後ろの茶色いものは、最近開発した米粉のエンゼルパイ。
中に入っている「マシュマロ」も、米粉で作りました。
3つも揃うとかなり豪華ですね〜〜。

IMG_7533.JPG
翌朝(今日の朝)です。
4種類の米粉パンが並びました。
小麦は使っていません。
タンボ・ロッジの朝食として、その4種類を楽しんでいただきました。
すごい豪華版です。

今日は平日にもかかわらず、遠くから参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。
自家製粉米粉のパン作りを楽しんでくださいね。
posted by 料理長 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事