2018年06月29日

熊野詣(6)シンプルな郷土色、めはり寿司三昧

今回の6月18日と19日の熊野詣での折に、3回も食べた熊野の郷土食「めはり寿司」。
なるべくベジで旅行したい私たちにとっては、とてもありがたい郷土食でした。
でもね、実は初めて食べた時は、「めはり」という魚が入っているのかと思ったわたくし。
実態を知って大笑いしました。
熊野名物の目はり寿司は、大きめの葉の「高菜」を塩漬けにしたものを広げて、そこにご飯を包み込んだ、いわば「高菜のおむすび」みたいなものです。
中のご飯も甘酸っぱい「すし飯」かと思ったらなんと!!、普通の混ぜご飯や白ご飯なんです。
これには驚きました。
寿司じゃないじゃんねぇ。(笑)

IMG_7879.JPG
熊野初日の夕食に食べためはり寿司は写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ほぼこちらと同じです。
この写真のは、「熊野那智大社」近くの食堂でいただいたものです。
一皿3個のめはり寿司。
中のご飯は高菜の茎の部分が入った混ぜご飯でした。

IMG_7880.JPG
わ〜〜い、頂きま〜〜す。
小雨の中、熊野古道を歩いて熊野那智大社へと参拝した後だけに、お腹めちゃすいていましたからね。

IMG_7881.JPG
こちらがその中身です。

IMG_7963.JPG
そしてこちらは、すべての予定を終え、高速道路に乗る直前にJR熊野駅前にある、レトロな駅前食堂でいただいた「めはり寿司」。
お店の方に「めはり寿司2つください」と注文したら、一瞬「え?」という顔をされましたが、理由がわかりました。
なんと!!一皿5個も付いています。
一人分にしてはかなりのボリューム。
しかも付け合わせがお寿司の「がり」ですよ!!。

IMG_7965.JPG
でもね、これから高速道路を使って、タンボ・ロッジまで一気に帰るので、たくさん食べておかなくっちゃね。(笑)
付け合わせがシンプル過ぎるので、さすがに味噌汁を別注文しました。

IMG_7966.JPG
こちらのお店のめはり寿司の中のご飯は、単なる白ご飯でした。
なんで「高菜のおむすび」と呼ばないのか不思議です。
寿司と呼ぶとは驚き!!
posted by 料理長 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

熊野詣(5)瀞峡&熊野本宮大社&丸山千枚田

6月19日(火)、この日はタンボ・ロッジへと帰る日です。
でも熊野詣の最後の「熊野本宮大社」へまだ行っていないし、泊まった温泉の近くの瀞峡の観光船にも乗りたいし・・・と言う訳で、まずは瀞峡廻の観光船に乗ることにしました。
ゆったりと流れる新宮川を船で観光します。
道路がない遥か過去の時代には、こうした川を使った水運が盛んだったそうで、その名残という形で存続した「瀞峡めぐりの遊覧船」。
ゆったりとした川面を眺めながら、まったりとした時間が流れていきました。

IMG_7929.JPG
やっほ〜〜!!。
観光船に乗船します。
桟橋がないのにびっくりです。
浅い川を航行するために、こんなに簡単に接岸できてしまうんですね。

IMG_7931.JPG
船はゆっくりと(と言っても時速40q位だそうです)川を遡ります。
ゆったりとした時間が流れます。
川面から外の風景を眺めることってめったにないので、貴重な体験でした。

IMG_7933.JPG
岩が切り立つ「瀞峡」に入りました。

IMG_7937.JPG
瀞峡の中ほどで、下船して休憩時間がありました。

IMG_7936.JPG
とても良い眺め!!。
廃業した昔のホテルが崖の上に建っています。

IMG_7941.JPG
上の方に登って瀞峡を眺めてみました。

IMG_7942.JPG
瀞峡めぐりの観光船を下船し、「熊野本宮大社」に到着です。
これで私たちの熊野詣が終わります。

IMG_7944.JPG
のぼり旗がはためく石段を登れば、熊野本宮大社の社殿に到着です。
さあ、あとはタンボ・ロッジへと戻りましょう。

IMG_7950.JPG
高速道路へと向かう途中に、有名な「丸山千枚田」があります。
小雨が降っていましたが、ちょっと寄り道して少し歩き、千枚田を堪能しました。

IMG_7955.JPG
田圃の手入れをする人もいました。
こんな小さい田んぼを維持するのは、すべて手作業でないとできないから、かなり大変だと思います。

IMG_7956.JPG
霧のかかる山と丸山千枚田の風景です。
posted by 料理長 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年06月28日

熊野詣(4)トロッコ列車に乗って温泉へ

6月18日(月)、那智の滝を参拝し、私たちが向かったのは「入鹿温泉」です。
この日はここの温泉に宿泊します。
この温泉、事実にユニークなんですが、温泉の宿のあるそばから、昔の鉱山鉄道を利用したトロッコ列車が出ていて、約2Km先にある「湯ノ口温泉」まで列車に乗って入りに行けるんです。
鉄道大好きな私ですから、これはいかない手はありませんね。
と言う訳で、午後4時発の最終列車で湯ノ口温泉に向かいました。

IMG_7900.JPG
めちゃくちゃ可愛いトロッコ列車。
車内は立ち上がると天井に頭がつかえてしまうほど小さいです。
そして木造車両でもあります。
これは鉱山がまだ現役だったころ、鉱山労働者やその家族を運ぶ車両だったそうです。
まるで遊園地みたいで楽しい!!(^^♬♪♬~♫!

IMG_7904.JPG
さっそく約2Km先の湯ノ口温泉を目指して発車しました。
ガタゴトと結構揺れますねぇ。

IMG_7906.JPG
鉱山鉄道だけあって、湯ノ口温泉までの区間はほとんどがトンネルです。
なんだかとても幻想的。
お伽噺の世界を旅しているみたいです。

IMG_7917.JPG
約10分ほどで湯ノ口温泉駅に到着です。

IMG_7915.JPG
お客様は私たち二人だけでした。
トロッコ列車を引く機関車はバッテリーで充電して走るタイプなので、すごく小さいです。

IMG_7916.JPG
客車がめちゃくちゃかわいい!!

IMG_7918.JPG
さて、のんびりと湯ノ口温泉につかった後、帰りの5時10分発の最終列車に乗り込みます。
お客様はやはり私たち二人だけなので、なんと!!運転席に乗せてくれました。
わ〜〜い、と喜ぶ支配人。(笑)

IMG_7919.JPG
わたしもわたしも・・・(笑)
写真まで撮ってもらっちゃったもんね。

IMG_7923.JPG
温泉で温まった帰りもまたトンネルの中。
ファンタジックなトロッコ列車の小さい旅でした。
posted by 料理長 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年06月26日

熊野詣(3)那智飛龍大神

6月18日(月)、熊野古道を少し歩いて熊野那智大社から青岸渡寺へとやってきた私たち。
今回の旅行の最大の目的の「那智の滝」を間近で見るために、さらに歩いて滝の麓にある「飛龍神社」へとやって来ました。

IMG_7882.JPG
飛龍神社入り口の鳥居。
もうこの辺りで那智の滝の轟音が響きます。
すごい滝のエネルギーに満ち満ちていて、とても癒される〜〜。(^^♬♪♬~♫!

IMG_7883.JPG
那智の滝がご神体の飛龍神社の境内からは、間近に那智の滝を見ることが出来ます。
しかし、ここから¥300を払ってさらに滝の袂まで行けるので、行ってみました。

IMG_7888.JPG
すごい滝のエネルギーを感じます。
霧雨が降っていたけれど、きっと晴れていても、この日と同じように滝のすぐ下は滝のしぶきを浴びることでしょう。
滝のエネルギーに圧倒されてしまいます。

IMG_7894.JPG
すごいすごいエネルギ〜〜。
まさしく「那智の滝の白龍様」がいるようなエネルギーを感じました。

IMG_7895.JPG
まるで白龍様が天に上るような那智の滝。
瀬戸龍介というミュージシャンの「華厳絵巻曲」に収められた「七千飛瀧大神」という曲があります。
私の大好きな曲ですが、その音楽を彷彿とさせる「白龍様」に会えたような気がしました。
音楽を聴きたい方はこちらをクリック!!。

IMG_7899.JPG
白龍様に会った後、歩いて車を止めてある駐車場まで下山しました。
たくさん歩いたからね、ちょいとここらで「那智黒ソフト」を食べましょう。
那智名物の「那智黒」という黒雨のソフトクリームです。
posted by 料理長 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

熊野詣(2)熊野古道を歩いて熊野那智大社へ

6月18日(月)、熊野速玉大社のお参りを済ませ、那智の山へと向かいます。
那智山の下の駐車場に車を止め、少しだけ「熊野古道」を歩いてみました。
「大門坂」と呼ばれる熊野古道の坂は、石畳の階段が付いていて、それほど急ではないけれど、山頂の熊野那智大社まで結構な登りを登らないといけません。
小雨の降る中、傘を差しながらゆっくりと昇りました。

IMG_7857.JPG
大門坂から那智山へと昇り始めます。
登山ではないから、めちゃくちゃ軽装備!!。(笑)
ここから熊野那智大社まで約1時間の登りです。

IMG_7859.JPG
さすが梅雨だけあって、アジサイがとても綺麗に咲いていました。
それにしても立派な杉並木です。

IMG_7860.JPG
この日は台風から変わった熱帯低気圧が接近していましたが、小雨で良かったです。
濡れる石畳をゆっくりと登りましょう。

IMG_7863.JPG
熊野古道の立派な杉並木の中を登る参拝者。
荘厳な雰囲気で、山のエネルギーが感じられます。

IMG_7866.JPG
階段は次第に急になり、かなり息が切れてきたころに「熊野那智大社」に到着しました。
最後の階段を上る支配人。

IMG_7868.JPG
「熊野那智大社」は残念ながら修復中で、社殿の全体を見ることが出来ませんでしたが、とても美しい神社でした。

IMG_7871.JPG
熊野那智大社のお隣にある「青岸渡寺」。
古さを感じさせる荘厳なお寺です。
が、こちらのお寺も残念ながら修復中で、堂宇の全体を外から見ることが出来ませんでした。

IMG_7872.JPG
那智の滝と初対面です。
青岸渡寺の三重塔と那智の滝。
とっても美しい風景です。
posted by 料理長 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年06月25日

熊野詣(1)熊野速玉大社

6月18日(月)、お伊勢さん参りの後、私たちが向かったのは、伊勢から車で2〜3時間の紀伊半島の先端に近い「熊野」です。
今回はちょっと足を延ばし、初めての熊野詣をしてみることにしました。
熊野と言えば、那智の滝が有名ですね。
もちろんその那智の滝が一番の目的ですが、それと共に、「熊野三山」の「熊野速玉大社」「熊野那智大社&青岸渡寺」「熊野本宮大社」と回る予定です。
まずは「熊野速玉大社」から熊野詣がスタートしました。

IMG_7845.JPG
美しい社殿の「熊野速玉大社」。
ここが全国にある「熊野神社」の総本宮だと聞いてびっくり!!。
立派な社殿にうっとりです。

IMG_7849.JPG
そして熊野速玉大社の摂社の「神倉神社」へも足を延ばしてみました。

IMG_7851.JPG
わぉ〜〜、めちゃくちゃ急な石段を登らないといけないのにびっくり!!。
すごいですこの石段。
今まで色々な神社へ行ったことがあるけれど、こんなに急な石段は初めてかもしれません。
早くも帰りを気にする支配人。
急な下りに弱いからねぇ。

IMG_7852.JPG
石段を上ること、548段。
頂上に神社に着きました。
この神社は、日本書紀などにも登場する、本当に歴史の古い神社です。

IMG_7853.JPG
社の横からは、新宮市内が良く見渡せました。
中々歩きごたえある神社です。
posted by 料理長 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

伊勢のベジタリアン・レストラン「喜心」

6月17日(日)、お伊勢参りが終わり、私たちはランチを食べにベジタリアン・レストランへ向かいました。
お伊勢参りの時に私たちが良く食べに行くベジタリアン・レストランはこのお店です。
このお店の特徴は、ご飯の大盛りだけではなく、なんと!!おかずの大盛りもあるんです。
お伊勢参りでたくさん歩いた私たちは、いつも腹ペコでこのお店に向かいます。(笑)
今回もまた同じようにたくさん歩いたしね、おかずとご飯の大盛りです。

IMG_7833.JPG
やって来ましたベジタリアン・レストラン「喜心」。
早く食べたいよぉ〜〜・・・と叫ぶ支配人です。(笑)

IMG_7835.JPG
この日のメニューがボードに書かれていました。
とてもおいしそう!!。

IMG_7837.JPG
わ〜〜い、豪華なランチのプレートです。
とってもおいしい!!。
沢山おかずがあってうれしいです。

IMG_7839.JPG
支配人もうれしそう!!。
結構歩いたからね、この日も。←大食いの言い訳(笑)

IMG_7841.JPG
食後の仕上げはこちらです。
玄米のプディング。
素朴だけれどとてもおいしいです。

2018年06月24日

お伊勢さん参り

6月16日(土)、名古屋のヘルシングあいさんでの「こめっ粉40」パン教室を終えた私たちは、そのまま伊勢に行き、泊まりました。
そして翌日の17日(日)は「お伊勢さん参り」です。
名古屋でパン教室をやるのも、その後のお伊勢さん参りがあるから・・・と言ったら怒られそうだけれど、実はこれ、本音です。(笑)

IMG_7816.JPG
朝、まずは「外宮」へ行きました。
お伊勢さん参りはまずは外宮を参拝してから内宮へお参りするのがしきたりです。
外宮は食にまつわる神様がお祭りされている所。
食にかかわる仕事をしているわたくしは特によくお参りしないとね。

IMG_7813.JPG
朝やや早めなので、外宮の森はまだ人もまばらでとても気持ちが良いです。

IMG_7820.JPG
外宮のお参りを終えて、今度は内宮へと向かいました。

IMG_7818.JPG
内宮をお参りして、これでお伊勢さん参りが終わります。

IMG_7821.JPG
お参りを終えた後は、食べたかった「御福餅」を食べに、二見浦へと向かいます。
伊勢名物の「赤福餅」よりも、こちらの「御福餅」の方が甘さ控えめだと聞いたからです。
御福餅は有名な赤福と違って、お店がこの本店ただ一つしかありません。
しかも御福餅は他ではあまり売られていないという貴重なものなんです。
ではさっそく食べましょうねぇ。

IMG_7825.JPG
わぉ〜〜、おいしそう””。
結構甘い感じもするけどなぁ〜〜。
赤福と並べて食べないと、どちらが甘いかわからないや、これ。(笑)
でもお参りでたくさん歩いたから、とてもおいしく感じます。

IMG_7828.JPG
そしてね、御福餅と言えばこちらの「かき氷」も有名です。
なので、練乳の入っていない「抹茶」をいただきました。
蜜の替わりに、漉し餡のシロップをかけていただきます。
これ、氷と混ざると甘さがかなり控えめで、とってもおいしい!!!。
濃厚な抹茶の味と、漉し餡シロップの味と香り。
ふわふわのかき氷と混ぜて食べると本当に甘さ控えめです。

IMG_7822.JPG
メニューにはこんなものまでありました。
これも試したかったけれど、甘いの食べ過ぎになるのでここは我慢!!。←えらいでしょ。(笑)
でもこれ、タンボ・ロッジに帰ったら試してみたいです。

IMG_7830.JPG
さて、二見浦まで来たのだから、有名な「夫婦岩」も見て帰りましょう。

IMG_7832.JPG
夫婦岩って、ポスターで見ると、かなり沖合にある感じがするけれど、実際はこんなに陸地に近いとは!!。(笑)
posted by 料理長 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年06月22日

名古屋で米粉100%の鍋で焼くパン教室

6月16日(土)は、名古屋にある自然食のお店「ヘルシングあい」さんで、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」で焼く100%米粉のパン教室の日です。
この日作ったのは、「タミパン」で焼く米粉パンと、鍋で焼く米粉のフォカッチャの2種類です。
「こめっ粉40」は、タンボ・ロッジの監修のもと、2015年秋に発売になった粗挽き米粉です。
当時はスイーツ専用と考えて開発しましたが、なんと!!米粉100%のパンも作れちゃうんです。
昨年あたりからそれにはまってしまったわたくし。
タンボ・ロッジ以外で「こめっ粉40」のパン教室をやるのは初めてです。
しかしこれは教室を開催してくださるヘルシングあいの伊藤社長さんとの長年のお付き合いがあってこそです。
伊藤さんは開業間もないタンボ・ロッジにお店のスタッフ一同と来てくださいました。
もう20年以上前の話です。(笑)
この日はキャンセル待ちも出てしまうほど好評で、とてもありがたかったです。

IMG_7795.JPG
さて、いつもの様に教室が始まりました。
何しろパンですから、発酵に時間がかかります。
その時間の間に、米粉や小麦粉について、わたくしは喋りまくりでした。(笑)
でもね、タンボ・ロッジでやっているお泊り教室と違って、時間が決められているからねぇ、ちゃんと話を時間内に終わらせないといけないので、けっこう厳しかったです。

IMG_7799.JPG
そして時間は過ぎ、出来上がりました・・・というか、これは試食用ということで、タンボ・ロッジで作ったものを冷凍して送っておいたものを現地で蒸して食べていただいたものなんです。
米粉のパンは、何しろ冷めてから切らないと切り口がべっとりとしてしまいますからね。

IMG_7798.JPG
やや遅めのランチとして、手伝ってくださったSayuri Liliaさんが作ってくださった、米粉パンによく合うサラダです。
これとスープとで試食用のパンをいただきます。

IMG_7800.JPG
こちらはそのスープです。

IMG_7802.JPG
さらに、デザート付き!!。
抹茶小豆のプリン(白玉入り)です。

IMG_7809.JPG
教室が終わりました。
何も食べていない私はめちゃ腹が減りました。(笑)
そこでこのお店併設のベジ・レストラン「ププキッチン」の名物、「豆乳ソフトのパフェ」です。
もちろんビーガン仕様!!。
とってもおいしい!!。
おかわりしたいくらいです。

35372495_1787043621342065_7505902451560546304_n.jpg
わぉ〜〜、こんな写真を撮られてしまった!!。
だって頑張りましたからね、わたくし。
ご褒美はいただかないと・・・・。(笑)
posted by 料理長 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2018年06月21日

オーガニックカフェ&デリ ララナチュラル

6月15日(金)から19日(火)まで、タンボ・ロッジをお休みにして、名古屋、伊勢、熊野方面に出かけてきました。
名古屋では16日(土)に「こめっ粉40」のパン教室をやることになっていました。
15日に朝早くにタンボ・ロッジを車で出発教室の会場となる、名古屋の「ヘルシングあい」さんに夕方到着です。
今回は教室以外にも色々と行くし、何しろ「タミパン」などの重たい南部鉄器のパン焼き器を持参するので、そうなりました。
そして、教室の前の日の夕方は、ヘルシングあいの伊藤社長さんが私たちを鳴海駅の近くにあるビーガンのカフェ「ララナチュラル」さんに連れて行ってくださいました。
教室を明日に控え、打ち上げならぬ「前夜祭」です。(笑)
そしてとてもおいしい夕食のコース料理をいただきました。
案内してくださった伊藤社長さん、ありがとうございます。
そしてカフェのオーナーの彩さん、おいしい料理をありがとうございます。

IMG_7764.JPG
最初はまずは野菜の「バーニャカウダー」。
ローソクの焔で保温された温かいひじきのビーガンソースにつけて食べる野菜のおいしいこと!!。
長距離運転の疲れを癒してくれました。

IMG_7767.JPG
次はポテトサラダですが、マヨネーズではなく、自家製ベジ・ヨーグルトから作ったマヨネーズ味のソースを絡めてあるポテトサラダです。
これ、おいしい!!。

IMG_7769.JPG
お酒の強い(酒豪)のヘルシングあいの伊藤社長さんと一緒に飲む支配人。
私は車を運転しなければいけないので、残念ながらソフトドリンクで我慢です。"(-""-)"

IMG_7772.JPG
お次は丸茄子のソースかけ。
このソースがとてもおいしいです。
わたくし、今シーズンの初めての茄子料理です。

IMG_7773.JPG
まるでほぐした鶏のササミみたいなものが入ったサラダ、実はこのササミ、豆腐を乾燥させて作るんだって!!。
すごいこれ、タンボ・ロッジでもやってみたいです。
とってもおいしくて、食感もベジとは思えないほどです!!。

IMG_7775.JPG
ヤングコーンのソテー。コーンの鬚までおいしくいただけます。
もうこんな季節なんですね。
いつも涼しすぎる南会津の高原に居るので、ヤングコーンなんて秋が近付かないと食べられませんからねぇ。

IMG_7778.JPG
そして伊勢あらめと野菜の天婦羅です。

IMG_7780.JPG
メインディッシュがやってきました。
雑穀のベジハンバーグ。
このドゥミグラスソースが絶品です。
切れのあるしっかりとした味付けのベジハンバーグ、とてもおいしい!!

IMG_7785.JPG
このお店はランチはオーナーの彩さんが料理を作っていますが、夜はなんと!!、「スペイン・バル」になるんだそうです。
そういえばお酒を飲んでいるお客様もおられる様子。
なので、この玄米のベジ・パエリアはバルの担当の方が作られたものだそうです。
それにしてもおいしい!!。
彩さんは特別な時しか夜はやらないそうなので、私たちはヘルシングあいの伊藤社長さんのおかげで特別なおいしい思いをさせていただいたということになりますね。
伊藤さん、彩さん、ありがとうございます。
だからね、翌日の「こめっ粉40」のパン教室、頑張らなくっちゃね。
最初にご褒美をもらっちゃいましたから…。(笑)