2018年06月26日

熊野詣(3)那智飛龍大神

6月18日(月)、熊野古道を少し歩いて熊野那智大社から青岸渡寺へとやってきた私たち。
今回の旅行の最大の目的の「那智の滝」を間近で見るために、さらに歩いて滝の麓にある「飛龍神社」へとやって来ました。

IMG_7882.JPG
飛龍神社入り口の鳥居。
もうこの辺りで那智の滝の轟音が響きます。
すごい滝のエネルギーに満ち満ちていて、とても癒される〜〜。(^^♬♪♬~♫!

IMG_7883.JPG
那智の滝がご神体の飛龍神社の境内からは、間近に那智の滝を見ることが出来ます。
しかし、ここから¥300を払ってさらに滝の袂まで行けるので、行ってみました。

IMG_7888.JPG
すごい滝のエネルギーを感じます。
霧雨が降っていたけれど、きっと晴れていても、この日と同じように滝のすぐ下は滝のしぶきを浴びることでしょう。
滝のエネルギーに圧倒されてしまいます。

IMG_7894.JPG
すごいすごいエネルギ〜〜。
まさしく「那智の滝の白龍様」がいるようなエネルギーを感じました。

IMG_7895.JPG
まるで白龍様が天に上るような那智の滝。
瀬戸龍介というミュージシャンの「華厳絵巻曲」に収められた「七千飛瀧大神」という曲があります。
私の大好きな曲ですが、その音楽を彷彿とさせる「白龍様」に会えたような気がしました。
音楽を聴きたい方はこちらをクリック!!。

IMG_7899.JPG
白龍様に会った後、歩いて車を止めてある駐車場まで下山しました。
たくさん歩いたからね、ちょいとここらで「那智黒ソフト」を食べましょう。
那智名物の「那智黒」という黒雨のソフトクリームです。
posted by 料理長 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

熊野詣(2)熊野古道を歩いて熊野那智大社へ

6月18日(月)、熊野速玉大社のお参りを済ませ、那智の山へと向かいます。
那智山の下の駐車場に車を止め、少しだけ「熊野古道」を歩いてみました。
「大門坂」と呼ばれる熊野古道の坂は、石畳の階段が付いていて、それほど急ではないけれど、山頂の熊野那智大社まで結構な登りを登らないといけません。
小雨の降る中、傘を差しながらゆっくりと昇りました。

IMG_7857.JPG
大門坂から那智山へと昇り始めます。
登山ではないから、めちゃくちゃ軽装備!!。(笑)
ここから熊野那智大社まで約1時間の登りです。

IMG_7859.JPG
さすが梅雨だけあって、アジサイがとても綺麗に咲いていました。
それにしても立派な杉並木です。

IMG_7860.JPG
この日は台風から変わった熱帯低気圧が接近していましたが、小雨で良かったです。
濡れる石畳をゆっくりと登りましょう。

IMG_7863.JPG
熊野古道の立派な杉並木の中を登る参拝者。
荘厳な雰囲気で、山のエネルギーが感じられます。

IMG_7866.JPG
階段は次第に急になり、かなり息が切れてきたころに「熊野那智大社」に到着しました。
最後の階段を上る支配人。

IMG_7868.JPG
「熊野那智大社」は残念ながら修復中で、社殿の全体を見ることが出来ませんでしたが、とても美しい神社でした。

IMG_7871.JPG
熊野那智大社のお隣にある「青岸渡寺」。
古さを感じさせる荘厳なお寺です。
が、こちらのお寺も残念ながら修復中で、堂宇の全体を外から見ることが出来ませんでした。

IMG_7872.JPG
那智の滝と初対面です。
青岸渡寺の三重塔と那智の滝。
とっても美しい風景です。
posted by 料理長 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳