2018年07月06日

タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 上級編

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの「こめっ粉40」スイーツ教室第3期平日クラス 上級編の日でした。
今回は3回目ということもあり、一気にグレートアップ!!。
数あるケーキの中でも、リッチで豪華な「オペラ」を小麦フリーで、しかも卵もベーキングパウダーも使わずに作ります。
そして翌日にはレアチーズ風味のケーキと、これまた卵を使ったものにそっくりなカスタードプリンを卵なしのビーガン仕様で作ります。
さあ、だいぶ難しくなるけど、頑張りましょうね。

IMG_8097.JPG
米粉のビーガン・オペラの実習開始です。
人数の関係で、2台必要なため、最初に私が作りました。

IMG_8100.JPG
そして2台目の生地は参加者の方にやっていただきました。
基本的なやり方は初級の生地に通じるところがありますが、何しろ「ビスキュイ・ジョコンド」というリッチなスポンジ生地にしなければいけません。
そのための工夫がたっぷりと詰められた生地作りです。

IMG_8105.JPG
さて、すべて終わり、出来上がったオペラは「チョコレートコーティング」したので、それを固めるために冷蔵庫で冷やします。
その冷やしている間に、タンボ・ロッジのアンデス・ビーガン料理をいただきます。
これは前菜のプレート。
アマゾン風のひよこ豆のスフレを中心にしたプレートです。

IMG_8110.JPG
スープは「もちトウモロコシ」が入ったアンデス風のスープです。
紫色した粒粒が、自然農法のもちトウモロコシです。
日本人が知っている一般的なトウモロコシは「うるちトウモロコシ」ですから、モチっとした食感を楽しんでいただけたらうれしいです。

IMG_8112.JPG
メインディッシュはアンデス原産夏野菜たっぷりのペルー風ベジ肉野菜炒めご飯です。
本来は牛肉を使いますが、ベジ仕様なので、「コーフー」を使って、牛肉らしい味付けにしています。

IMG_8113.JPG
さあ、冷蔵庫で冷えて固まった「ビーガン・オペラ」を切り分けます。
2台並ぶと壮観ですね。

IMG_8118.JPG
切り分けて、上に金箔を飾ります。
オペラはなんと!!生地とクリームとチョココーティングで9層になっているとても豪華なケーキです。
フランスはパリのオペラ座近くの菓子店のシェフが発案した、オペラの豪華さとリッチさを持ち合わせた、とても豪華なケーキです。
それをバターも卵もベーキングパウダーも使わずに、米粉で作ることが出来るんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IMG_8119.JPG
さて翌日は朝食の後、2種類のスイーツを作ります。
ビーガン・カスタードプリンと、白いレアチーズケーキ風です。
チーズケーキ風の「風」が付いているのは、乳製品を使わないから。
でも発酵的な味がします。

IMG_8128.JPG
豪華にも2種類のスイーツ盛り合わせを、タンボ・ロッジの支配人が作った賄系ランチの「ベジ・カレーライス」の後に、皆でいただいて、上級クラスが終了しました。
ご参加の皆様、お忙しい中、遠くよりおいでくださってありがとうございます。
次の「師範クラス」は9月の初めです。
また9月にタンボ・ロッジでお会いしましょう。
posted by 料理長 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事