2018年08月07日

ニンニクの加工

今日は群馬県の自然農法の農家「タンポポ農園」さんのニンニク500gを加工しました。
どういう風に加工したかというと、みじん切りにしてから平出の菜種油で炒め、熱湯消毒した瓶に入れて脱気殺菌をしました。
こうすると2〜3年以上は常温保存できます。
昨年はちょっとたくさん作ったので、今年は控えめの量になりました。
しかし、キッチンはニンニクの強い香りが・・・・
でもこれで「ドラキュラ」は退散すること間違えなしです。(笑)

IMG_8372.JPG
コムチューブの「ガーリックピーラー」で皮を剥きます。
これ、結構根気が必要です。

IMG_8376.JPG
剥いたら水で洗って薄皮も剥き、布巾で拭いて乾かした後、フードプロセッサーでみじん切りにして、中華鍋に平出の菜種油をたっぷりと注ぎ、炒めます。

IMG_8381.JPG
熱湯消毒した瓶に詰めて、脱気殺菌して出来上がりです。
これで一安心。
自然農法のニンニクは、出回る季節が限られているので、こうやって加工して、年中使えるようにしておかないとね。
posted by 料理長 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品