2018年10月14日

ブログの引っ越し

皆様、このブログを長いこと見てくださって本当にありがとうございます。
このブログは引っ越しすることになりました。
新しい引っ越し先は、新しいホームページの中にあります。
引っ越し先のアドレスは以下の通りです。
https://tambo3.net/category/blog/

そして新しいホームページは以下の通りです。
https://tambo3.net/

このブログの過去の記事も、すべてではありませんが、旅行記や資料になるようなページは順次移転の予定です。
どうか新しいタンボ・ロッジのブログとホームページをどうぞよろしくお願いいたします。BY料理長
posted by 料理長 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年10月13日

キヌアのキューバ風

とっても綺麗な前菜を作りました。
「キヌアのキューバ風」(Quinua a la Cubana)です。
一番下はカボチャの無水鍋で味付けしながら煮たもの、真ん中がアンデス原産の雑穀「キヌア」を炊いてから味付けしたもの、一番上は肉厚のパプリカをオーブンで焼いて薄皮を剥いたもの、トッピングの白いものは豆腐ベースの「ベジ・リコッタチーズ」、一番上の緑のものは枝豆です。

IMG_8839.JPG
posted by 料理長 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2018年10月12日

初薪ストーブ

今日の朝は雨が降って肌寒い!!。そこで今シーズン初めて薪ストーブに火を入れました。
めちゃくちゃ暖かくて気持ちが良いです。
本格的な冬も間近ですね。

IMG_8863.JPG
posted by 料理長 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳

2018年10月11日

ペルー風もちトウモロコシ入りスープ

タンボ・ロッジのディナーのスープに、「ペルー風もちトウモロコシ入りスープ」を作ってみました。

トウモロコシには「もち」と「うるち」があるということは、日本ではあまり知られていません。
日本の私たちがいつも食べているトウモロコシは、ほとんど「うるち」タイプです。ですから、もちトウモロコシの食感を知らない人が多い!!。
しかしペルーでは、トウモロコシと言えば「もち」系の品種ばかりです。
日本でも細々と種をつないで作られてきた歴史があるトウモロコシの中に、「もち」品種があるので、こうしてペルーっぽいスープを作ることが可能です。
メキシコ原産でアンデスには4000年以上も前に栽培されていたというトウモロコシ。
色々な種類があって楽しいです。


IMG_8842.JPG
posted by 料理長 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2018年10月10日

米粉100%のスリム食パン

タンボ・ロッジで最近よく焼いている米粉100%の角食パンの細長いバージョンです。
自然農法のお米を自家製粉し、作っています。
小麦アレルギーが増えている時代ですので、とても役に立っています。

IMG_8830.JPG
posted by 料理長 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

2018年10月09日

山栗クリームのミルクレープ

なんと贅沢に、タンボ・ロッジの庭で採れた濃厚な「山栗」をたっぷり使ったクリームを挟んだ「山栗クリームのミルクレープ」を作ってみました。
クレープ生地は、自然農法のひよこ豆粉で作りました。ひよこ豆粉から作った生地は食感が山栗っぽいです。なので、めちゃ山栗をたくさん食べているような錯覚に!!。(笑)
メープルシロップを添えてみたので、それをかけて食べると絶品です。


IMG_8852.JPG
posted by 料理長 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

朝食のキッシュ

今日のタンボ・ロッジの朝食は、ビーガン・キッシュでした。
久しぶりに作った割には良くできましたよ〜〜。自家製トマトケチャップの赤が綺麗です。


IMG_8862.JPG
posted by 料理長 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理

2018年10月08日

やっぱり豪華な山栗チョコアイスの山栗モンブランパフェ

一昨日はモンブランの王道らしい山栗のモンブランを作りましたが、昨日は「やっぱり豪華な山栗チョコアイスの山栗モンブランパフェ」(笑)を作ってみました。
パフェは部品が多いので、一からすべてその日に作るのは大変です。
でもね、アイスクリームは冷凍できますからね。
何日か前にまとめて作っておくと楽ちんです。
パフェグラスの下から、「チアシード&豆乳」「玄米フレーク」「オーガニックリンゴのクラッシュ」「ベーキングパウダー不使用米粉のスポンジ」「ナッツとカレンズのシリアル」「山栗チョコアイス」「山栗の赤ワイン煮を中に入れた豆腐ベースのクリーム」「山栗のモンブランクリーム」そしてトッピングの尖がっているのは「山栗の飴かけ」です。
なんだかかなりの豪華版になってしまいました。(^.^)/~~~

IMG_8851.JPG
posted by 料理長 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン

ペルー風豚肉もどきのトマト煮込み

大豆たんぱくを使い、まるで豚肉を使ったかのようなビーガン・ペルー料理を作ってみました。
ペルーでは「Adobo de chancho」(アドボ・デ・チャンチョ)と呼ばれている料理です。
Adoboは煮込むという意味、Chanchoは豚という意味、まさしく豚肉の煮込みということですね。
でもトマトだけではなく、クミンと白コショウ、オレガノが入り、ちょっぴりエスニックな雰囲気を漂わせている料理です。
タンボ・ロッジでは豚肉の部分を大豆蛋白に置き換えて、ビーガン仕様にしています。

IMG_8843.JPG
posted by 料理長 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理

2018年10月07日

ペルー風コーフーの串焼き

昨日の夕食の前菜の一つはこちら、「ペルー風コーフーの串焼き」でした。

IMG_8821.JPG
ペルーでは人気の屋台料理で、本来は牛のハツを使います。ハツにピリ辛のたれとクミンをよ〜〜く染み込ませてから、それを串にさして「焼き鳥」の様に炭火で焼いて、先端にジャガイモのゆでたものを刺していただきます。

これ1本食べただけでもお腹いっぱいになりそうな屋台料理です。

しかしタンボ・ロッジはビーガン料理の宿なので、ビーガン仕様に変更し、肉の部分にコーフーを使いました。後の作り方はほとんど現地のと同じです。

img023.jpg
こちらはペルーでの写真、屋台での串焼きを売っている風景です。

ペルーではこの料理を「Anticucho」(アンティクーチョ)と呼んでいます。

この料理の煙の臭いをかぐと、ペルーへやって来たんだなと思ってしまうほど、ポピュラーな屋台料理です。
posted by 料理長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理