2014年11月22日

精進料理のお店「皆隨寺」

11月16日(日)、無事料理教室が終わった私・・・・ダッシュ(走り出すさま)
夕食は、主催者の「ヘルシングあい」の社長さんに連れられて、精進料理のお店「皆隨寺」に行くことになりました。手(チョキ)
このお店は、予約がないと営業しないお店と言う変わった営業方針ですって!!。がく〜(落胆した顔)
そして、夜は限定1組しか取らないそうです。exclamation&question
なんと商売気のないこと・・・どんっ(衝撃)
でもそういうお店こそ、おいしいんだよね!!。手(グー)
さて、ちょっと息抜きして、明日に備えましょう。
翌日は「ワンデイシェフ」の日。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
ヘルシングあい併設の「ププキッチン」さんで、私がシェフになるんですから。

IMG_1143 コピー.JPG
なんと目立たない店構え。
これは知る人ぞ知る、隠れ家的なお店ですね。

IMG_1140 コピー.JPG
こんな、頭がつかえそうな入り口から入ります。
なんだか茶室の雰囲気。
本当に隠れ家的です。

IMG_1119 コピー.JPG
さて、無事1日目が終わったことをお祝いして、社長さんと乾杯!!。ビール
まずは「口取り四品」。
左下から「ミニトマトの煮物」、「かぼちゃの煮物」、「きのこのソースかけ」、「椎茸のアワビもどき」。
アワビもどきは精進料理の定番だけれど、ここのはとてもおいしい!!ぴかぴか(新しい)

IMG_1121 コピー.JPG
「朴葉味噌」。
下から火をつけて、温かくしていただきます。
甘辛の味噌味にお酒が進みます。

IMG_1122 コピー.JPG
「胡麻豆腐」ですが、ただの胡麻豆腐ではありません。
白ゴマと黒ゴマの豆腐で、しかも「揚げ出し」にしてあり、とても複雑な味でおいしい!!。

IMG_1124 コピー.JPG
鰻もどきの蒲焼。
どう見ても本物にしか見えません。がく〜(落胆した顔)
これも精進料理の定番だけれど、こんなにおいしい鰻もどきを食べたのは初めてです。ひらめき
作り方は、「蒸して」「揚げて」「焼く」そうです。
そんなに手間かけているのね、これ。
中のゴボウがウナギの骨みたいで、かなりリアルでしたよ。
これさえあれば、たとえ「ウナギ」が絶滅危惧種に指定されても大丈夫(笑)(^O^)/

IMG_1125 コピー.JPG
刺身湯葉ですが、その刺身湯葉を上げた物が下に敷いてあり、パリッとしています。
ひと手間かけてますね。

IMG_1127 コピー.JPG
養老蒸し。
山芋を使い、茶わん蒸しのよう。

IMG_1129 コピー.JPG
釜めしです。
これじゃ中身がわからないですよね(笑)

IMG_1130 コピー.JPG
釜めしの中身です。
キノコご飯に雑穀が上にかけてあります。
茶碗2杯分はあります。
お腹いっぱいならば、おむすびにしてくれるそうですが、全部食べちゃいました。
昼間働いたもんね猫。(^O^)/

IMG_1134 コピー.JPG
豆乳汁です。
これもなんだかほっとする味でおいしいなぁ〜〜。

IMG_1136 コピー.JPG
最後は抹茶と大福です。
もうこれだけで本当に満足です。

IMG_1138 コピー.JPG
マスターの後姿。
このマスター、料理の繊細な印象と全然違って、本当に話し好きで、おもろいおっちゃん(失礼)でしたよ。
ここのキャッチフレーズは「精進料理を食べて、極楽浄土に行こう」だって。
まだ早いなぁ〜〜、私!!(笑)

IMG_1142 コピー.JPG
お店の前に、メニュー豹みたいなものがありました。
値段も結構リーズナブル・・・・
また行きたいお店です。
でも、連れて行ってもらったから、自分だけではどこにあるかわからない!!!。
どうしよう!!!。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)(@_@;)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105828764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック