2006年08月09日

めちゃおいしい豆腐

DSCN6426-1.jpg
じゃ〜〜ん!、これはめちゃおいしい豆腐屋さんの『ざる豆腐』
では『いただきま〜〜〜す!』

このおいしい豆腐屋さん、福島県の旧高郷村(現在喜多方市になりました)にある『豆腐屋おはら』さんです。

ここは原料にこだわっているんです。国産オーガニック大豆100%、そして天然にがり。
このざる豆腐は、会津産無農薬『青大豆』を使っています。クリーミーで風味豊か。

DSCN6407-1.jpg
ざる豆腐を作る小原さん。
毎日朝早くから、すべて手作りでやっているんです。

豆腐の他に、油揚げが3種類あるんです。『油揚げ』『極上揚げ』『厚揚げ』。この揚げをあげる油は、会津の『平出油屋』さんの菜種油なんです。
普通、揚げをあげるには、大豆油を使うそうですが、この菜種油であげた揚げは、風味豊かでおいしいんです。
極上上げなんか、そのままわさび醤油で『お刺身』でいただくとおいしいほど!。なんとすばらしいことでしょう。

DSCN6408-1.jpg
出来上がったざる豆腐。
この時点ではまだ温かいんです。

このおいしい豆腐、通販もあるんですよ。
詳しくはこちらのホームページを見てくださいね。
http://www.ohara21.com/

DSCN6410-1.jpg
では、豆腐屋さんの店の前で、おはらさんご夫婦と記念撮影です。

こうした美味しい素材に助けられて、タンボロッジのメニューが生きてくるんですね。
このお豆腐、タンボロッジでは、ケーキに使ったり、クリームにしたりと大活躍をしています。
小原さん、ありがとうございます。
posted by 料理長 at 14:27| Comment(4) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理
この記事へのコメント
喜多方市高郷地区の豆腐屋おはらへも好物の豆腐を買いに行ってました。おはらさんの豆腐・油揚げ・豆乳美味しくって豆腐はそのまんま食べた記憶があります・・・。ざる豆腐のうまい噂をきいたことがあります・・・。豆腐生クリームたべてみたいですが作り方は難しいのですか?
Posted by こずえ at 2006年08月10日 14:33
こずえさんこんにちは。
豆腐の生クリームは実に簡単です。

まず、『豆腐屋おはら』の豆腐(ざる豆腐の場合、よく水切りする)をミキサーに入れ、水あめ(甜菜糖でも可)とオリーブ油(おいしいのを使ってね)、ほんの少しの自然塩、バニラオイル、その他洋酒など好みのものを入れ、かき回します。
柔らかいクリームができます。そして、絞り袋に入れるくらい硬くしたければ、『ポンせん』を入れていかき回します。少しずつ入れて、好みの硬さにしてくださいね。
ポンせんは、しばらく置くと、水分を吸って硬くなるので、やや予想よりやわらかめにして、冷蔵庫に入れておきます。
30分もすれば、『豆腐の生クリーム』の出来上がり。

ぜひお試しあれ!。
Posted by 料理長 at 2006年08月10日 23:58
ややっ・・。今日発見しました!
いつもありがとうございます。
「おいしい。」って言って頂けると、毎日、豆腐を作っている「甲斐」があります。
お盆期間中は、当店も休み無しでがんばりまーす(^^。
これからも、宜しくお願いいたします。
Posted by 豆腐屋おはら at 2006年08月14日 17:18
発見されてしまいましたか・・・。

でも、いつも本当においしい豆腐を、ありがとうございます。
おかげで、タンボロッジの料理がおいしいとお客様に言われることが多く、すごくうれしいです。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 料理長 at 2006年08月15日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1093664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック