2008年02月22日

チューニョ料理(その3)

今日は、またまた「チューニョ」を使った料理を作りました。
名前は「エスカベッチェ・デ・チューニョ」と言います。
P2213402-1.jpg
じゃ〜〜ん、これがその料理です。
実は、オリジナルは「鶏肉」や、「白身の魚」でやるんですが・・・
これまた「アンデス精進料理」として、チューニョを使いました。

チューニョはやはり水に戻して、一口大に切り、軽くゆでます。(これをやらないと、「カチンコチンたらーっ(汗)」で食べられないですから、ここまでは、チューニョ料理の場合、いつも一緒です。)
そして、ゆでたチューニョを唐揚げにし、玉ねぎを軽くオリーブ油で炒め、人参を蒸し煮にし、一緒にボールに混ぜ、「お酢」または「梅酢」を和えて、塩、こしょうします。
そして、時々かき混ぜながら、1時間ほど味をなじませて出来上がりです。

かなりおいしく出来ますよ。
ペルー版「南蛮漬け」と言ったところでしょうか。
あっexclamation
写真の「レンコン」と「レタス」は飾りです。
必ずこの料理に付けるわけではありません。モバQ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11273467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック