2008年02月24日

チューニョ粉の団子

完成した「チューニョ」。
そして、それを今度は「粉」にして、小麦粉のような「つなぎ」として使った「雑穀団子」を作ってみました。

ところで、タンボロッジは、「製粉機」なるものを持っていません。
そこで、原始的ではあるけれど猫、アンデスでも使われている「窪んだ石」と「丸みのある石」を使い、それを「石臼」代わりにして、粉にしてみました。
P2233437-1.jpg
大きい鍋に「窪んだ石」を入れ、そこに「チューニョ」を乗せ、「丸い石」で砕きます。どんっ(衝撃)
鍋に入れてやらないと、チューニョが飛び散って大変ですから。

P2233439-1.jpg
最後は、細かくするために「電動ミル」を使い、このような細かい「チューニョ粉」の出来上がりです。わーい(嬉しい顔)

P2233469-1.jpg
さて、「大豆」ベースの「雑穀団子」に、つなぎで「チューニョ粉」を入れ、立派な「雑穀団子」の出来上がり。
串に刺し、「ペルー風のたれ」を塗って焼きました。
うまく出来ましたよ。
かなり「つなぎ」としても、チューニョは威力を発揮してくれました。
これからもたくさん使うつもりです。るんるんるんるん
この記事へのコメント
本日(24日)日本テレビの鉄腕ダッシュでまさにチーニョを作っていましたよ。日本風に凍み芋と呼んでいましたがそのまんまチーニョでした。料理長は気を使って手でつぶしていましたが、TOKIOの皆さんはわらじをはいてふんずけていました。もっとも彼らは自分たちで食べるだけで、お客に出すわけじゃないですから心配はないですね
Posted by 中年爆走族 at 2008年02月24日 21:20
追伸です。鉄腕ダッシュで日本風凍み芋の料理も作っていましたが、こちらで紹介しています
http://www.ntv.co.jp/dash/village/index_recipe.html
Posted by 中年爆走族 at 2008年02月24日 21:26
中年爆走族 さん、こんにちは。
凍みじゃが芋のホームページ見ました。
タンボロッジとちがって、「皮」を剥いていませんね。
アンデスではこの「剥かない」やりかたがっ主流なんですが、雪の会津では、どうも乾ききらないんですよ。
それに、最初に剥くと、料理するときに楽ですからね。
それにしても、わらじで踏むとは、考えましたねえ。
来年は検討しようかな〜〜!
Posted by 料理長 at 2008年02月25日 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11373146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック