2008年03月26日

チューニョの「セビッチェ」

今日はこの「チューニョのセビッチェ」(Cebiche de Chun~o)を作りました。

「セビッチェ」とは、ペルーの代表的なマリネ料理です。
白身の魚などを、レモンの酸味で〆たお刺身料理なんですね。
現地では結構日本人にも好評な料理なんですって。
詳しくは、こちらを見てね。

ところで、今日はそんな「セビッチェ」をアレンジして、「アンデス精進料理」に仕上げました。
白身の魚の代わりに、ゆでた「チューニョ」(凍結乾燥じゃが芋)を使い、海の香りを出すために、「アラメ」を一緒にマリネしました。
P3223886-1.jpg
チューニョは黒いです。
本場の白身の魚で作るものは、もちろん「白い」exclamation×2
だから、色合い的にはちょっとへんてこな「セビッチェ」なんです。モバQ

でも、チューニョ、何でも合いますね、おいしいですよ。るんるん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13146270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック