2015年06月21日

コチュジャン教室

6月10日(水)、朝粥を食べた私達は、今回楽しみにしていた教室第2弾、「コチュジャン作り教室」へと向かいました。
場所は、北村(ブッチョン)と呼ばれる、韓国スタイルの家が集まった地域にある、「ソウル伝統文化体験館」。
そこは私が昨年の11月に、韓国の伝統茶菓の「タシク」を習った場所でもあります。
その時は日本語のわかる「Yong-Sun Kim先生」でしたけれど、今回も同じ先生!!。
再会を喜び合いました。

IMG_3663 コピー.JPG
やってきましたソウル伝統文化体験館。
これから楽しみな、手作りコチュジャンを習います。

IMG_3669 コピー.JPG
まずは韓国の伝統茶でおもてなししていただきました。
それぞれみんな違うお茶を頼みましたが、甘いお茶、酸味のあるお茶など、おいしく頂きましたよ。
ゆず茶になつめ茶、梅茶、オミジャ茶などです。

IMG_3670 コピー.JPG
教室が始まりました。
コチュジャンは、材料を集めて計ってしまえば、そう難しくありませんよ・・・と先生。
これだけ用意するのに、かなりの時間と手間をかけたんだろうなぁ〜〜と思いました。

IMG_3671 コピー.JPG
材料の紹介です。
これは、麦芽粉を約80℃のお湯を注ぎ、2時間放置して糖化させたものです。

IMG_3672 コピー.JPG
唐辛子粉、もち米の粉、そして大豆粉です。
この大豆粉は、発酵した匂いがします。
納豆みたいという感じですが、私が思うに、これは「豆麹」の一種だと思います。
日本で作る場合、これの確保が一番大変かもしれませんね。

IMG_3673 コピー.JPG
透き通ったのが水飴、そして自然塩、25度くらいの焼酎、一番左の醤油みたいに見えるのは、黒糖で作った「梅エキス」です。

IMG_3674 コピー.JPG
では、麦芽を糖化させたものを少し手で練って・・・・

IMG_3675 コピー.JPG
裏漉し機に入れて・・・

IMG_3676 コピー.JPG
手でぎゅっと絞って漉しました。

IMG_3678 コピー.JPG
これくらいの量になります。

IMG_3680 コピー.JPG
そこへ「もち米粉」を入れて、3分の1くらいの量になるまで良くかき混ぜながら煮詰めます。

IMG_3681 コピー.JPG
おっ、昨日のお菓子教室に比べると、朝倉さんがいやに熱心です。(笑)

IMG_3682 コピー.JPG
煮詰まったら、大豆粉を入れます。

IMG_3684 コピー.JPG
かき回し、自然塩を入れます。

IMG_3685 コピー.JPG
唐辛子粉と、水飴、梅エキス、焼酎をを入れて良く練ります。

IMG_3686 コピー.JPG
良く練ると、もうコチュジャンの香り!!。
先生の言う通り、材料さえ集めて計量すれば、簡単にできるんだなぁ〜〜。
日本でも作らなくっちゃ!!。

IMG_3687 コピー.JPG
固さの調節は、やわらかい場合は大豆粉と唐辛子を1:2の割合で入れること、固い場合は、焼酎で調節するそうですよ。

IMG_3688 コピー.JPG
やったぁ〜〜〜!!、できちゃったもんね。
あとはなるべく日の当る暖かい所に置いて、1週間以上熟成させるそうです。
自分で作った物は持ち帰ることができるので、帰ったら日に当てなくっちゃね。

IMG_3690 コピー.JPG
かき回していた泡立て機に付いた、作ったばかりのコチュジャンを使って、トッポキを作っていただきました。
では、みんなでいただきます!!。

IMG_3691 コピー.JPG
手作りのマッコリもいただいちゃいました。
おいしかったなぁ〜〜。
また昼間っから赤い顔になると、私は朝倉さんから「オヤジ〜〜〜」
と言われてしまいそう(笑)。

IMG_3693 コピー.JPG
先生と皆で記念写真です。
松岡さんが赤い顔をしていますよ(笑)。
先生、ありがとうございました。そして楽しかったです。
私は再会できて、とてもうれしかったです。
コチュジャン、私は大好きなので、帰国してからも材料を手に入れて、手作りに励みますからね。
タンボ・ロッジの料理にも使っちゃおうかなぁ〜〜(笑)
posted by 料理長 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国
この記事へのコメント
コチュジャン、実は私の好物で、トッポキに目がないんです。しかし材料準備までが大変ですね。やはり手をかけると美味しいものができるということですよね。朝倉さんが一番ハジけてますね。是非タンポロッジでいつか、秀逸品を披露してくださいね。
Posted by 藤原睦子 at 2015年06月22日 07:57
秀逸品を披露はいつになるやら(笑)。
手作り最高です。
Posted by 料理長 at 2015年06月22日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/144073030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック