2008年05月18日

チューニョのエスカベッチェ

P5174681-1.jpg
最近すっかりタンボロッジで定着してきたアンデスの凍結乾燥じゃが芋(凍み芋)のチューニョ。
昨日もそんなチューニョを使って、アンデス精進料理を作りました。
「チューニョのエスカベッチェ」です。
要するに、ペルー版「南蛮漬け」という感じの料理です。
鶏肉のように見えるのは、「タプロ」という大豆蛋白です。
これは、お湯に戻して下味をつけると、本当に「鶏肉」のようになるから、不思議・・・がく〜(落胆した顔)

これからも、タンボロッジの料理に活躍してくれるでしょう。るんるん
posted by 料理長 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15034732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック