2008年06月16日

梅肉エキス作り

いよいよ「梅」の季節が到来しました。
まずは、「梅干」に先立って、今年からタンボロッジでも「梅肉エキス」を作ることにしました。

「梅干」は、熟した梅を使いますが、「梅肉エキス」は、未熟な「青梅」を使います。
つまり、熟す前に収穫するのだから、「梅干」の前に作ることになるんですね。

では、さっそく作りましょう。
P6134990-1.jpg届いたばかりの「青梅」。
何と、10Kgもあるんです。
それを、せっせと「梅割り機」を使い、砕いて(つぶす感じですが)ジューサーにかけて、「青梅果汁」を絞ります。
これがなかなか大変な仕事です。どんっ(衝撃)
やってもやっても「青梅」が減らない感じで、なんだか気が遠くなってしまいます。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、地道にやりましょうね。

P6144998-1.jpg
さて、「青梅」10Kgから、土鍋2杯分くらいの果汁が絞れました。
それを、弱〜い弱〜い火で、沸騰させないように、7〜8時間かけて煮込んで「濃縮」していきます。
やがて、夜の帳が下り、星が輝く静かな夜になりました。
それでもまだまだという感じです。
さらにゆっくりと煮詰めて、やがて深夜、日付が変わる頃に出来上がりました。
万歳〜exclamation×2〜〜〜どんっ(衝撃)わーい(嬉しい顔)
この写真のような感じです。
濃い茶色の「水飴」のようです。

P6144992-1.jpg
さて、やや熟し始めてしまった「青梅」も混ざっていたので、こちらは「梅ジャム」にしました。
「梅ジャム」といっても、甘味料は入れません。
「お酢」の替わりに使うからです。

2日がかりの「初梅仕事」、疲れた〜〜〜ふらふら
さて、いい気分(温泉)温泉にでも行きましょうか・・・・わーい(嬉しい顔)

「梅肉エキス」は、民間療法に使う「薬」です。
殺菌力が強いので、風邪をひいた時にも、よく効くそうです。
きっと、今世界中で心配されている「新型インフルエンザ」にも、威力を発揮してくれると思います。
頼りになるな〜〜〜〜ぴかぴか(新しい)
posted by 料理長 at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
梅肉エキスには家族でほんとにお世話になっています。
主人の母が、青梅から作ってみたことが
あるそうなのですが、
「あの大変な作業をするくらいなら、買ったほうがいい」
(結構なんでも手作りする母ですが・・・・)
といっていました。
そんなに大変なのに、ずいぶんたくさん作られたようで、尊敬します!
Posted by まゆぽんもん at 2008年06月16日 12:35
まゆぽんもんさん、こんにちは。
そんな、尊敬するなんて、とんでもありません。
今回はじめて作ったので、要領がわからず、いろいろと手際が悪かったみたいです。
でも、今度はそれがわかったので、性懲りもなく、実はまた今日もやっているんです。
今、最後の煮込みに入ったところです。

今は、「ジューサー」という機械を使うと、果汁を搾るのがすごく楽なんです。
お母さんは、きっとそれを「手搾り」でやっていたんでしょうね。
きっと私もそれだったらやりませんよ。
お母さんはえらい!!
Posted by 料理長 at 2008年06月17日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16062535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック