2008年06月18日

梅肉エキス、第2回目

数日前に初めて作ってみた「梅肉エキス」。
すごく作るのが大変だったにもかかわらず、昨日、もう一度作ることにしちゃいました。モバQ

今回は、どのように作ったかを順繰りに書いてみたいと思います。
P6175017-1.jpg
朝の10時くらいに、「無農薬・無施肥」の「たむら農園さん」から、「青梅」が届きました。
さっそく洗って、布巾で拭いて乾かします。

P6175035-1.jpg
さて、ここで「梅割り機」の「梅わり・梅ちゃん」の登場です。
青梅を、つぶすような感じで割って、種を除いていきます。
たくさんあるので、あせらずのんびりやりましょうね。猫

P6175036-1.jpg
さて、「青梅」が割れました。

P6175037-1.jpg
割った「青梅」を、ジューサーに入れて「果汁」を搾ります。

P6175042-1.jpg
さて、土鍋いっぱいになりました。
ここからが「長丁場」です。
沸騰させないように、ごく弱火で煮詰めていくんですから・・・・がく〜(落胆した顔) 気が遠くなりそうです。
この大きさの土鍋に3杯分も採れました。
おかげでガスレンジはめいっぱいです。
ご飯の支度をどうしよう・・・・と悩む私・・・ダッシュ(走り出すさま)

P6175048-1.jpg
さてさて、とっぷりと日が暮れて、またまた「星降る高原の夜」を迎えました。
今回は、少し早く始めたので、夜中になるちょっと前に出来上がりました。
鍋に木べらを入れ、すじが出来るようになると出来上がりです。

ばんざ〜〜〜いexclamation×2どんっ(衝撃)るんるん
長い長い「梅肉エキス」作りの1日が終わりました。

10Kgの「青梅」から、今回は550g出来ました。
たったのそれだけです。がく〜(落胆した顔)
本当に貴重品なんですね。

これで今年は風や病気知らずで過ごせるぞ〜〜るんるんるんるん
posted by 料理長 at 21:28| Comment(5) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
すごーーーいです!第二段も作られたのですね♪
我が家は手際が悪くとーーーーんでもない散らかりようとなり(笑)かすになった梅もかなり
多かったような・・・(汗)
細かい作業をレクチャーしていただき来年に
備えます!
Posted by 薪ストーブ娘 at 2008年06月19日 06:23
お疲れ様でした。梅は大丈夫でしたか。
ほんっと大変なお仕事でしたね。
手作りって最高です!!!ほんと尊敬です。
梅はあるけど、とても作ろうと思えません。。。
いつか私も作りた〜〜いです。
Posted by たむらふぁ〜む at 2008年06月19日 10:10
薪ストーブ娘さん、こんにちは。
1年に一回くらいのことだから、できるんですよ。
これが毎月だったら、さすがに「ギブアップ!」です。

確かに、梅はだいぶカスが出て、もったいない気持ちがします。
だからこそ、貴重品なんですね。

たむらふぁ〜む さん、こんにちは。
梅、なかなかよかったですよ。
おかげで、10Kgから400gと本には出ていましたが、550gも出来ました。
大助かりです。
梅の木が近くにあるなんて、うらやましいですよ。
ぜひ、近いうちに作ってくださいね。
Posted by 料理長 at 2008年06月20日 14:02
私もつくりました〜〜〜!
18日水曜日、たむらさんより梅が届き同じ便でうめわり梅ちゃんがとどいたんですもの♪
かれは神からの啓示とばかりに作りだし、何だか梅わり梅ちゃんのすごさに感動し、ジューサーのという文明の力にすっかり魅了され、気がついたら夜中の12時に約250mlのエキスができました^^
もし、青梅があったらまた作りたい!!!なんちゃって
Posted by チアキ at 2008年06月20日 15:21
チアキ さん、こんにちは。
さっそく作ったんですね。
実は「たむら農園さん」から、チアキさんに梅を送ったと連絡があったので、作っているだろうなあと思っていました。

ちょっとした道具ですが、「梅わり うめちゃん」はすごく役に立ち増すねえ。
ジューサーも楽チンです。
でも、やはり夜中までかかってしまうんですね。
お疲れ様でした。
Posted by 料理長 at 2008年06月21日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16148668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック