2015年08月30日

ボリビア風チューニョ・ハンバーグのメインディッシュ

久しぶりに作った「ボリビア風チューニョ・ハンバーグのメインディッシュ」。
これはボリビアの「コチャバンバ」と言う町の郷土料理をベジ化したものです。
本当は4種類のひき肉を使ったハンバーグで、めちゃくちゃ胃に重たいです(笑)。
牛、豚、鶏、羊の4種類ですからね。
だけど、タンボ・ロッジでは、超陽性の「凍結脱水乾燥じゃがいも」のチューニョから作ります。
薄く平べったいハンバーグの上には、目玉焼きが乗るのですが、昨日は「モチキビと麻の実」でそれらしくしてみましたよ。
ボリビア名は「Silpanncho Cochabambino」(シルパンチョ・コチャバンビーノ)。

IMG_4255.JPG
posted by 料理長 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アンデス・マクロ料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162539396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック