2008年06月23日

マシュマロ餅

「マシュマロ餅」
なんだか聞いたことがない名前のお菓子ですね。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
でも、これがおいしいんです。
「上南粉」という、「落雁」を作るときに使う米粉を使って作ります。

「上南粉」は、もち米を蒸して乾燥させたものを粉にして、焼色を付けないように焙煎したものです。
この米粉は、「マシュマロ風米粉」という名前で、「菅原商店さん」で販売しています。
何でも、昔ながらの方法で作っているので餅米からこの粉になるまで1週間くらいかかるそうです。
手間のかかる米粉なんですね。
でも、「火」が通っているので、そのままお菓子に使えます。
簡単に作れて、楽しいですよ。るんるん

P6175028-1.jpg
こちらは「マシュマロ風米粉」に「手作り水飴」と「豆乳」を混ぜて練り、中身に「レンズマメの餡子」をはさんでロールにしたものです。
「洋風マシュマロ餅」とでも言いましょうか。

P6215059-1.jpg
こちらは、中の黒い部分は「マシュマロ風米粉」の生地に「黒ゴマペースト」を練りこんで、ゴマ風味をつけた「和風マシュマロ餅」です。

2種類、もちもちとしていて、おいしくいただきました。わーい(嬉しい顔)

なお、菅原商店さんのブログにもこの米粉が紹介されています。「こちら」をみてくださいね。

なお、菅原商店さんのレシピは、「こちら」を見てくださいね。
ただし、砂糖をかなり使っていますので、砂糖を使わずに「手作り水飴」などに替える、そして「牛乳」を「豆乳」に変えるなど、工夫するといいと思います。
posted by 料理長 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉のスイーツ&パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16309436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック