2015年10月21日

HAPPY TABLEで料理教室

今日はタンボ・ロッジのマクロ・スイーツに欠かせないオリジナルの粗挽き米粉「こめっ粉40」が発売になって、記念すべき本州での第1回目の教室が、宇都宮にあるマクロビオティック・サロン「HAPPY TABLE」さんで行われました。
やはり最初は地元優先(笑)ですからね。
ということでもないけれど、日程的にそうなりました。
今回は、初級編で、まずはスイーツに欠かせない、うす焼きスポンジ生地の「ジェノワーズ生地」と、「シフォン」がテーマです。
そしてアンデス・マクロビオティック料理も一品、大豆たんぱくを上手に使った、「ペルー風炊き込みごはん」を作りました。
粗挽き米粉の「こめっ粉40」が発売になったので、もう「自家製粉してください」なんて教室で言い放ち、参加者に後ずさりされることはありません(笑)。
堂々と、この米粉を普及させていきたいです。

IMG_4808.JPG
さあ、始まりました。
まずは冷えるのに時間がかかる「シフォン」から。
今回はレーズンをいてれ、「レーズンシフォン」を作ります。
どこでもそうですけれど、皆さん熱心ですね。
うれしいです。

IMG_4811.JPG
今回参加された異色の方は、精進料理の達人の「奥秋さん」。
あちこちでマクロビオティックの精進料理をや玄米寿司を教えていられます。
この「HAPPY TABLE」でも常連の先生です。
しかし、そんな和食系の先生が、なんとタンボ・ロッジの洋菓子に挑戦!!。
いやぁ〜〜、ユニークで楽しかったです。
実は今回はロールケーキが2本焼かなければいけないので、1本は参加者の方にやっていただいたんですね。
それがまた皆さんの参考になったみたいで、うれしいです。

IMG_4824.JPG
さあ、全て出来上がり、支配人が盛り付けです。

IMG_4826.JPG
今回のランチ用に作った、「ペルー風炊き込みごはん」。
シンプルな盛り付けですね。
飾り付けのものを全然用意していませんでしたからこうなりましたが、料理を通じて、ペルー料理の話や油を酸化させない炒め方、大豆蛋白の味付け方などをお伝えできたかと思います。

IMG_4827.JPG
こちらは今回メインの「こめっ粉40」を使ったマクロ・スイーツ。
もちろんベーキングパウダーも使いません。
折角2本のロールケーキを作るのだから、一つは「ヨモギ」を入れて、色を変えてみました。
少し生地が粗くなっています。
生地の違いも分かっていただけたかなぁ〜〜。

IMG_4834.JPG
参加者全員で記念写真を撮りましょう。
皆様、今日は近くから、そして遠くからも参加してくださって、ありがとうございます。
そしてタンボ・ロッジのマクロ・スイーツに興味を持っていただいて、ありがとうございます。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
そして、この教室を企画、運営された「HAPPY TABLE」の杉村さん、本当にありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
今回の続きを、そしてグレードアップした連続講座を望む声が多数ありましたので、きっと来年になると思いますが、続きがあると思います。
その時は皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 料理長 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166176824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック