2008年07月11日

ハーブ梅酢

うまくいくかどうかわからないけれど、「ハーブ梅酢」を仕込みました。
これは、タンボロッジでケチャップを作るときに使うためなんです。

「ケチャップ」と言うと、ほとんどの人が「トマトケチャップ」を思い浮かべるでしょう。
しかし、トマトじゃなくても、おいしいケチャップが出来るんですよ。
タンボロッジでも「カボチャのケチャップ」や、「ビーツのケチャップ」を手作りしています。
それはまたトマトケチャップとは少し違った味わいで、とてもおいしいんです。

で、
そのとき使っていたのは「ハーブビネガー」です。
「りんご酢」や「米酢」などに「タイム」「セージ」「シナモン」「クローブ」「ローレル」を漬け込み、半年くらい置いておき、漉して使っています。

今回は、その「お酢」をよりマクロビ的にするために、「梅酢」でやってみようと考えました。
P7115185-1.jpg
ビンにハーブと梅酢を入れると、色がきれいですね。

梅酢は塩が結構含まれています。
なので、ハーブの香りを引き出すことが出来るかどうか、わからないので、今回は「実験」という感じですね。
秋が深まった頃、ビーツやカボチャで「梅酢ケチャップ」を作れるといいんだけど・・・・
果たしてどうなるでしょうか。
お楽しみに

なお、詳しいタンボロッジでのトマトケチャップの作り方は、「こちら」を見てね。
posted by 料理長 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16839999
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック