2008年07月24日

ヒマラヤの岩塩

最近タンボロッジでにわかにはやっているのが、「ヒマラヤの岩塩」の「ブラックソルト」です。

ヒマラヤの岩塩は、3億数千万年前の海水が陸に閉じ込められて、それが隆起し、その「岩塩の層」から掘り出されている塩で、この「ブラックソルト」のほかに、「ピンクソルト」「クリスタルソルト」などがあるんですが、中でもタンボロッジではやっているのが、この「ブラックソルト」です。
DSCN9674-1.jpg
このブラックソルト、「硫黄」のにおいがします。
何でも、「還元力」が強い塩だそうで、天婦羅の衣を作るときに、その水の中に少し解いて衣を作ると、油の酸化が抑えられるので、しばらく置いてもおいしいそうです。

でも、その「硫黄」の臭いを利用して、ベジタリアンならではの「なんちゃってたまご」が出来るので、感動しています。るんるん

DSCN9651-1.jpg
ほらほら、この「もちキビのオムレツ風」、見た目にも「卵っぽい」のですが、そこに、この「ヒマラヤのブラックソルト」を少しふりかけると、たちまち本物の卵のように変身するんです。

よく硫化水素(硫黄)の臭いがする温泉がありますよね。
あれって、「ゆで卵の臭い」なんて感じませんか?

そうなんです。
その臭いを利用するんです。
すると、どんなものでも「卵」が入っているように感じるから不思議です。

タンボロッジの朝食メニュー「スクランブルエッグ風」に一振りかけると、もう涙物のおいしさです。もうやだ〜(悲しい顔)

・・この塩は、加熱したり時間を置くと、硫黄の臭いが飛んでしまいます。
それはそれでおいしいのですが、卵風に使うときは、それは「瞬間芸」のように、食べる直前にかけましょう
posted by 料理長 at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | マクロビオティック料理
この記事へのコメント
私もメーカーは違いますが、ブラックソルトをvegan卵料理風料理や、その他ドレッシングにも使います。卵の白身の部分と近い味だと思います。ポテトサラダにも入れて卵が入っている感じを出します。

ちなみに、タンボロッジさんを5年ほど前にネットで知り、ひそかに憧れて、ベーキングパウダーを使わないケーキを自己流にアレンジして、配合をオリジナルに変えてケーキも作っています。まだまだ、初心なので、見習わないと思っています。特許も取れそうなレシピを勝手にアレンジしてしまって、ごめんなさい。
Posted by ほとは at 2013年07月30日 11:14
ほとはさん、こんにちは。
レシピを色々アレンジしているとのこと、それは素晴らしいです。
ベーキングパウダーを使いたくないので、こんなレシピを考えました。
どんどん広げて、マクロビオティックやビーガンの世界が広がることを願っています。
コメントをありがとうございます。
Posted by 料理長 at 2013年07月31日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17271701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック