2016年01月27日

リマクッキングスクールでタンボ・ロッジのスイーツ教室中級クラス

1月25日(月)、前日のおしゃもじサロン主催のライブクッキングに続いて、この日は東京の池尻大橋にある「リマクッキングスクール」でのタンボ・ロッジのマクロ・スイーツ教室の日。
でも、この日はめちゃくちゃハードな日なんです。
と言うのも、午前中と午後にスイーツ教室2回戦、そして夜はアンデス料理を食べながらのお話会が予定されています。
つまり、一日で3講座!!。
ひえ〜〜〜!!、比叡山に登る勢い(笑)。
午前と午後2回にクラスが分かれたのは、スイーツクラスも中級クラスなので、より少人数で丁寧に教えられるようにという配慮からなんですよ。
しかし、午後は急遽開催することになったので、人数は割と少なめで、一安心です(笑)。

IMG_6064 コピー.JPG
さて、午前の部が始まりました。
この日作る米粉のマクロ・スイーツは2種類、「サバラン」と「チョコレートブラウニー」です。
中級クラスともなれば、初級の時にやったことを省けるので、いきなり参加者の方に「サバラン」の生地作りに挑戦していただきました。
あっ、その前に、豆乳の性質と、濃度を変えることでの生地の変化などのレクチャーをしました。
しかし、しっかり初級を復習していないと、戸惑ってしまいますね。
ちょっとスパルタ式(笑)。

IMG_6067 コピー.JPG
チョコレートブラウニーはとても簡単です。
材料を混ぜて、湯煎にかけ、チョコレートを溶かし、型に入れて焼くだけ。
つまり、豆乳メレンゲで泡立てて膨らます工程がありません。
だけど、このスイーツに「こめっ粉40」を使うと、とても美味しいんですね。
新しいジャンルの「粗挽き米粉」が大活躍です。

IMG_6069 コピー.JPG
ちょうどお昼を挟むので、スイーツだけ食べるのもなんだから、スタッフさんたちが、味噌雑炊を作ってくれました。
人数も28人いるので、かなりの大鍋ですよね。
こんなにたくさん作るのって、大変でしょう。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございます。
とても美味しかったです。

IMG_6075 コピー.JPG
サバランとブラウニー、完成です。
もう少し大きいお皿に盛りつければ良かったですね。
ちょっと反省。
この後質疑応答を経て、午前の部が終わりました。
遠路はるばる参加してくださった皆様、ありがとうございます。
ちょっと緊張した場面もあり、お恥ずかしい限りですが、大目に見てくださいね(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_6079 コピー.JPG
午後2時半くらいに午前の部が終わり、たった30分で午後の部が午後3時にスタートです。
うひゃ〜〜〜!!
でも、もうひと踏ん張りですから、頑張ります!!。
まずは豆乳や米粉のレクチャーから始まり、まずは焼くのに時間がかかる「米粉のチョコレートブラウニー」をデモンストレーションで焼きました。

IMG_6080 コピー.JPG
午後は9人と小じんまりした講座で、とてもゆったりできましたよ。

IMG_6082 コピー.JPG
さて、サバランは午前中と同じく、参加者にいきなり作ってもらうスパルタ式(笑)。
代表でお願いした方の真剣な表情に感動しましたよ。

IMG_6084 コピー.JPG
お二人の方にやっていただきました。
泡立て方の違いにより、粗すぎるのと丁度良いのが出来ました。
サバラン生地の裏側の写真です。
左が泡立てすぎで粗くなってしまった物。
でも、失敗した方が、コツとか要領がよくわかります。
失敗は理解を深める良いチャンスなのです。

IMG_6085 コピー.JPG
すべて出来上がり、盛り付け風景です。

IMG_6086 コピー.JPG
おいしそうにデコレーションされた「米粉のサバラン」。
午前中はブラウニーと一緒の小さいお皿に乗せてしまったのを反省し、午後は個別に盛りつけました。

IMG_6091 コピー.JPG
こちらは米粉のチョコレートブラウニー。
とても美味しそう!!。

急きょ増設した、午後のクラスに参加してくださった皆様、ありがとうございます。
そして、来月は上級クラスがありますので、是非参加してくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。
そして、とても手際よくサポートしてくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
posted by 料理長 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172848297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック