2016年01月27日

ペルー料理の会

1月25日(月)、午前の部と午後の部のタンボ・ロッジのマクロ・スイーツ中級クラスが終わりました。
しかし、もうひつつ講座が待っています。
それは・・・・「ペルー料理の会」。
ベーキングパウダー不使用のふわふわ系マクロ・スイーツがタンボ・ロッジの人気を高めていますが、実はタンボ・ロッジは日本でただ1軒の知る人ぞ知る、アンデス料理のマクロビオティックの宿。
ベジ化され、陰陽のバランスを整えたアンデス・マクロビオティック料理が得意なんですよ。
だから、そこにスポットを当てたこの講座、本当にありがたい講座です。
企画してくださった日本CI協会の石井さん、本当にありがとうございます。

IMG_6094.JPG
じゃ〜〜ん、パンフレットとこの日食べるペルー料理のレシピつきです。
すご〜〜い!!。
料理は私は作りませんでした。
なにせこの前にスイーツクラス、2回戦だからねぇ。
だから、レシピを提供して、リマクッキングスクールの1階の店舗に併設されたレストラン「キュイジーヌ・エ・サンテ リマ」のシェフさんとスタッフさんが作ります。
果たしてどんな料理になるか、大いに楽しみです。

IMG_6095 コピー.JPG
最初はこちらのシェフさんの作ったサラダです。

IMG_6096 コピー.JPG
こちらは「黒豆のコロッケ」。
油で揚げずにフライパンで焼いてあるそうです。
これもこちらのシェフさんの作った前菜です。
とても美味しく頂きました。

IMG_6098 コピー.JPG
ここからがペルー料理です。
メインディッシュのプレートには、真中の玄米ご飯を挟むように、右側が「白チューニョとアラメのセビッチェ」。
そして左側が、「ペルー南部風シーフード風味の辛くないクリークカレー」。
「チューニョ」は今タンボ・ロッジでも作っている最中の、凍結乾燥じゃがいもです。
じゃが芋の毒がすべて抜けて、とても体を温める陽性に変化した、アンデスの究極の保存食です。
「セビッチェ」は、ペルーの国民的な料理で、オリジナルは白身魚を刺身で使い、レモンで〆た、ペルー版カルパッチョと言えるような料理です。
そして、クリームカレーは、ペルー南部にある、ペルー第2の都市、「アレキーパ」の郷土料理で、標高2300mのこの町の近くを流れる川で採れる「河海老」を使った料理ですが、河海老の替わりにキノコを使い、エビっぽく料理するタンボ・ロッジのオリジナル料理です。
まるで私が自分で作った料理のように、おいしく上手に出来ていて、感動しました。
意外と再現性の高いレシピだと、改めて確認できて、とてもうれしかったです。

IMG_6099 コピー.JPG
こちらはアンデスのチチカカ湖地方のカボチャのスープです。
こちらもとても美味しく出来ていて、感動!!。

IMG_6100 コピー.JPG
なんと!!、こちらのシェフがタンボ・ロッジのホームページを見ながら作っている途中の黒チューニョ。
そこまでやってくれているとは、とてもうれしいです。
おぬし、やるのぉ〜〜(笑)。

IMG_6102 コピー.JPG
コース料理最後のスイーツはこちら。
ペルー風キャラメルサクサククッキーです。
実はこれ、もっと大きくくり抜いて、甘酒から作ったキャラメル風クリームを挟むのですが、小さい型で抜いて、たくさん作っていただきました。
レシピにくり抜く大きさ、書くの忘れちゃったんです、わたくし。
ぽりぽり・・・反省しています(笑)。
だけど、本当にぽろっと崩れるような食感で、上手に出来ていました。
こちらはスタッフさんが作られたということです。
うれしいな〜〜。

IMG_6105 コピー.JPG
料理を食べながら、持参したアンデスの写真と共に、アンデスの食文化とペルーの魅力、インカをはじめとするその歴史や人々の人情など、話しても尽きないお話を色々とさせていただきました。
最後に参加された皆様と記念撮影です。
今日は夜遅くまで、お付き合いくださってありがとうございます。

IMG_6107 コピー.JPG
スイーツ教室の時にスタッフとして手伝ってくださったお茶目な女子たちと一緒に写真を取りましょうね。
最後まで大笑いしました。
この日はハードで疲れたけれど、めちゃくちゃ楽しかったです。
企画してくださいった石井様、本当にありがとうございます。
posted by 料理長 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの日記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172853881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック