2016年01月31日

支配人の秘密のパン教室

タンボ・ロッジのパンを担当している支配人。
どうしてもそのパンを習いたいとお願いされて、断り切れなかった支配人(笑)。
ついに支配人が初めての教室を、秘密裏にやってしまいました。
今回は、タンボ・ロッジで作って、朝食に出している数あるパンの中で、「こめっ粉40」を使った米粉パンと、古代小麦と南部小麦のブレンドパンと2種類を、2日にかけて焼きました。
初日は夕食の後、「こめっ粉40」のパンを、翌日は朝食後に古代小麦と南部小麦のブレンドパンを焼いて、ランチに炊きたてのパンを美味しく頂いちゃいましたよ〜〜。♪♩ ♫♬〜♪〜
私は裏方です(笑)。

IMG_6194.JPG
2日目の朝、朝食後から始まる小麦のパンの教室。支配人は「手捏ね」ではなく、「ニーダー」(パン捏ね機)を使うんですね。
そして、天然酵母ではなく、アリサンのドライイーストを使います。
実はあまり本格的とは言えないので、支配人は教室に難色を示していたんですよ〜〜。

IMG_6197.JPG
パンが捏ね上がりました。パン捏ね機から出して成形します。
やはり文明の利器は楽チンだなぁ〜〜。♪♩ ♫♬〜♪〜

IMG_6199.JPG
切り分けて、パンチングをして型に入れ、2次発酵へと移ります。

IMG_6201.JPG
さあ、おいしそうに焼き上がりましたよ〜〜。
支配人のほかに、参加者も一緒に成形したんですよ。

IMG_6204.JPG
みんなでまるで写真撮影会のよう(笑)。

IMG_6200.JPG
前日の教室で焼いた、「こめっ粉40」を使った米粉パンです。

IMG_6205.JPG
ランチは、烤麩(コーフー)カツとサラダです。

IMG_6206.JPG
私が急きょ作った、カボチャのスープも。
なんだか具を入れ過ぎのようですが・・・(笑)。

IMG_6208.JPG
焼きたての古代小麦パンに、おいしいオリーブオイル「オルチョサンニータ」と豆腐とターメリックと塩で作った、まるでバターのような「ベジバター」をたっぷり塗っちゃうもんね。(笑)

IMG_6209.JPG
その上に、キャベツとレタスをのせ、烤麩カツを乗せ、タンボ・ロッジ自家製の「カボチャのトンカツソース」を塗ります。

IMG_6210.JPG
上から厚めの焼き立てパンを挟んで出来上がり。
超豪華な烤麩カツサンドですよ〜〜ん。

IMG_6207.JPG
では皆で、いただきま〜〜す。
こうして支配人の秘密のパン教室は、楽しくおいしく終了しました。
posted by 料理長 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173162506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック