2016年05月05日

白チューニョ団子のソースかけ

昨日のタンボ・ロッジの夕食のメインディッシュがこちらです。
「白チューニョ団子のソースかけ」。
いつもは挽肉のイメージに近く出来る「黒チューニョ」を使いますが、今回は「白チューニョ」で作ってみました。
いつもタンボ・ロッジでは、「白チューニョ」は「魚」をイメージして使うんですが、肉団子風もおいしいです。
実はこの「白」「黒」のチューニョ、同じジャガイモから作ります。
黒は凍結させてから解凍を数回繰り返し、ぎゅっと絞って皮を剥いて太陽に当てて乾燥させます。
白は黒と同じく、凍結〜解凍を数回繰り返し、その後融けたところで皮を剥き、流水に10日ほど晒してから陰干しします。
作る工程の違いで、こんなに違ったものができるのがすごいところ!!、アンデスの先住民の知恵に驚くばかりです。
とても体が温まる陽性食のチューニョ、まだ少し肌寒い会津高原にはぴったりです。

IMG_7192.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175172377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック