2016年06月16日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス平日開催)2回目(1)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス平日開催)2回目の日でした。
今回は割と少人数で、5名の方が参加されました。
何故か地元色が強く、4名が栃木県から、1名が福島県からです。
タンボ・ロッジの庭をフル活用して、野生のストロベリーを使ったり、翌日には山ウドをランチに食べたりと、これはまた楽しい講習会になりました。
作ったスイーツは2種類、「オペラ」と「レアチーズケーキ風」で、どちらもビーガン仕様です。

IMG_7586.JPG
何やら地面を見つめて探しもの!!。
そうなんですよ、この日のスイーツに飾る「ワイルドストロベリー」を探しているところです。

IMG_7589.JPG
今ちょうど熟してきたタンボ・ロッジの庭にある「ワイルドストロベリー」。
小さくてとてもかわいいイチゴです。
味は酸味が強く、しかし香りも良くて、昔ながらの苺と言う味がします。
もう10年以上も前に苗を植えたんですが、どんどん広がり、手入れは苺の周りの草を少し借り払うくらいの放任栽培です。「栽培」と言うよりも、「野生化している」と言った方が良いかもしれませんね。

IMG_7590.JPG
「ほら、あっちにもある」と、那須町でベジのレストランを営む松岡さん。
でも、つまみ食いをしているようで、頬張っていますよ。
証拠写真を撮っちゃいました(笑)。

IMG_7594.JPG
さて夕食の時間です。
この日のスープは「ペルー風トマトのクリームスープ」です。
「丘の上のポモドリーノ」と言う名前の、イタリア産自然栽培チェリートマトの瓶詰めを使って作りました。
教室を始める前に収穫した「ワイルドストロベリー」も飾りに使ってみると、やはり赤が入るととても綺麗に見えちゃいますね。
おいしそう〜〜(笑)。

IMG_7596.JPG
前菜のプレートです。
キャベツのケッパー蒸し、スナップエンドウのひよこ豆味噌添え、じゃが芋のペルー中央山岳地帯風クリームソースかけです。

IMG_7600.JPG
さて、お腹もいっぱいになったところで、「ビーガン・オペラ」の盛り付けです。
もちろんベーキングパウダー不使用です。
今回も、ビーガン・ホワイトチョコレートを使って、マーブルにコーティングしてみました。

IMG_7602.JPG
個別のお皿に盛りつけ、飾ります。
ワイルドストロベリーがとても鮮やかで、オペラを引き立たせてくれています。

IMG_7607.JPG
みんなの分を集めてみると、それぞれに個性的なデコレーションですね。
これも楽しいです。♪♩ ♫♬〜♪〜
そしてこの後、例によって話が尽きることなく、またまた夜更かしです。(;一_一)
posted by 料理長 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175717928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック