2016年06月16日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス平日開催)2回目(2)

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室(上級クラス平日開催)2回目の2日目です。
朝8時からタンボ・ロッジの朝食を食べて、一呼吸してから「白いレアチーズケーキ風」を作りました。
このマクロ・スイーツは、寒天でレアチーズのようなババロアを作ると言うもので、そのババロアを冷蔵庫で固めている間に、軽めのランチをいただくことになっています。今回は参加者の中に、山菜や野草料理に詳しい野菜と玄米のお店「松おか」の松岡さんがいました。
松岡さん、タンボ・ロッジの庭にたくさん生えている、大きくなった「山ウド」をさっそく見つけましたよ。
なんでも山ウドは、新芽がどんどん出てくるので、それを摘めばなんと!!秋まで楽しめるそうです。
だから、この日のランチのおかずは「山ウドの天ぷら」となりました。

IMG_7621.JPG
タンボ・ロッジの建物のすぐ脇にもたくさんの山ウドがあります。
みんなでその新芽を収穫!!。

IMG_7626.JPG
さっそく作った「山ウドの天ぷら」。
今回は、米粉のスイーツ教室なので、天婦羅も米粉の衣で揚げてみました。

IMG_7629.JPG
ランチが終わり、いよいよ「白いレアチーズケーキ風」のデコレーションです。
私は最初に一つ作り、あとは皆さんがそれぞれ自分の分は自分でクリームを塗って、デコレーションしました。

IMG_7636.JPG
さて、シンプルだけれど出来上がりました。
中のレアチーズ部分のババロアに、フリーズドライのオーガニックサクランボの実を入れてあります。
真中に赤い実が出て来た時、とてもうれしく感じてしまいます。
赤い色の魔力を感じる一瞬です(笑)。
posted by 料理長 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175718225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック