2016年08月21日

1年分のニンニクを加工

タンボ・ロッジで使う1年分のニンニクを、保存ができるように加工しました。
自然農法のニンニクが出回るのは7月から今くらいまでなので、1年分の料理に必要な分はこうして保存しないといけないんです。
「平出の菜種油」とみじん切りのニンニクで作ります。
こうして瓶詰めしておけば、料理の際にいちいち皮を剥いてみじん切りにすることなく使えて、とても便利!!。
今年は、去年たくさん作りすぎて余り気味なので、作る量をかなり少なくしました。
おかげで作業はとても楽でしたよ〜〜。メロディ(^^♪ ♪♬~メロディ~♫♬

IMG_8213.JPG
まずはニンニクを一つずつ外していきます。

IMG_8215.JPG
そして、「ガーリックピーラー」なる道具を使い、皮を剝いていきます。
これは単なる「ゴム」のチューブなんだけれど、中ににんにくを入れてしごくと、皮があっという間に外れるという優れものです。
この道具をタンボ・ロッジでは「ムキムキマン」と呼んでいます。
昔聞いたことあるような名前だなぁ〜〜(笑)。

IMG_8216.JPG
すべて剥けたら、水で薄皮が残らないように洗います。

IMG_8218.JPG
深めのフライパンに「平出の菜種油」をたっぷりと入れ、フードプロセッサーでみじん切りにしたにんにくを入れて全体に炒めているような感じになるまで加熱します。
それを熱湯消毒した瓶に詰めて、蓋をすぐさましっかりと閉めて、脱気殺菌します。

IMG_8220.JPG
さあできましたよ。今回は4瓶半ほどの量です。
でもまだ在庫がこの2倍量あるので、1年分は確保した感じになりました。
posted by 料理長 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176560948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック