2016年09月23日

カボチャとビーツのケチャップ作り

今日は1年分の「カボチャとビーツのケチャップ」を作りました。
タンボ・ロッジではトマトケチャップもたまには作るのですが、夏に最盛期のトマトを使うので、忙しい時期とダブってしまうので、かなり大変です。
そしてかなり煮込んで濃縮しないといけないので、夏にはやりたくない作業です。(笑)
それに比べて、カボチャとビーツは今頃の涼しくなったころに出回るし、煮詰めないでよいので、とても楽なんですよ。
さあ、作りましょうね。

IMG_8483.JPG
自然農法のビーツと同じく自然農法の「バターナッツ」というカボチャをGET!!
ケチャップにするには、ほくほくタイプのカボチャより、煮崩れてしまうタイプのほうが作りやすいんですよ。
だから、「バターナッツ」はぴったりなんです。
そして「ビーツ」はケチャップらしい赤い色付けを兼ねています。

IMG_8482.JPG
今年の5月に仕込んでおいた「ハーブビネガー」を、さらしの布で濾します。
もうこの時点で「ケチャップ」の香りが・・・・。
そうなんですね、ケチャップの決め手はこの「ハーブビネガー」にあるのです。

IMG_8486.JPG
カボチャとビーツをオーガニックのリンゴジュースで煮ます。
それをミキサーに入れてピューレにします。

IMG_8487.JPG
自然塩とハーブビネガーを入れて、こんなにたくさん出来上がりました。
8リットルの大きな鍋にこんなにたくさん!!。
ちょっと作りすぎかも(笑)。

IMG_8488.JPG
熱湯消毒した瓶に入れ、脱気殺菌をします。

IMG_8490.JPG
こんなにたくさんできました。
これは1年分以上ありますよ〜〜。
こうして脱気殺菌すると、3年くらいは持つから、まあ来年少し楽ができるかな?。
posted by 料理長 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176991986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック