2016年10月13日

タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室、最終回(1)

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジのスポンジ系マクロ・スイーツがよくわかる教室、最終回の日でした。
最長の人で約1年がかりのスイーツ教室でしたが、無事最終回を迎えることができて、正直いってホッとしています。
初級から中級、上級と最終回は超上級という呼び名で4回行いました。
最初はロールケーキから始まり、豆乳の濃度を変えたり、粉と豆乳の構成を変えたり、他の材料(麻の実ナッツなど)を入れることにより、よりリッチな生地に仕上げたり、ありとあらゆる手法を用い、卵を使ったケーキと同じレベルのケーキを、卵もベーキングパウダーも使わずに、そして小麦粉さえ使わずに作り上げてきたという、一風変わったタンボ・ロッジオリジナルのマニアックな講座でした。
それも今日で終わりになると思うと、ちょっと寂しいです。
でも、今年は48名の方が卒業したことになります。
その方たちが、日本全国に散っていき、それぞれの地域で活躍することはとてもうれしい限りです。
この講座に参加された皆様、本当にありがとうございます。

IMG_8751.JPG
最終回の講座が始まりました。
今回作るのは、「黄桃のシャルロット」と、2日目に「米粉のエクレア」です。

IMG_8754.JPG
シャルロットの生地を絞り出して、粉砂糖を振ってオーブンで焼きます。

IMG_8755.JPG
生地が焼きあがりましたよ。

IMG_8760.JPG
無事「黄桃のシャルロット」が焼きあがり、ケーキが固まるまでの間にタンボ・ロッジのアンデス・マクロビオティック料理の夕食を、みんなで頂きま〜〜す。(^O^)/

IMG_8763.JPG
出来上がった「黄桃のシャルロット」。
これを切り分け、少しデコレーションします。

IMG_8766.JPG
個別のお皿に盛り付け、飾ります。
そしてこのスイーツを食べながら、いつもと同じく、夜遅くまで話は尽きることがありませんでした。
posted by 料理長 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177244860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック