2016年12月28日

Chiquiánの町を散策

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月7日(月)、早起きして朝早いバスで「アンデスのチベット、Chiquián」へ日帰りでやってきた私たち。
朝食を済ませ、それほど広くないこの街を散策してみました。
帰りのバスは午後2時です。
時間はたっぷりありますからね。
何しろ1〜2時間ですべて歩けてしまいそうな大きさの町ですから。

IMG_8847-1.jpg
工事中の路地。

IMG_8852-1.jpg
少し眺めの良さそうな高台へ登ってみました。
牛たちも放牧に向かいます。
長閑なアンデスの風景だなぁ〜〜。

IMG_8858-1.jpg
見えました、氷河を戴くワイワッシュ山脈の山並み。
しかし、やはり雨期の走りだけあって雲がかかり始めていて、明け方にはくっきり見えていた最高峰の「イエルパハ」(標高6634m)の山頂は雲の中でした。
とても残念。

IMG_8860-1.jpg
Chiquiánの町の向こうには、「Cordillera Bulanca」(ブランカ山脈)の氷河の山、「Rajutuna(ラフトゥナ)(標高5360m)が見えています。
しかし、山の上の方まですべて畑、よくもまあこんなにと思う位ですよ。
もちろん畑は、低い方が温暖なので、高さによって作る作物が違います。
一番上はもちろんアンデス原産のジャガイモですよ。

IMG_8861-1.jpg
Chiquiánの町全景です。

IMG_8864-1.jpg
牧場のこんなところで牛の乳絞りが・・・・。
しかも子牛連れの牛さん。
子牛の分を横取りしちゃっているような気がしますが、足りるのかなぁ〜〜。(笑)

IMG_8866-1.jpg
高台から降りて、町に戻りました。
荷運びのロバがつながれています。
のどかなアンデスの田舎の風景だなぁ〜〜。

IMG_8870-1.jpg
町の広場で来るくつろぐ支配人。
やはり標高高いし、高台まで登るのに息が切れてしまいましたからね。

IMG_8871-1.jpg
時間もあるし、町の反対側に登りたい私たち。
しかし、標高高いし、まだ高いところ3日目だから、タクシーで行っちゃおっと。(笑)
これは「モトタクシー」と言って、この辺の町によくあるタクシーで、オート三輪を改造し、3人まで乗れるんですよ。
手軽なタクシーです。

IMG_8873-1.jpg
わ〜〜〜、ワイワッシュ山脈とチキアンの町の全景が見えます。
雲がなかったら最高なんだけれどね。
でもここまでこれたことと、朝一瞬だけど最高峰の「イエルパハ」が見えたことに感謝です。

IMG_8877-1.jpg
美しいチキアンの町とワイワッシュ山脈の山々。

IMG_8880-1.jpg
そうそう、記念写真撮らなくっちゃね。

IMG_8883-1.jpg
モトタクシーの運転手のお兄さんとも写真撮りましょうね。
お兄さん若いねぇ〜〜。(笑)
posted by 料理長 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178197141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック