2016年12月29日

朝食を食べて、アンデス越えへ

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月8日(火)、この日は滞在している「Huaraz」から、標高4550mの峠を越えて、アンデスの反対側にある「Chavín de Huántar」(チャビン・デ・ワンタール)の遺跡を見学するツアーに申し込んでいました。
この遺跡、「Chavín」と言う町のすぐそばにあるので、公共交通機関でも手軽に行けるのですが、バスだと景色の良いところも止まってくれずに通り過ぎてしまうので、ツアーを選びました。
最近のペルーアンデスは、かなり道も整備され、富士山より1000mも高い峠道も、今は舗装され、わずか3時間で行くことができるんですよ。
高い峠を越えるし、きっとお腹がすくだろうと、この日はしっかり朝食を食べていくことにしました。
前日の夕食は抜きだったしね。

IMG_8919-1.jpg
ツアーの集合時間は午前9時。
前の日がすごく朝早かったせいもあり、寝坊できる時間帯で、うれしいです。
そして開いているお店を探します。
お〜〜、「Juan-diego」と言うお店が開いています。
私たちが泊まっている宿のすぐ近くですよ〜〜。
さっそく朝食を頂くことにしましょうね。

IMG_8913-1.jpg
温かい飲み物(Bebidas calientes)と冷たい飲み物(Bebidas frias)がありますが、冷え込む朝は当然温かい飲み物が欲しいですね。
豆乳(Leche de soya)もありますよ。
しかし、聞いたことないような飲み物があります。
温かい飲み物の下の方に、「Quaquer」とか、「Punqui」とか!!。
聞いてみたところ、「Quaquer」と言うのは、おじさんのトレードマークの「クエーカー」の粉を混ぜた穀物ドリンクだそうです。
「Punqui」と言うのは独自配合の雑穀ドリンクだそうなので、こちらを頼んでみました。
Quaker.jpg
これ、見たことあるでしょ。「クエーカー」のロゴです。

IMG_8914-1.jpg
「Punqui」(プンキ)はどろどろとした、オートミールなどの雑穀で作ったドリンクです。
味は何もついていないので、自分で砂糖を入れたりして飲むんだそうです。
塩味で飲んでみました。
結構おいしいです。
癖になりそう!!。

IMG_8915-1.jpg
3人いるので、それぞれに違うものを頼んでみました。
こちらはYさんが頼んだはヨーグルトのミューズリー。
今が旬のマンゴーやリンゴ、グラノーラもたっぷり入っておいしそう!!。
黒蜜がかかっていました。

IMG_8916-1.jpg
私はアボカドのサンドイッチ。
なんだかかなりシンプルですね。
軽い朝食にはもってこいですよ。
だってね、これから4550mの峠越えですからね。

IMG_8917-1.jpg
支配人はパンケーキを頼みました。
蜂蜜がかかっているだけのシンプルなケーキです。

IMG_8918-1.jpg
それぞれの朝食風景です。
飲み物も私は「Punqui」、支配人はハーブティー、Yさんはコーヒーと3人三様でした。
posted by 料理長 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178209280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック