2016年12月29日

アンデスの秘湯(2)チャビン温泉

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

11月8日(火)、チャビン遺跡へのツアーで遅めのランチをいただいた私たち。
ツアーはそのままHuarazの町へと帰ります。
しかし、私たち3人は途中で降ろしてもらいました。
と言うのも、チャビンの村から歩いて20〜30分のところに、温泉があるからです。温泉
今回はなるべくたくさんの温泉に入るのも旅の目的にしていた私。
アンデスの温泉は素朴で、自然湧出している本物の温泉しかないのですから。
そして今回2回目となる、アンデスの秘湯シリーズのこのチャビン温泉も、本当に素朴なとても良い温泉でした。
チャビンの村からワラスまでは、公共の路線バスがたくさん出ているので、この日は素朴なチャビン村に泊まり、翌日にワラスに戻ろうという計画です。

IMG_8976-1.jpg
ツアーバスはワラスの帰り道に、チャビン温泉の入り口を通ります。(事前に調べておきました)
ここでツアーの人たちとお別れです。
バスの窓からみんな手を振ってくれましたよ。

IMG_8977-1.jpg
温泉は、階段を下りて、川の畔にあるようです。
でも結構低いところまで下りないといけないんですね。
頑張りましょう。

IMG_8979-1.jpg
川のせせらぎの傍に、温泉施設が見えてきました。

IMG_8981-1.jpg
到着しました。
本当に素朴な、まさしく「秘湯」です。

IMG_8982-1.jpg
受付を済ませ、中に入ると、ここも秘湯シリーズ1回目の「チャンコス温泉」と同じく、個室タイプです。
しかし、個室が5つあるだけという素朴さ。
2室は地元客が入っていました。
空いているところにさっそく入りましょうかね。

IMG_8984-1.jpg
蛇口をひねってお湯を出し、いっぱいになるのをしばし待ちました。
お湯は硫黄の匂いがして、白濁しています。
チャンコス温泉は単純泉だったけれど、こちらは硫黄泉なんですね。

IMG_8986-1.jpg
満タンになったので、さっそく入りましょう。
温度はややぬるめでしたが、30分くらい入るのにちょうどよい湯加減です。
えっ、料理長の入浴写真なんか見たくないって!!。
あはははは〜〜、そんなにキモイなんて言わないでね。

IMG_8988-1.jpg
帰りはチャビンの村まで約30分歩いて帰りました。
牛が家から出てきましたよ。
もうじき日が暮れる素朴なアンデスの田舎の風景です。

IMG_8989-1.jpg
昼間は観光客で賑わっていた「チャビン・デ・ワンタル遺跡」も静まり返っています。

IMG_8990-1.jpg
川を渡り、町へと急ぎます。

IMG_8992-1.jpg
遺跡の傍の広場を通るころには、夏なので長いはずの太陽も、さすがに沈み、夜の風景に変わり始めていました。

IMG_8996-1.jpg
チャビン村の中央広場に着くころには、街頭に灯がともる夕暮れ時。
早く宿を探さなくっちゃね。

IMG_8997-1.jpg
この日はこちらの宿に泊まることにしました。
結構綺麗で快適な部屋でしたよ。
で、ランチが遅かったので、部屋でお茶を飲む程度で、この日は夕食抜きの日です。
偉いでしょ!!。(笑)
posted by 料理長 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178210971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック