2017年02月01日

支配人のキムチづくり

数日前に、タンボ・ロッジの支配人が初めてキムチを仕込みました。
キムチは去年の3月に韓国へ行ったときに習ってきたのですが、その後白菜の季節が過ぎ、作れずにいました。
しかし今は白菜の季節真っ盛り。
そこでメモと記憶を頼りに仕込んでみたのです。
もちろん「アミ」や「魚醬」を使うところを、タンボ・ロッジでいつも作っている「醤油麹」を使ってみました。
だから、ビーガン・キムチです。
韓国でキムチを習った時の記事はこちらです。

IMG_2581.JPG
白菜の葉一枚一枚に塩をまぶして5〜6時間置いておきます。

IMG_2586.JPG
5〜6時間経ちました。
白菜の葉を水で洗い、そこへキムチのほかの材料を刷り込んでいきます。
材料は低農薬のリンゴのすりおろしを除いてすべて自然農法、またはオーガニックというこだわりようです。

IMG_2724.JPG
数日漬け込んで、今日食べてみました。
めっちゃウマ!!。
支配人がこれに気をよくしてたくさん作ってほしいです。(^O^)/
posted by 料理長 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タンボ・ロッジの加工品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178625125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック