2017年02月17日

夜はベジタリアン・レストラン「Quinua y amaranto」

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月12日(金)、黄金博物館の展示物がすごい数だったので、思いのほか見学に時間がかかってしまった私たち。
博物館を出るころは、もうすっかり夕闇の世界でした。
もちろん歩き回ったので、おなかすいたよぉ~~、いつものフレーズですね(笑)。
そこで、夜19時ころまでやっている(事前に調べておきました)という情報のあるベジタリアン・レストラン「Quinua y amaranto」に行ってみました。
このレストラン、滞在している宿から歩いても5~6分くらいのところにありますよ。
便利なところに泊まっているなぁ~~。
宿を探してくれたYさんに感謝です。

IMG_1123.JPG
黄金博物館から出ると、辺りはもう暗くなっていました。
さあ、ベジタリアン・レストラン「Quinua y amaranto」へ向かいましょう。
Quinua y amarantoの「Quinua」はキヌアのこと、「amaranto」は「アマランサス」のこと、共にアンデス原産の雑穀です。

IMG_1124.JPG
お店はかろうじて開いていました。
というのも、本格的に夜のメニューはやっていないみたいです。
料理もすでに結構売り切れていて少ししかありません。
え〜〜ん!!
でもお店のおばちゃんが、いろいろと考えてくれました。

IMG_1125.JPG
売れ残っていた「エンパナーダ」と呼ばれるアンデスのパイ包み。
それにサラダを組み合わせたプレートを作ってくれましたよ。
結構おいしそう!!。

IMG_1126.JPG
おなかすいている支配人もうれしそう。
食べそびれなくてよかったもんね。

IMG_1127.JPG
パイ包みの中身はキヌアたっぷりです。
キヌアがパイからはみ出そうですよ。
それにおいしいです。
このほかに、アンデスでよく飲まれている「コカ茶」を飲みました。
軽めの夕食でしたが、後は寝るだけだけなので、これで十分です。
料金は二人分で16.000コロンビアペソ、日本円で大体650円くらいです。
コロンビアは物価が安い幸せな国ですよ~~(笑)。

IMG_1130.JPG
さて、満足した後は歩いて宿まで帰りましょう。
僅か5~6分ほどですからね。
すっかりあたりは真っ暗です。
posted by 料理長 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178799914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック