2017年02月17日

Villa de leivaのベジ・レストランSavia

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月3日(土)、ビジャ・デ・レイバにお昼頃到着した私たち。
町の散歩をする前に、まずは腹ごしらえをしました。(記事が前後してしまいましたね。)
この町はさすがに観光地だけあって、田舎町なのになんと!!「ベジタリアン・レストラン」があるんですよ。
地図を頼りにそのレストランを探す私たち。
ちょっとわかりにくかったけれど、見つけました。
やや早めだけど(11時50分くらいです)そのレストランに入り、ランチをいただくことにしましょう。

IMG_1154.JPG
ベジタリアン・レストラン「Savia」は広場に面した色々なレストランが並ぶ建物の奥にありました。
さて、どんな料理が食べられるのかな?。楽しみです。(^^♪メロディ♪♬~♫!

IMG_1142.JPG
まずははまっているお茶の「Té aromática(テ・アロマティカ)」。
リンゴとミントのおいしいお茶なんですよ。

IMG_1143.JPG
今回はコロンビアの独特のフルーツ「ルロ」とミルクのジュースも頼んじゃいました!!。
酸味もあり、とてもおいしいです。

IMG_1145.JPG
なんとメニューは、味噌汁とか豆腐があるではありませんか!!。
そこでそれを注文!!。
マッシュルームとドライトマトと揚げ豆腐。
こんなメニューがボゴタの郊外の小さな田舎町の、しかもベジタリアン・レストランで食べられるなんて、夢のようです。
感激!!。

IMG_1149.JPG
そしてさらに夢は続きます。
なんと!!、「味噌汁」がある!!!!。
メニューには「Caldo de miso」と書いてありました。
味噌汁に海苔とビーフンが入り、豆腐も入り、ほうれん草とゴマまで入っています。
しかも大盛り!!。
もう涙ものですよ、私。
エクアドルの首都のキトの創作寿司のレストランで味噌汁飲んで以来ですからね。
感動モノのおいしさです。
しかし、味噌汁にパンがついているところが面白い!!。
さすがにコロンビア人が作っているだけありますよ。

IMG_1151.JPG
そして感動第3弾はこちら。
「Arroz arcoiris」、「虹のご飯」という意味のチャーハンです。
キヌアが入っています。そしてニンジン、グリンピース、トウモロコシ、玉ねぎ、ピーマン、ズッキーニ、アーティチョーク、ブロッコリー、そしてなんと「海苔」まで入って、しかも醤油味ですよ、醤油味。
もう一回書いちゃおうかな、醬油味ですよ。(笑)
やはり自分は日本人なんだなぁと思う一瞬です。
3つとも、全部おいしかったです。
しかも、少しコロンビア化されているところがユニークです。
本当にほっとする味!!
おいしかったな~~。
こういうベジタリアン・レストラン、ボゴタにもないかなぁ。(笑)

IMG_1152.JPG
店内はきれいに飾られていました。

IMG_1153.JPG
ビオショップも併設されています。
支配人の後ろにあるので見えないけれど、なんと!!醤油が売っています。
しかもオーガニックのもの!!。
素晴らしいです。
時間があったら、もう何日か滞在したいです、このVilla de leivaに。
posted by 料理長 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178801234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック