2017年02月18日

コーヒーの産地を訪ねてアルメニアへ

この記事は2016年11月1日〜12月18日まで、私達が南米アンデス諸国を食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

12月5日(月)、コロンビアの首都「ボゴタ」の滞在を切り上げて、私たちはコーヒーの産地、「Armenia」へと長距離バスで向かいました。
ボゴタからアルメニアまでは、約270q、しかし例によってコロンビアの道路事情は良くなく、曲がりくねったアンデスの峠道とそこにトレーラーなどの大型車が集中するので、時間がかります。
さらに大都市は渋滞が激しいので、ボゴタを出るまでにおそらく小1時間はかかるでしょうね。
窓口で聞いたところによると、およそ8時間とのこと。
しかしきっともっとかかるんだろうなぁ~~、と覚悟でバスに乗り込みました。
地図を見たい方はこちらを見てくださいね。
ボゴタが右端、アルメニアが左端にありますよ。

IMG_1346.JPG
泊まっている宿から「トランスミレニオ」という専用レーンを走る新交通システムのバスに乗り、バスターミナルに到着しました。
さすがに首都のバスターミナルだけあって、かなり大きく、行先によって番号と色で3つに分かれています。
私たちは南方面なので、黄色の1番へと向かいました。

IMG_1348.JPG
あらま〜〜、激甘のお菓子が売っています。
しかも伝統菓子と違って、強烈な色!!。(笑)
体に悪そうだなぁ~~、と眺めるだけにしておきました。
前の日1日、何も食べなかったので、私の下痢は収まり、体調も劇的に回復!!。
バスターミナルの売店で朝食用にパンを買い込んでバスに乗りましたよ。
バスは8時半発の前回も利用した高級バスの会社「Bolivariano社」にしました。

IMG_0987.JPG
前回エクアドルとの国境の町「Ipiales」からのルートと途中まで大体同じ道を通ります。
なので、ランチの時間に立ち寄ったレストランは、ボゴタに来るときに朝食の時に寄ったレストランと同じです。
きっとこのレストランに指定されているんだろうなぁ~~。

IMG_1349.JPG
今回は朝食ではないので、がっつりと食べるYさんはこのメニュー。
コロンビアの代表的な国民食の「Bandeja paisa」(バンデッハ・パイーサ)です。
金時豆(キドニービーンズ)の煮もの、焼きバナナ、豚肉のステーキ、ホワイトジャイアントコーンの粉のパン「アレパ」、白ご飯、野菜サラダです。
すごいボリューミーですよ。

IMG_1350.JPG
私たちは「Calentad con Huevo」というメニューです。
金時豆のお粥に焼きバナナ、スクランブルエッグ、同じくトウモロコシのパン「アレパ」。
ボゴタへ行くときは、スクランブルエッグではなく、目玉焼きだったような気がしましたが、結局これ以外は何かしら肉がつくものばかりなので、実に選択肢の少ない中から選んだんですよ。
それにしてももう焼きバナナ、要らない、飽きた・・・わお〜〜〜!!。(笑)

IMG_1352.JPG
レモネードも頼みました。

IMG_1358.JPG
バスは一度ボゴタから熱帯の気候の所まで降りてから川を渡り、アンデスの山を登り始めました。
あちこちにバナナが茂っています。
バナナを食べることにおいては、エクアドルと双璧をなす国と言っても過言ではないほど、私たちはバナナ攻めにあっていましたからね。(笑)

IMG_1372.JPG
例によって、大型トレーラあーがのろのろと前を走っています。
登りだから時速およそ10qくらいしか出ていませんよ。
のろいなぁ~~。
後ろの速い車に譲るという習慣はコロンビアではなさそうです。
ペルーはこういう場面だと、早い車がめちゃくちゃ警笛を鳴らしてあおるんですよ。
すると仕方なく前の車が譲る・・・ということになるんですが、コロンビアではそれがないんです。
追い越しても先に同じようにトレーラーが走っているから諦めているみたい。
コロンビア人運転手諸氏は本当に忍耐強いです。
尊敬しちゃうな!!。

IMG_1380.JPG
山が遠くに見えています。
この山を超えないといけないんですから、気が長い話です。
そして、ついに渋滞が始まり、車列は止まってしまいました。
おそらく急カーブで大型トレーラーが行き違えないので時間がかかっているか、事故か何かがあったのか、一向に動きません。
ジュースや食べ物を売るおじさんがバイクで駆け付け、販売まではじめましたからね。(笑)
約1時間半後にやっと車列は動き始め、またノロノロ運転で山道を登り始めました。

IMG_1389.JPG
目的地のアルメニアのバスターミナルに着いたのは、出発から10時間後の18時半にもなっていました。
窓口で聞いた時間よりも2時間も遅いです。
おかげで辺りは真っ暗。
そしてこのバスターミナルで乗り換えて、私たちはコーヒー生産地の真ん中にある小さい町、「Salento」へと向かいました。

IMG_1391.JPG
「Salento」行きの小型バス。
雨が降っている中、ここからサレントまで、約45分です。
posted by 料理長 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年アンデス食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178811731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック